佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

<   2005年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

真に申し訳ない

ネットワークに接続できない状態が、しばらく続く形になりました。
そのため、更新が滞ります。
レスについては、ネットワークが回復次第、したいと思いますが、現時点で最短でも9/6以降となります。巡回してくださっている方には真に申し訳ありませんが、ご容赦願います。
[PR]
by naka50ne | 2005-08-26 18:31

Broken Windows(壊れた窓)理論

壊れた窓と言っても、ブルー画面になってしまい、OSの再インストールが必要なWindowsパソコンの事ではありません。
アメリカで提唱された、この理論は、『一つの壊れた窓を修理せずに放置しておくと、次第に街全体が荒廃していき、やがて多きな犯罪の温床となる。』というものです。単に、こうに書くと「嘘だぁ」って思うかもしれませんが、日本で言うと、腐ったミカン理論とでも言うと判り易いかも知れません。一つの腐ったミカンをそのまま放置しておくと、他の良いミカンまで腐ってしまうというものです。

この考え方は、自分の日々の生活でも、いろいろな場面で出てきます。例えば、「毎朝ジョギングをするぞ!」と決めて、毎日実行していたしていた人が、たまたま寝坊をしてしまい、「今日は暑くなってしまったから、休みにしよう」と言って休んだとします。すると、同じような状態になったときは、やはり休みますよね!そして、夏のように暑い日には、やはり「暑いから」という理由で休むようになり、秋になる頃には、ジョギングを止めてしまうなんて事になる。

人間は得てして楽な方に走りやすいものです。楽をして生きられれば、これほど楽な事はありません。でも、人は生きるためには努力が必要だし、それを継続させる事が必要なのです。そこを乗り越えて努力をしなくても出来る、つまり習慣になってこそ、初めて自分のものになるのです。

仕事でも、「このくらいなら」とか「まぁいいか」と言う感じで手を抜くと、それが発端となり大きな事故に繋がる事は、三菱ふそうなどの例を挙げるまでも無く、身近に存在しています。手を抜くのではなく、定型化した仕事は他人に委譲するなどで、作業を振る事が必要となります。

自分の心の中にある『Broken Windows』を取り除く事が、自分が成長する上では必要な事だと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-08-19 09:51 | ビジネス

中国の古典「呻吟語」

先日読んだ本で、中国の古典『呻吟語』の中にある文章が紹介されており、非常に心打たれました。


貧しきは羞ずるに足らず。羞ずべきはこれ貧しくて志なきなり。
賤しきは悪むに足らず。悪むべきはこれ賤しくして能なきなり。
老ゆるは嘆くに足らず。嘆くべきはこれ老いて虚しく生きるなり。
死するは悲しむに足らず。悲しむべきはこれ死して聞こゆるなきなり。


これを、口語訳すると、「貧しくても恥じるものではない。本当に恥ずべきは、貧しい事を理由に志を無くす事である。地位が低い事を卑下するものではない。本当に卑下するべきなのは、地位が低いのを理由に才能を磨かない事である。老いていく事を嘆く事は無い。本当に嘆くべきなのは、老いを理由に目的を無くすことである。死んでも悲しむ事は無い。本当に悲しいのは、死んでも誰も泣いてくれない事である。」という事である。

日々を振り返ったとき、「貧しきは羞ずるに足らず。羞ずべきはこれ貧しくて志なきなり。」という事は、本当に肝に銘じないと、ダメになると思いました。確かに、貧しくて生活するだけで手一杯になってくると、本来自分が持っていた、大きな目標というのが、ぼやけてしまい見えなくなってしまうように思います。どんなに、貧しくても志だけは忘れずに生きる事で、心だけは貧しくならずに生きられるのかなって思います。

「賤しきは悪むに足らず。悪むべきはこれ賤しくして能なきなり。」と言う言葉は、今の若い人に掛けてあげたい言葉です。最初から地位や名声を持っている人なんていません。二世社長なんかになっている人だって、それなりに自分を磨かなければ、会社はあっという間に潰れるか乗っ取られます。大事なのは、今の与えられた仕事ならココまでやれば良いというのではなく、もう一歩進んで高所大所からその仕事を見つめなおし、自分を磨く事をプラスアルファとして仕事をする事で、もっと高いステージへ進めるという事だと思います。

年老いてきた両親に、「老ゆるは嘆くに足らず。嘆くべきはこれ老いて虚しく生きるなり。」という言葉を教えてあげたいです。人生にメリハリを付けるには、やはり目的が必要だと思います。長期的なものではなくても、何をしたいという確たるものを持っていると持っていないでは、人生の重みが違います。そして、それは生きたいと思う気持ちに繋がると思います。

これは、自分に言い聞かせたい言葉です。「死するは悲しむに足らず。悲しむべきはこれ死して聞こゆるなきなり。」やはり、死ぬ事は天命であれば仕方ない事だと思いますが、生きた証として、人の記憶に何も残らないのは、悲しい事かなぁって思います。人の記憶の中で生き続けられるような人間になりたいなと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-08-14 10:06

日航機墜落事故から20年

昨年書いた日記ですが、今日のフジテレビで放映された日航機墜落事故の特集を見て、同じ気持ちになったので、上げてみます。
当時、私の父は遺体収容所となった藤岡の体育館へ毎日のように応援で行っていましたが、父がため息をつきながら言った言葉は「あそこは地獄だ」でした。これは、それを裏付けるような、生々しい話でした。



2004/11/03 (Wed)
市立図書館で開催された講演会に参加してきました。
講演は約20年くらい前に起きた日航機墜落事故を題材に「生きるということ」という題で行われました。講師は、当時の身元確認班の責任者であった飯塚訓さんで、事故現場を生で見てきた体験談が話されました。

事故の概要ですが、羽田発大阪行きのJAL123便が伊豆半島沖で圧力隔壁の爆発を起こし、垂直尾翼を損傷。そのまま操縦不能となり、ダッチロールの末に、群馬県上野村の山中に墜落。乗客乗員524人のうち520人が死亡という痛ましい事故でした。
墜落までの経路と様子は↓が良く判ると思います。
日航機墜落までの軌跡

最初に話があったのは、事故発生から現場到着までの経緯と生存者発見に至った経緯でした。
墜落現場は山間奥深くであったため、現場到着までもの凄い距離を歩かなくてはならなかったそうです。
第一発見者は、地元上野村の消防団および猟友会のグループだったそうですが、同じ時間に出発をした機動隊や自衛隊が到着するにはまだ暫くかかったそうです。消防団長の話として「文明の機器に頼るのもいいが、俺達みたいに普段から野山を歩いてる人間にはかなわないじゃないか。上野村は文明とは、対極に位置する村だけど、いざとなったら俺達のほうが役にたったじゃないか。文明の機器に頼るのも考えもんだなぁ。」っていうのが紹介されました。凄く的を得てると思いました。
ちなみにコレを言った人が第1の生存者川上麻衣子さんを発見し手製(上着と木の枝とツルで作った)担架に乗せて、頂上付近まで運んで自衛隊機に引き渡したそうです。

次に話があったのが遺体の様子と数でした。死者は520人でしたが実際に検死の行われた数は2065体だそうです。その他にも検死対象とならない肉片や骨片が相当数あったので、遺体の数は数千になるだろうという話でした。また、完全体として処理された、遺体は420体あるそうですが、ここで言う完全体とは、五体全てが完全に残ったモノではなく、首が繋がっているかどうかという事で、区別されたそうです。中には顎から上が無いもの胸から下が無いもの半身が無いものなども含まれていたそうです。また、亡くなった520人の中には15歳以下の子供が75人、そのうち5歳以下の幼児が22人含まれていたそうです。
検死班は22班の編成で活動したそうですが、検死官も自身の子供と同じ年代の遺体を何体も処理しなくてはならず、涙を流しながら作業をしたそうです。時には涙で前が見えず検死体撮影用カメラのシャッターが押せずに
泣き崩れるシーンもあったそうです。
また、エピソードとして関西方面に住むおばあちゃんの話が出てきましたが、その息子とお嫁さん、そして3ヶ月になる赤ちゃんが、事故の犠牲となったそうです。そして、見つかった赤ちゃんの遺体の小さな手には母親のブラウスのボタンがしっかりと握られていたそうです。こんな小さな赤ちゃんでも、死を目の前にした時の恐怖は感じていたんでしょう。と講師の飯塚さんも涙声で話されましたが、俺も目頭が熱くなりました。

その後は、遺体の安置された藤岡体育館の状況やその後の状況が話されました。暑い夏の為、遺体の腐乱が酷く、ウジが大量発生したそうです。御巣高山の尾根から体育館に到着する事には、遺体が見えないくらいのウジがたかっているそうです。外の水道で綺麗に洗い流してから棺に入れるのですが、検死の時に、棺を開けると、遺体が盛り上がるくらいのウジが既に発生してるようなありさまだったそうです。
また、少しでも人間に近い形で遺族に引き合わせたいという事で、皮だけになってしまった遺体や、指一本になってしまった遺体も、ガーゼで人形を作り、そこへ乗せて包帯を巻き、遺族へ渡したそうです。

警察も消防も医者も看護婦も日本航空の職員も、寝食を忘れて作業にあたっていたそうですが、そんな中でも悪い奴はいるそうで、遺族だと言い張ってホテルで悠々自適の生活をし、飽きると長野の旅館へ行き芸者遊びをする人や、その辺で拾ってきた石を、悲しみに暮れる遺族に対して、「これは御巣高山の尾根から運んだ石だ」
といって高額で売りつける人などが現れたそうです。大変な人間を食い物にする行為は、許せないですね。お前はそれでも人間か?って言いたいです!

親父から、当時の状況はなんとなく聞いていましたが、これほど酷い状態だったとは知りませんでした。腐敗臭が酷いのでマスクの中にサロンパスを入れていたそうですが、まさに本当の話だったんだなぁって感じました。
最後に航空史上最悪の事故であったこの事故ですが、もう二度と起こらないで欲しいと思いました。また、最近は凶悪事件が多く簡単に他人を殺してしまう世の中ですが、自殺者も急増しています。これは、飯塚さんも言っていましたが、人の死に対してあまりにも知らなすぎるのではないか、死という現実をもっと直視できる社会
になっていかなくてはダメではないかという事を感じました。
私は父方の祖父/祖母、母方の祖母を病気で亡くしていますが、最初は、祖父や祖母が亡くなった意味が判りませんでした。しかし、俺を一番可愛がってくれた母方の祖母が亡くなった時は、はじめて涙を流して、死という現実を理解したような気がします。今は核家族化が進み、死を直視する現場は殆ど無くなってしまいました。死をもっと身近な現実として捉えられないと、今後も凶悪事件は続いてしまうのかなと感じました。

以下のサイトでは、実際の墜落現場の生の写真がダウンロード出来ます。
しかし、これは目を覆いたくなるような写真です。心臓の弱い方は絶対に見ないで下さい。俺はこれを見て涙が出ましたが、それだけでは済まないと思いますので、興味半分の閲覧は避けてください。
本当に、この事故の真実を知りたい人のみ見てください。

日航機墜落までの軌跡(トップページ)
[PR]
by naka50ne | 2005-08-12 23:14

自分の器と環境

人にはそれぞれ、自分の許容できる器を持っています。これは大きさに違いはあれど、誰でも持っているものです。その自分の器を、大きくしようと思えばそれなりの苦労とお金が掛かるのは世の常ですが、今ひとつ忘れられてしまうのが、環境です。

環境に対して、自分の器が小さければ、どうしても苦労が絶えないでしょう。言うなれば、プールの水をコップでかき出すようなものですから!逆に、環境に対して大きすぎる器も、弱り者です。下手すればその環境を壊しかねないからです。コップの水をパワーショベルでかき出そうとするようなと言えば判り易いかも知れません。

幕末の長岡藩に、河井継之助という人物がいましたが、彼は戦術や器量などを考えると、おそらく西郷隆盛にも匹敵するほどの傑物と言われていました。弱小の長岡藩が北越戦争で官軍を苦しめたのは、彼の功績が大きかったと言われます。しかし、彼が不幸だったのは、その器量を存分に発揮するには、長岡藩というフィールドが余りに小さかった事です。大きな器量をもってしても、環境が合わなければ、その環境を壊す事になってしまうという、良い例ではないかとおもいます。
逆に、西郷隆盛は恵まれていました。早くから島津斉彬という傑物に見出され、幕末の桧舞台に立つ機会を与えられ、倒幕軍の先頭に立つ事で、その活躍の場を持っていました。そして、国を動かすほどの、大人物として成長したのでした。

人は、自分の器量では、少し足りないくらいの環境が、丁度いいようです。そう言った中では、かならず努力をしますので、自分の器を大きく出来ます。しかし、ある程度の大きさになった所で、一歩上のフィールドを目指さないと、ゆくゆくは、器量が環境を越えてしまい環境を壊すか、器量が成長しないまま止まってしまうかの、いずれかだと思います。
苦労は買ってでもしろといいますが、苦労している間が、華なんだと思います。
苦労が苦労でなくなった時、それが一回り自分が成長した時なんだと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-08-11 23:27 | ビジネス

自分にできる事

いったい自分は、本当は何に長けているのだろうか?
最近そんなことを考えることがあります。「人並みにできる」や「人より少し出来る」って事は、結構あるけれど、「これなら人には負けない」って所がまだありません。単に自信が無いだけなのか、それよりも、もっと違う面があるのか、色々考えさせられます。
私自身は、コミュニケーション能力は、普通よりチョット上くらいだと思っています。基本的には人見知りする方なので、最初の一歩が鈍いのが欠点だと思っています。プログラミング能力は、人並み程度かなって思います。小さな器の中ではNo.1に何度がなった事がありますが、所詮は井の中の蛙で、広い世界ではまだまだ序の口です。
じゃあ、ビジネススキルはって言うと、人並みまで行ってないかもって感じです。これは、頭でっかちな部分が多分にあって、実践できているかと言うと、少なくとも自己評価では60点って所です。100点は無いにしても、80点くらいは取れないと、人並みじゃないかなぁって思います。
車の運転も、まぁそれなりに下手ではないって思いますが、決して上手くはないなぁって思います。その証拠に、前との車間感覚の取りづらいワゴン車(アルファードとかエスティマとか)は苦手です。フィーリング重視なので、セダン、スポーツクーペ、RVなんかの方が、好きなんです。商用ワゴン車のキャラバンなんかは、車間が取りやすいので好きなんですけど!

じゃあ、いったい何が出来るんだって改めて考えると、本当に思い浮かばないです。抜きに出て出来るものが無いってのが、本当の悩みです。以前、「ゼネラリストでもいいのでは?」って言われたこともありますが、何でも出来るは、何にも出来ないと同義なので、やはり良くないのかなぁって思います。まぁ高い位置で融合できるゼネラリストだったら問題ないのでしょうが、俺のレベルはまだまだです。
自分を卑下はしないけど、課題が済みで一つずつこなしている状態。最後の目標に向かって、どれだけ頑張れるか、自分を試して生きたいと思います。
もし、良かったら、客観的に見た私の長所と短所を教えていただけたら、幸いに思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-08-08 22:55 | 日常

最悪な結果になりました

今日の朝礼で社長から話があり、現在のプロジェクトを開発半ばで撤退する事が決まりました。
昨日までは、今後の中国からの受け入れ態勢を、どのように強化するかとか、どうやって管理工数を削減しつつ生産性を高めるかという話をしていたのです。朝から現場は大混乱になりました。今週一杯での撤退ということは、残された引継ぎ期間は、僅か2日。みんな表面的には平静を保っていますが、落胆の色は隠せません。それは無理もありません。みんな一丸となって、なんとか良い物を造ろう、上手く中国との関係を築こうと、前向きな姿勢で頑張ってきました。それが、全て水泡と化してしまったのです。

撤退することに決まった背景は、元受会社よりオフショア開発に掛かる管理工数に対し、実績と余りにかけ離れた金額しか提示されず、労働対価としてまったく見合わない為でした。対価を貰える見込みが無い以上、これ以上首を突っ込み赤字を拡大させる事は、会社として出来ません。社長やマネージャは苦渋の選択だったと思います。

結果から言えば、今回のプロジェクトは大きな赤字を出しました。しかも、全体プロジェクト半ばでの撤退という事は、請負契約上は全て赤字ということになります。その数字たるや恐ろしく思います。完全な失敗です。
とはいえ、得たものもそれなりに大きかったのは確かです。中国を相手にしたオフショア開発は、会社として初の試みでしたが、今回経験したメンバは、それなりにオフショア開発のメリット&デメリットを感じていると思います。この悔しさをバネに、次の仕事に生かせたらと思います。

残るはあと1日、悔いが残らないようにしっかりと引継ぎを行い、発つ鳥後を濁さずの通り、綺麗に最後を締めたいと思います。
それにしても、残念な結果になってしまいました。
[PR]
by naka50ne | 2005-08-04 23:50 | 日常

調味料バトンだそうなw

ねこめりさんのトコから「調味料バトン」なるものが渡されましたので、答えてみようと思います。
それにしても、いろんなバトンがあるんですねぇ!

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。
・目玉焼き   →  コショウに醤油
・納豆     →  付属のタレ。
・冷奴     →  醤油
・餃子     →  ラー油に醤油を少々(←ココ重要w)
・カレーライス →  とび辛スパイス?バーモンドのみソース
・ナポリタン  →  タバスコとパルメザンチーズ
・ピザ     →  唐辛子漬けのオリーブオイル
・生キャベツ  →  マヨネーズ
・トマト    →  なにもかけない
・サラダ    →  マヨネーズ
・カキフライ  →  タルタルソース
・メンチカツ  →  なにもかけない
・コロッケ   →  なにもかけない
・天ぷら    →  天つゆ
・とんかつ   →  中濃ソース
・ご飯(おかず無しの時)→ 唐辛子と醤油

【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
 から揚げにマヨネーズを付けるってトコでしょうか?
 自分では普通と思っています(って言うか、学生時代に通っていた定食屋の親父に教えられた)が、一部ではおかしいと言われますw

【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
 特には無いですね!なんでも美味しく頂きます!

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?
どうしようかなぁ・・・みんな忙しそうだし・・・
空と海」の空海さん
una noche azul」のhiromik姐さん
巫女ちゃん日記」の志雀さん
だいじにしたい」のちぃちゃん
TEGE@teget.com」のstmyuさん
お願いいたします♪
後ほど、直接お願いに伺いますので、よろしくです♪
[PR]
by naka50ne | 2005-08-03 10:13 | 遊び

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな