佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

古時計

親父が趣味で集めていた骨董品。
その中でも、親父の一番のお気に入りは古い柱時計でした。
一時は60台ほど持っており、全て動態保存していました。

それらは、長野原にあった母親の実家に、専用の骨董部屋を作り、そこで保管していたのですが、八ツ場ダムの影響で実家が取り壊しとなるため、あえなく売却となりました。
オークション等に出せば、結構値の張る代物でしたが、時間がなかったのと保管場所がなかったため、ほとんど二束三文での売却となりました。

その中でも、特に骨董価値の高いものや、お気に入りの物は残しました。
母親からは「そんなガラクタどうすんの?」なんて言われましたが、欲しがっても手に入らないような代物ですから、これだけは絶対に手放したくありませんでした。

今日、その設置が全て済んで、やっと自宅に飾ることができました。
その中でも、ダルマ時計(右側の3台)については、平行を取るのが非常に難しいため、まだ動かしていませんが、大きな古時計の2台は動き始めました。

階段頂上に設置した大きなノッポの古時計:
b0068212_16543370.jpg
東京の銓工舎(SENKOSHA)の製造で、高さ130cm、幅45cmの大時計です。
製造年代は不明ですが、銓工舎は大正時代に林時計の子会社として、東京の神田にあった会社で、戦後は林時計(名古屋時計)に吸収されているので、大正~昭和初期の物と思われます。


























書斎の応接セット横に設置した大きな古時計:
b0068212_1655584.jpg
名古屋の明治時計の製造で、
高さ120cm、幅45cmの大時計です。
製造年代は不明ですが、ロゴが戦前の菱形マークではなく、英語表記の「meiji」なので戦後の物と思われます。




























書斎に設置したダルマ時計:
b0068212_1655351.jpg

左側:
アメリカのイングラハム社製のダルマ時計です。
1881年(明治14年)製で、我が家にある古時計としては、一番古く唯一の外国製となります。

中央:
京都の京都時計製造社製で、国産初期のダルマ時計です。
製造年代は不明ながら、形から明治初期(明治20年代)の物であると思われます。

右側:
東京の精工舎(SEIKOSHA)製のダルマ時計です。
1902年(明治35年)製で、ダルマ型ではあるものの、後ろは箱型になっている当時としては画期的な形状になっています。

子供の頃から、古時計に囲まれて生活していたせいか、時計の鳴るボーンボーンという音を聞くと、妙に安心します。
[PR]
by naka50ne | 2011-10-23 17:01 | 日常

佐倉爆心追う、的免停生活

60日免停になって早いもので5日が経ちました。とりあえず、講習を受けて30日に減免されましたが、車の無い生活はまだあと25日も続きます。

群馬って土地は、自家用車が無いと本当に不便な土地です。普通に生活しようとしても、車が無いと駅にすら行けません。
笑っちゃいますよね、近所のバス停…時刻表を見ると1日に1本しか走ってないの(笑)
b0068212_15413269.jpg

もう、笑うしかないですよホントに。

仕方ないので、高校から使ってる自転車を、一念発起で直しました。
・タイヤが前後共パンクして腐ってたので、タイヤごと総交換。
・籠も錆びだらけで、あちこちに穴が開いて使える状態ではないので、ビジネスカバンを入れることを想定して大きな籠に交換。
・鍵は既に無くなってたので、これも新しいものに交換。
・ベルは、学生時代にねじ切れたままになっていたので、これも交換。
・ライトはまだ使えるものの、非効率な電球式だったので、LED式に交換。
・サドルはまだまだ使えたけど、全くクッションが効かなくて、免停講習へ行くだけでケツが痛くなったので、新しいものに交換。

まぁいろいろ交換して、その上で各箇所の油差しや締め直しなんかをしたので、最終的には2万近く掛かったかも(笑)
でもね、この自転車はさすがバブル期の自転車。変なところにお金が掛かってるので、丈夫でしかも軽い。

フレームは、クロムモリブデン鋼という高級MTBなんかに採用されている、丈夫で軽い素材で出来ている。アルミ合金なんかより、はるかに軽い(笑)
んでもって、駆動系もチェーンではなくベルト。このベルトってのが凄くて、もう23年も前の自転車なのに、未だにたるみも無ければ経たっても居ない。表面だけは若干白くなってるけど、ちょっと油を含んだ布で拭けば元通り(笑)

当時の軽量化の粋を尽くした自転車だけに、27インチという大型車でありながら、そこらへんのホームセンターで売ってる、子供用の18インチ自転車よりも軽いから笑える。
自転車本体が軽いから、乗ってても疲労が本当に少ない。


この自転車を使って、片道1時間の距離を自転車通勤してます。
往復で2時間…でっぷりした俺も、さすがに痩せそうな勢いです(笑)
行って帰ってくると、両足はパンパンで毎日筋肉痛と格闘してます。
車を乗り始めて19年、それでも大学生の時はそれなりに自転車も使いましたが、大学院以降はほとんど自転車なんて乗ってないですから、15年くらいのブランクがあった訳で、そりゃ使ってない筋肉はいきなり使われて悲鳴を上げますよね。

それでも、自転車ってのは朝の爽快な空気を吸いながら走れる気持ちよさってのがありますので、体力の続く限り続けてみようかと思います。
自転車ならではの通勤の面白さってのもあると思うので、その辺はおいおいupして行こうかと思います。
[PR]
by naka50ne | 2011-10-21 15:44 | 日常

偶然ではなく必然

早いもので、もう10月ですね。
本当に今年はあっという間だったなぁ…
息つく暇も無いってのは、こういう事なんだろうか。

仕事もプライベートも、何でってくらい次から次に問題が発生する。

でもね、よく突き詰めて考えると、その原因は俺なのかもしれないって、最近は思うようになってきた。
たぶん、偶然とかそういう類のものより、自分が過去に蒔いた火種が燻っていて、そこにタイミングよく火がついたんだろう。
火がつくと、それは連鎖反応でいろいろな物に飛び火し、今のような状況を作り出しているのかな…

とりあえず火を消すのも大事だが、根本の火種を消さないと、たぶんこの繰り返しになっちゃう。
そうならない様に、何が出来るのか一回自己総括しなきゃだな…

今起こってる問題が、必然として起こっていると仮定するならば、今から良い種を蒔いておけば、何年か後には幸せとして返ってくるかも知れない。
そう思って、今出来ることをするとしよう…
[PR]
by naka50ne | 2011-10-03 16:14 | 日常

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな