佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

介護保険制度の改悪

どうやら、今年の4月から介護保険の適用判定について、大幅に変るようです。
これは先日、自宅に来ているケアマネージャの方から聞いて初めて知りました。

その内容の骨格としては、「介護認定の方式を認知症(つまり痴呆)に限り等級を重くし、どんなに四肢が不自由で寝たきりでも認知症の状態が見られない限り、等級を低く設定する。」というものです。現在、設けられている等級は要支援、要介護1~要介護5の6段階ですが、これに要支援2という等級が加わり、従来の要介護1~要介護3の人は、ほとんどの場合要支援2となり、介護給付が半減~2/3減となり、自宅療養は事実上不可能となります。

私の家に来るケアマネージャさんの担当で、完全寝たきりで下の世話もしてもらわないと自分では何も出来ないおばあさんがいるそうなのですが、その方は従来は要介護5という最高レベルの保護を受けており、その恩恵で通院したり、通所による入浴をしたり、ヘルパーによる介護を受けていたそうです。しかし、そのおばあさんは、寝たきりとはいえ意識はしっかりしており、年相応の衰えはあるものの、認知症と言うほどのレベルではなかったようなのです。そのため、毎年ある更新の時も四肢は動かずとも、受け答えはしっかりと自分で行ったそうです。その結果、認知症の症状が認められないという理由により、要介護1の認定になってしまいました。等級が低くなると、受けられるサービス料が減る事となり、高い費用の掛かる通院(寝たきりの場合、介護タクシーなどが必要な為、1回の通院で万単位のお金が掛かる)や下の世話があるヘルパー(ヘルパーもランクがあり、下の世話などは最高ランクの費用がかかる)は受けられなくなりました。4月からどうやって生活しようか途方に暮れているそうです。

障害者の自立支援法といい、今回の介護保険の改悪といい、国の方針は『身体に障害を負った人間は早く死ね』ってことなんですかねぇ?バブル崩壊以降の平成不況により、介護する側も経済的ゆとりのある人は少ないのが現状です。孤立無援となった弱者は、自分ではどうにもならない状況の中で、国の圧力で殺されます。なんて酷い国なんでしょうね・・・

ウチの両親も先は長くないようです。
[PR]
by naka50ne | 2006-03-30 10:09 | 日常

忘れない想い

夜空に輝く星のように

無数の出会いがあり別れがある

雨に濡れた深夜の0時

突然消えた君の面影

今でもはっきり覚えてる

どれだけ月日が経とうとも

忘れる事は無いだろう

いつまでも待っていると決めた夜

鳴らない携帯見つめ

今日も夜が更けていく


この世に生きるとは

出会いと別れの繰り返し

偶然出会った相手でも

心に残ることがある

偶然と必然は裏表

どれだけ月日が経とうとも

忘れる事は無いだろう

いつまでも待っていると決めた夜

鳴らない携帯見つめ

今日も夜が更けていく
[PR]
by naka50ne | 2006-03-18 17:24

大連出張から帰りました

行きの飛行機は、活発な前線の上を通過したため、これでもかってくらい揺れました。高所恐怖症の俺としては、マジ怖かったです(笑)
でもまぁ、なんとか大連国際空港まで行ったわけですが、降りてみてビックリ!大連国際空港って軍事施設が併設されているんです。着陸する機内の窓から見えるのは戦闘機だらけ。まぁ幌を被っては居ますが、軍人さん達が行進している様子は、まさにテレビで見るそのまんま!ビックリしましたね。もちろんその為に、空港施設内は一切の撮影禁止で可愛いスチュワーデスを見かけても、写真が取れなかったです(←目的が間違ってる)。

日本も月曜日は凄く寒かったみたいだけど、大連は日曜日が寒さのピークでした。空港ロビーに出てみると寒いのなんのって、迎えに来てくれた、現地の総経理(日本で言う社長)も、久々に寒くなったといって震えていました(笑)

ホテルに案内されて、またビックリ!私の宿泊したホテルは『大連富麗華大酒店』(中国では酒店と飯店はホテルの意味。日本読みするとフラマホテルとなる)というところなのですが、客室が普通のホテルでいうスイート並の広さがあり、設備も豪華そのもの!一瞬、ボーイが部屋を間違えたのでは?なんて思ってしまったくらいです。
その豪華な部屋で、翌日の資料作りに入ったのですが、余計な割り込みがゼロなので、仕事がはかどるはかどる!普段なら半日以上かかる資料が、ものの3時間も経たずにレビュー可能状態まで出来てしまいました(←自分でビックリw)。その後、一緒に行った社長にレビューしてもらい、最終形に整えた後、現地の総経理の誘いで、夕食を食べに出かけました。
大連滞在中の食事は、全て現地の総経理が接待という形で奢ってくれたので、恐らく人生初と思われる富貴な食にありつけました♪

現地企業でのプロジェクト説明は、朝の9:30~19:30まで続き、その間私は喋りっ放し・・・さすがにノドが涸れました。しかし、現地リーダーの本気になった眼差しは、非常に好感を持ちました。前回のプロジェクトで失敗している分、今回のプロジェクトにかける意気込みは、オンサイト(日本側)と同様のようです。このような交流がもてた事は、双方にとって有意義であったと思います。

さて、大連出張そのものは、非常に有意義に出来たと思いますが・・・留守中の日本では、メールを確認する限り大きな問題が山積したようです(^^;
今、自宅でメールを見ながら一つ一つ返信している所ですが・・・明日がこなければいいのにって思いたいくらい、酷い内容が多いです。正直な話、明日は帰れるのだろうか・・・
[PR]
by naka50ne | 2006-03-14 23:18 | ビジネス

いってきます♪

次のプロジェクト遂行のため、明日から火曜日までの予定で、中国の大連へ出張に行ってきます。
初めての中国出張という事もあり、少しだけドキドキしています。現地のマネージャーと、今後の進め方や進捗管理について話し合いを行ってきます。また、前回のプロジェクトで問題となった品質について、今回は抜本的改革を行うために、様々な資料を用意しました。
前回のプロジェクトの反省点として
  ・規約の類が全く無く、統一されてない。
  ・レビューに関する資料が何も無く、レベルが不均一。
  ・速度に関する規約が無く、チューニングされていない。
などが挙げられ、品質レベルの確保が個人レベルになってしまっている点が、大きな問題点となっていた。
今回のプロジェクトでは、その個人レベルに頼ってしまう点を改善するべく、プロセスによる横断的な品質レベル底上げを行いたいと考えています。そのため現地の会社には、個人のレベルではなく、品質管理部のレベルとして問う事を基本姿勢として臨み、規約類への徹底した配慮と、レビューチェックリストによる最低品質の確保を、受入の要件としています。また、オンサイト(日本側)での受入チェックで、レビュー漏れによる障害が発見された場合は、品質管理責任者に対するペナルティを用意し、しっかりとした管理を義務付けます。

中国には、個人主義を大切にする文化があります。その文化を壊す事は出来ないと考えますが、守るべき事を守った上で、どのように作っても文句を言わないようにするには、やはり品質管理部の働きが大きなカギとなってきます。オンサイトからは、この品質管理部をきっちり管理する事で、品質を向上させる事が可能だと考えています。

これらの事を踏まえて、出張中は目一杯暴れてこようと思います。品質に関する断固たる構えを示す事で、高品質を勝ち取ってきます。

では、行ってきます♪
[PR]
by naka50ne | 2006-03-11 21:43 | ビジネス

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな