佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

前橋高崎の確執

前橋vs高崎!

群馬県は中心部に前橋市と高崎市という大きな市が2つある。正確には、渋川市や伊勢崎市も隣接しているが、やはり群馬の中心は、前橋と高崎である。
この2つの市は、それぞれに「県庁所在地の前橋」「交通の要所の高崎」という違った特色を持っており、その状態は以前の埼玉県の浦和市と大宮市の関係(どちらも、現在は合併しさいたま市となる)と、非常に良く似ている。
平成の大合併のさきがけとして、浦和市、大宮市、与野市が合併して「さいたま市」が誕生したが、どうやら、前橋市と高崎市は、合併する意向は全く無いようである。これは、前橋と高崎が全く異なる文化として発展してしまったためといえる。そう、今でこそ隣接していて交流の深い両市だが、その成り立ちは利根川という広大な川を挟み、全く別の地域だったのです。文化圏の違いは、方言にも現れており、高崎と前橋では方言が全く違います。
この辺は、各市の成り立ちが大きく違うからに他なりません。

前橋は、古くは厩橋と表され、古くは戦国時代に厩橋城として登場するように、北条氏、上杉氏、武田氏が覇権を賭けて争った地域でした。江戸時代以降は生糸産業を中心として発達し、前橋生糸と言えば、国内でも随一の品質を誇ると言われるほどでした。幕末以降は前橋生糸は輸出の花形となり、さらに発展を遂げました。群馬県の富岡市に最初の官営工場「富岡製糸」が出来たのも、この前橋生糸を製品にするためでした。また、現在の前橋工業高校は、この官営富岡製糸工場の技師官を養成する学校として誕生しており、前橋と生糸の繋がりの強さを表しています。生糸を中心として発達した前橋は、明治に入り廃藩置県によって県庁が置かれ、県庁所在地としての名誉を手にしましたが、これには大きな混乱がありました。内容は高崎の中で書きます。

一方、高崎は東に利根川、南に烏川、北に吾妻川という大河川がある上に、西には榛名山があり、天然の要塞として古くから戦略拠点として重要な場所とされてきました。徳川家康が上野に入った際に、まず高崎を直轄地としたのも、その為です。また、越後や信州から江戸へ向かう為には、必ず高崎を通る必要があり、そのために交通の要所として栄えた宿場町です。江戸時代に入ってからは、佐渡で採掘された金が柏崎の港から集められ、高崎藩の直轄である倉賀野から、江戸へ向けて船に載せました。当時の利根川で金を運べる商船が入ってこれる最終地点が倉賀野だったのです。幕末になると、新政府軍が高崎を押さえ、西郷隆盛が明治政府の陸軍を組織した時、その直轄地となったのです。現在も高崎市のすぐ北にある榛東村に陸上自衛隊の基地があるのは、その名残です。明治の廃藩置県では、県庁を置く有力候補地となりましたが、先の陸軍が高崎を直轄地としていたため、中央省庁の出先機関が軍を監視するのかというような、政治的論争に発展し、最終的には候補地として挙がっていたもう一方の幕府直轄地である前橋に、県庁を持っていかれてしまったという歴史があります。

このように、前橋と高崎では文化と歴史があまりにも違うにもかかわらず、隣接しているが為に常に比較の対象とされたことが、今日のような確執を生んでいます。とは言っても、確執を続けているのは、議員や市役所のお偉いさん方だけで、市民は文化や歴史が守られるなら、合併してもいいんじゃないの?ってのが大半です。戦後、利根川に数多くの橋が掛かるようになり、市民の交流が盛んになると、昔のように「前橋だから」とか「高崎だから」とか言う人は少なくなりました。

群馬は中心部に前橋、高崎、渋川、伊勢崎という市があります。これらが合併することは、さいたま市が成功しているように、大きなメリットがあるように思います。つまり、北関東の中核都市となれる土壌を持っています。過去の政治的駆け引きに奔走するのではなく、もっと建設的に未来を見つめた行政をやって欲しいなぁって思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-07-30 14:17 | 日常

何に打ち込むか?

今、社会問題になりつつあるニート(Not in Employment, Education or Training)ですが、その発生原因を考えると、現在社会の縮図が見えるように思います。
ニートを生み出してしまう最大の問題点は、家庭における子供に対しての教育の欠如ではないかと思います。
ここで言う教育とは、いわゆるお受験に代表されるような、「1+1=2」のような学校教育ではなく、情操教育であったりやる気や忍耐力といった、心の教育を差します。ニートが多く存在する我々の同世代~現在の20代の親に位置する人々は、第二次ベビーブームにより増加した子供の数により、学校社会での学力の競争の影響をモロに受けてきた世代です。一般的に言う団塊の世代という所ですが、その親たちが目指した教育とは、まず第一に他人に負けない学力を身に付けさせ、学校というの競争社会を勝ち抜かせること、そして自分たちが制限された自由を謳歌する事でした。この相反する2つを同時にやってのけたのが、この世代の凄いところですが、一方で置き去りにされた心の教育は、次第に社会の闇として存在するようになりました。

親の教育の中心であった「学校の勉強」や「試験で100点を取る勉強」は、その達成感と共に、恐ろしいほどの無力さを証明してしまいました。実際に社会に出て仕事をしている人なら判ると思いますが、社会に出て必要とされるのは、学校の勉強ではありません。つまり、学生時代は優等生だった人間が、社会に出たとたん劣等生に様変わりしてしまうのです。これに拍車を掛けたのがバブル崩壊でした。
バブルの崩壊以降、日本経済は未曾有の大不況に陥り、企業はリストラという名の首切りと、新人教育を圧迫し落ちこぼれの切捨てを始めました。そういった中で、脱落していく旧優等生たち。学校の勉強は全く役に立たず、コミュニケーション能力や、話術に長けた人間がどんどん出世していく世の中。そんな中で起こってしまった、学校の勉強はいらない、学校での勉強は無意味という風潮は、学生を勉学の場から遠ざけていきました。

そこで、大きな問題となってしまったのが、社会の闇に存在するようになった、心の教育を受けていない人間の増加です。いわゆるアダルトチルドレンなどと呼ばれる、体は大人でも精神的に大人になりきれていない人です。
この、アダルトチルドレンと呼ばれるような人は、自らを落伍者としてさげずみ、自分の存在を認めず、ただ無気力に生きてしまっています。そう言った中で、引き篭もりや鬱病を発生する人もいるし、ニートと呼ばれるような、働かないパラサイト人間を作り出してしまっています。
これらの人が、本当の意味で更生するには、何か一つに打ち込むという面白さを理解させてあげる必要があります。自らが好きな分野で、その分野の第一人者になりたいと願う事は、人間が人間らしく生きる上で非常に重要です。いわゆるメリハリのある生活とは、何かに打ち込める時間と、それから解放された時間を差すように思います。つまり、何かに打ち込む事が見つかれば、それを職業として生きることが出来ます。
自らの主体性を信じ、自分の信じるものに従って生きることが出来たら、人生はどんなに楽しい事でしょうか。まずは、自分の可能性を信じて、何が出来るか、何がすきなのかを明確に意識させることこそ、ニート問題など、現在社会が抱える心の闇を解決する糸口のように思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-07-29 00:47 | ビジネス

涙を流していますか?

あなたは泣いていますか?
誰かのために泣いていますか?それとも自分のために泣いていますか?
それは嬉しくて泣いていますか?悲しくて泣いていますか?悔しくて泣いていますか?

あなたは疲れていますか?
仕事(勉強)に疲れていますか?家族に疲れていますか?
それであなたは、頑張ってますか?踏ん張ってますか?怒っていませんか?

あなたは周りが見えますか?
あたたを心配してくれる人はいますか?労わってくれる人はいますか?
あなたの心に家族はいますか?友人はいますか?恋人はいますか?

あなたは一人じゃない
決して一人じゃない
必ずあなたの周りに人はいる
一人で悩まないで
時には涙を流していいんです
全てを涙に乗せて明日を生きれば

あなたは最近、涙を流していますか?
[PR]
by naka50ne | 2005-07-26 22:19

孫子の兵法は現代でも通用する

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」とは、良く言ったもので、「敵を知り」「己を知る」って事の両方が出来れば、本当の意味で、負け知らずなんだろうなぁって思います。

まず、敵を知る。
ここで、敵といっているのは、現在に置き直すと、お客様であったりクライアントであったりします。また、場合によっては上司なんかも入るかもしれません。
この敵を知るって意味は、単に敵が何人とか何処の人、っていう表層的な部分だけじゃなく、どんな人物なのか、性格はどうなのか、趣向はどうなのか、依頼される仕事はなぜ発生したのか、など、もっと本質的な部分に近い所を知っている事が、必要だという事です。
その昔、蜀の諸葛孔明は、呉の周兪を破る際、女性物の衣装を贈って周兪を激怒させ、その興奮のあまり病を悪化させ死に至らしめました。これは、病によって興奮する事を諌められていた事に、孔明が気付いた事が勝因でした。本来なら知りえない内部の情報も、周囲をよく観察する事で、察し気付く事が大切なのです。

次に、己を知る。
己を知るとは、自分は男だとか、生年月日がいつだとかじゃなく、自分の思考癖を知り、自分の体調を知るという事です。
人間は、どんなに客観的に考えよう、公平に考えよう、多方面から考えようと思っても、やはり個人の癖というのは歴然として存在します。自身を振り返った時、同じような場面で同じような過ちを繰り返しているように思いませんか?これは、その人の人生の中で培った思考の癖が、影響していると考えられます。こんな場合はどうに考えるかという事が、長い人生の間でパターン化され、条件反射的に出てくるようになっています。
これを逆手に取ったのが、自己啓発系のセミナーなどで、成功者の思考癖を、繰り返し反芻する事で、自身の癖の一つとして取り込み、成功するための礎とするというものです。これって、結構効果があるなぁって思います。なぜなら、失敗した事の本質を突き詰めて、一つ一つ直していくのが、本来のやり方ですが、自己啓発では一種のマインドコントロールのように、成功者の思考をそのままコピーする事で、そのマインドを植え付け、全体的な思考癖を改善するので、非常に手軽です。ただ、悪いところまでコピーしてしまう可能性もあるわけで、一つ間違うとカルト教団のようになってしまいます。
思考癖と共に重要なのは体調です。人はいつも同じ体調ではありませんし、日々刻々と変化していきます。その変化に気が付くかつかないかは、非常に大きな意味を持っています。この辺は、女性の方は良くわかると思います。男性と比べその変調が激しいので、否応なしに実感させられているのではないでしょうか?
体調を維持する事も大事ですが、体調が変化した時の自分を知るというのは、思考癖を考える上でも、重要なファクターとなりますので、自分を細かく見つめなおす事は重要です。

さて、これらが判ってくると、戦を仕掛けるタイミングをいつにすれば勝てるか、どんな作戦で、どんなふうに動けば勝てるかというのが、判ってきます。相手の弱い部分と自分の強い部分が戦えば、必ず自分が勝ちます。そうやって一つ一つ勝ちを積み重ねる事で、ビジネスの成功が見えてくるように思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-07-23 23:04 | ビジネス

何を期待されているか

人間は生きている以上、誰かの期待を背負っています。生まれ落ちたその瞬間から、親や祖父母、親戚などはその生まれた赤ん坊に対して、将来はこうなって欲しいいという願望で、一杯のはずである。
学校へ入学する事になると、親の期待はさらに高まり、その他にも友人関係が出来て、友人からの期待はその友人の数に比例して多くなることでしょう。また、初めて先生という目上の存在と接し、上の人間からの期待を始めて感じるようになります。
さらに社会人になると、身内だけでなく、社会全体が何を望んでいるかという、大きな壁にぶち当たる事でしょう。

この期待とは、いったいどんな期待があるのか、そして自分に科せられた期待には、どんあモノがあるのかという事を考えていくと、結構というかかなり、期待を裏切っている事に絶望するかもしれません。

自分に科せられた期待はどんなモノがあるか?
  ・親の期待
  ・彼氏/彼女/配偶者の期待
  ・社長の期待
  ・上司の期待
  ・同僚の期待
  ・部下の期待
  ・後輩の期待
  ・お客様の期待
  ・取引先の期待
  ・友達の期待
  ・ライバルの期待
  etc...
挙げて行くと、次から次に湧き出てきます。

この期待は、お互いが相反する事も良くあります。それを自分の意志で上手くコントロールして動かすには、自分の中で優先順位を決める必要があります。
今の自分にとって、何が重要なのか?目標は何なのか?といった事をしっかりと持つ事で、自ずから優先順位は生まれると思います。その優先順位によっては、苦渋の決断を迫られるかもしれません。何かを犠牲にしなくてはいけないかもしれません。それでも、人であれば決断しなくてはなりません。
逃げていては、何も始まりません。自分にできる事、自分にしか出来ない役割を自分で考え、自分で決める。そして、一度決めた事に後悔はしない。誤ったら、反省して次に繋げれば良い。そう思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-07-21 00:29 | ビジネス

極貧生活でも腐らない

みなさんは裕福ですか?
この問いに「ハイ」と答えられる人は、そう多くは無いと思います。しかし、極貧で生活に窮していますか?という問いにも、「ハイ」と答える人も、そう多くは無いと思います。
こうしてみると、日本の社会は、いい意味で平準化された社会なのかもしれません。
そんな中、私の生活は恥ずかしながら後者の、極貧生活の部類に入ってしまいます。自分のサラリーと支出が不均衡な為に借金が膨らみ、公共料金などの支払いもかなり滞っています。そのため、日々の暮らしも楽じゃありません。一日の食事は昼夜の2回にして、1食にかける金額は100円未満。会社では「佐倉さん、その食事じゃ体に悪いっすよ!」なんて後輩に言われながらも、なんとか耐えています。
とまぁ、辛い事だけ書くと、大変だなぁの一言で終わっちゃうんですけど、俺自身はずっとこの状態を続ける気はありません。「今が最底辺ならこれ以上の下は無い。絶対に這い上がってやる。」って気持ちで日々を暮らしています。
実際は、仕事もあるしなんとか屋根のある家で生活してるんだから、最低ではないのかもしれませんが、気持ちの持ちようで、現状はどんなふうにでも変えられるのかなって思います。
厳しい時って、その厳しさを嘆いたらもっと厳しくなるのかなって、最近思うようになりました。急に雨が降り出したとき、雨に降られたことを嘆き、空を見上げている人と、雨に降られた事は降られた事として受け止め、雨具になるそうなものは無いか探している人とでは、次の一歩が違います。
現実を受け止め、その打開策を探る事は、明日の夢を追う第一歩かなって思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-07-20 01:27 | 日常

インプットは常に必要

この所更新が停滞してしまっている原因のひとつに、私自身のインプットの絶対量が減ってしまったことが挙げられます。
質の良い情報を書くには、それなりのインプット量を常に確保し、日々精進していかなければなりません。実際にインプットを続けていくと、同じような情報や似たような情報はもちろん、自分がこれまでに知り得た情報とまったく別の情報に出会うこともあります。
これは、ひとつの情報でも、見方によっていかようにでも変わっていき、感じ方や捕らえ方は、千差万別である事を意味しています。
私がここで書いている内容も、いろいろな方々から教えられたり、学んだりしたものの他、各種媒体で受信した内容も多く含みます。これら一つ一つを、自身言葉で有機的に結びつけることで、自分の言葉として発信しています。

更新の遅れは、自分の怠惰でもあると思います。なぜなら、ここを何らかのきっかけで、訪れていただいた方々には、本当に申し訳なく思っています。情報は生ものですから、時間と共に風化していきます。自分を風化させない為には、日々のインプットを欠かさないようにすることが大事だと思います。また、インプットを多くする事で、アウトプットも溜まりますので、なるべく更新が出来るようになるかなって思います。

日々の仕事に忙殺されていては、何も始まりません。
なぜ忙しいのか、その忙しいといっている時間に無駄は無いか、構造的な無駄が無いか、これを突き詰めて考えることで、一歩前進できるように思います。私の先週の仕事は、本当に時間的制約が厳しい仕事でした。しかし、忙しくなればなるほど、多くの無駄が見えてきました。これらをそぎ落とし、洗練することで自分の時間を取り戻し、インプットの時間をより多く取れるようにしたいと思います。

これから一ヶ月の間は常にピークの状態が続きます。しかし、ピークだからといってネを上げるのではなく、自分のスタイルを見直す時間にしたいと思います。今後は少なくとも週2回は更新できるように頑張ります。
[PR]
by naka50ne | 2005-07-11 15:17 | 日常

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな