佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

車検でした

一昨年に買った愛車が、今回初の車検を受けました。
外車の車検は総じて高いという話でしたが、今回受けてみた感想としては、そうでもなかったなぁという感じです。

今回の車検で一番問題となったのは、フロンドガラスでした。今年の6月頃、通勤で高速道路の側道を走行していたところ、高速を走行中の車より弾かれた小石が降ってきまして、フロントガラスを直撃しました。その為に、フロントガラスの中央付近に1cm弱の小傷が出来てしまいました。
フロントガラスの傷は、基本的に車検に通りません。車検に通すには、フロントガラスの交換か、傷のリペアをする必要があります。ちなみにリペアとは、傷にたいして高圧力で薬剤を注入することで、傷の広がりを防ぎ、傷が判らないレベルまで隠す修理です。
このリペアは、後で調べた所、コーティング剤などを塗布してしまうと、薬剤を注入できなくなるので、リペアできなくなるそうです。私の場合、小傷が出来たのが露入り直前という事もあり、その後直ぐにガラコによるコーティングを行ってしまいました。本当に小さな傷だったので、あまり気にしていなかったのですが、車検直前になってリペアについて調べた所、青くなったのは言うまでもありません。
しかし車検に出す時、既にコーティング済みであるが大丈夫か聞いたところ、「大丈夫ですよ!」と二つ返事が返ってきて安心しました。

今回の車検では、下記の個所を交換しました。
・ブレーキパット(前)
・タイロットエンドブーツ(前/後)
・エアコンフィルター
・ファンベルト
・メーターバルブ
・LLCクーラント
・エンジンオイル
整備・調整は以下です。
・エンジン調整
・ブレーキ調整
・ホイールバランス調整
・ウインドウリペア

全部コミコミで、今回は185,000円でした。
これだけ交換して、この金額で済んだのなら、まぁいいかなぁって感じでした。
でも、この時期に185,000円の出費は痛いです;;
[PR]
by naka50ne | 2005-11-27 21:35 | 趣味

今日を楽しく生きる

毎日を楽しく過ごしていますか?
どっちかというと辛い日の方が多い、辛い日ばかりだ、なんていう人はいませんか?
もし、毎日を楽しく過ごせないと言う人がいたら、試して欲しい事があります。
それは・・・
『朝起きたら、明日何をするか考える』
これだけです。
え?って感じもするでしょうが、これって凄く効果がありますよ。
明日やらねばならない事を考えると、人間って少しでも楽をしようと思いますから、少しでも今日のうちに出来ないかって考えるんですよね!また、明日したい事を考える事で、それが生きる活力となります。

逆に、今日やる事を考えると、これは憂鬱になります。なぜなら、今日やる事というのは、目の前に今日と言う期日が迫っているため、逃げられないし嫌でも強制されます。そんなの嫌ですよね。
もっと酷いのは、昨日やる事を考える事。昨日という日は、どんなに待っても訪れるものではありません。既に決まってしまった過去の事。どうやったってひっくり返らないし、タラレバを繰り返したって、現実として何も変りません。残るのは憂鬱な思いだけ・・・

必要なのは、昨日の事はキッパリ忘れる。今日の事は、すでに考え尽くしているんだから、考えずにこなしていく。気持ちは常に明日を考えて、気持ちの中では常に明日を生きる。これによって、意外と毎日が楽しくなっていくものなのです。
こうやって書くと「そんな直ぐには出来ない」、「昨日の事を忘れられない性格なんです」、「今日の事を考えないなんて馬鹿げてる」なんて声が聞こえると思います。

そんな直ぐには出来ない
→出来ないって事を、自分で自分に言い聞かせてしまっているため、自己催眠に陥っているだけです。出来ると考えるだけで視野が変ります。「成せば成る、成さねば成らぬ何事も」という言葉に代表されるように、出来ないと言っている間は、何をやっても上手くは行きません。

昨日の事を忘れられない性格なんです
→明日を考える事を、面倒だと思っているだけです。明日の事を本気で考えていたら、昨日のことを考える余裕なんてありません。昨日の事を考えてしまうのは、本気が足りないからです。もっと、本気で明日を考える事が大事です。

今日の事を考えないなんて馬鹿げてる
→ごもっともです。考えずに済むようにするには、前日に今日の事を真剣にそして本気で考えなくてはなりません。逆に言えば、今日考えなくてはいけないのは、前日の考えが甘いからです。もっと真剣に考えていったら考えずとも体が動きます。


今日を楽しく生きられるようになると、人間は思考がどんどんプラス思考になっていきます。これまでで、順風満帆だった時、恋人が出来たとか受験に合格したとか、嬉しかった時の事を思い出してください。これからは全てが上手くいくような気持ちになっていませんでしたか?あの感覚なのです。
厳しい現実社会の中で、楽しく毎日を過ごすには、楽しい明日を生きるしか手段がありません。毎日を楽しく生きる事で、楽しさを見つける事が出来るようになります。私が言ったのでは、半信半疑かもしれませんが、やってみると思いのほか効果がありますよ。

どんなに落ち込む事があっても、明日を考えていたら落ち込んでいる暇なんてありません。人間なので落ち込む事を否定しませんが、直ぐに回復したいなら明日を考える事です。
今日という二度とこない日を楽しく過ごすために。
[PR]
by naka50ne | 2005-11-26 17:07 | 日常

信じる?信じない?

私が、日ごろから後輩を注意したり指導したりする際に、気をつけていることとして、『人は信じろ、仕事は信じるな』というのがあります。
これは、どんな事を指すのか?
まず、最初の「人は信じろ」の部分ですが、普通に生活している中で、よほどの悪人や、相手を貶めようとしたりしない限りで無い限り、やってはいけないと言われている事や、仕事をするという中での決まりは守ろうとすると思います。
仕事上での失敗は誰にでもありますが、本人に確認すると「ちゃんとチェックしたはず」、「仕様書の通りには作ったはず」という事が必ず聞かれます。ここで重要なのは、本人は本気でそのように思い込んでいることです。実際は出来ていなくても、本人の認識としては『出来た』なのですから、これは誰も咎め様がありません。
よく、失敗をするとそれを「お前が悪いんだ!」とか「もっとしっかりしろ!」などと、言う人がいますが、これでは、注意された側は何が悪いのか、どうして駄目なのかが判らず、人によっては二度三度と同じ過ちをしてしまい、周囲からは「駄目社員」の烙印を押されてしまいます。
ここで重要なのは、失敗するに至ったプロセスを、失敗した人間と共に見つける事なのです。
どこが悪かったのか、どんな考え違いをしたのか、なにをもって出来たと判断するに至ったのか、などをヒヤリングしていく事で、失敗をした人間自身がその間違えのプロセスに気づきます。もちろん、間違えのプロセスは1つではない事が多いですから、その辺はヒヤリングにあたる人が、根本原因に突き当たるまで「なぜ」を繰り返す必要はあります。
このように、失敗に至るプロセスを理解した人は、同じ過ちは起こしづらくなります。これを積み上げる事で、部下のレベルの底上げになります。

次に、「仕事は信じるな」ですが、人は絶対に過ちを犯します。どんなに信用できる人間であっても、社長であっても会長であっても、総理大臣だって間違える事なんかいくらでもあります。だからこそ、結果として出てきたアウトプットは、まず疑って掛かる事が重要になります。
「どこか間違っているはずだ」、「どこかに抜けがあるはずだ」そういった気持ちで見る事で、意外な落とし穴が見つかるものです。原理としては、相手が嫌いな相手だと、その相手の悪い部分が目立って感じると言うのと同じです。駄目だと思って見るからこそ、間違えも見えるようになります。

『人は信じろ、仕事は信じるな』ってのは、人間関係を円滑にさせて、かつ、きっちりとした仕事が出来るものです。「あの人のやったものだから大丈夫」とか「あいつがやった物だから駄目」とかそんな事は有り得ないのです。しっかりとしたプロセスを経たモノは品質が良く、プロセスをないがしろにしたものは品質が悪い。
良いものを作るのは。全てプロセスを如何に管理していくかです。
教育においても、そのプロセスという概念を植えつけるのが、一番重要だと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-11-24 21:29 | ビジネス

やれと言われればやりますよ

これは、先日の打ち合わせて、私が営業に言った言葉です。
現在、マネジメントしているプロジェクトは、前月も書いたとおり、非常に厳しい中をなんとか収めようと、必死でもがいている状態です。なんとか、マイルストーン(目標とした達成期日)は、なんとか守りながらも、いつ沈没するかも判らない、綱渡りの毎日です。
そんな中で、初期から唯一残っており、仕様を一番押さえているメンバを含む、協力会社の人達が、今月一杯でプロジェクトを去るという話が持ち上がりました。良く話を聞いてみると、前プロジェクトに端を発した会社間での揉め事が大きくなってしまい、政治的圧力により強制撤退するという事でした。
そこで、営業の方から、「佐倉くん、彼らの仕事を本当に引き継げるかい?」という問いに対して、私の回答が、表題のようなものでした。

私の仕事は、プロジェクトをまとめて、お客様が要望を叶えつつ、赤字を最小限に食い止めて、プロジェクトを終了させる事です。そういった中で起きた今回の政治的な変革、ここで頑張って引き止めたとしても、それにより赤字を増大させたり、納期遅れが発生するのが最大の悪です。無茶は承知の上でも、資料一式の引継ぎと、業務の引継ぎを行い、当てになるメンバを再投入して収めるほうが、得策だと考えた上でした。
もちろん、これによる作業量の増大は、私が家に帰ることを大幅に拒むかもしれません。
また、メンバの数が現実問題として足りなくなります。小さな会社なので、プロパとして使えるリソースは、かなり貧弱です。どうやってメンバを確保するかという問題が、目の前に突きつけられます。打開策としては、別の協力会社の発掘、営業サイドからの人材貸与、緊急求人(アルバイト含む)などが考えられますが、時間やスキルなどを考えると、現実的ではないのが実情です。

「やれと言われればやりますよ」という言葉の裏には、営業もこの実情を把握していますので、一緒に被ってもらいますよという、皮肉も込めた言葉です。もっと突っ込んで言えば、営業サイドでこの流れを止められなくて、こちらに負荷をかけるなら、その対価は頂きますよという、事も含んでいます。
営業の方も、即座にそれは感じ取ったようで、「まぁ、こっちでも頑張ってみるよ」と言って散会になりました。

来週からは別のプロジェクトも稼動を始めます。そして、来月からも別のプロジェクトが稼動する予定です。現在のプロジェクトを含め、一時的には三足の草鞋を履く事になりそうですが、これは自ら社長に直訴して行ったものですから、悔いはありません。
人無い、金無い、期間無いという三重苦のヘレンケラー状態ですが、なんとか出来ると信じて進まないと、くじけそうになってしまいます。若いうちの苦労は買ってでもしろと言いますから、
『成せばなる 成さねばならぬ 何事も』
という気持ちで、チャレンジして行こうと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-11-19 17:39 | ビジネス

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな