佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

<   2005年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

最終出社日

ずっと更新が止まってしまい、申し訳ありませんでした。
今日は、今の会社への最終出社日でした。朝は普通に出社し、退職時に渡す備品や身分証等を返却後、退職書類を貰い、お世話になった人たちへの最後の挨拶と、引継ぎ漏れが無いかの確認を行い、家に帰ってきました。帰宅後は、次の会社へ行く為の準備と、勤務先変更に伴う各種手続きを行っていました。

今回の退職は、12月に作業場所の上司へ報告し、年明け早々に自社の部長と面談し決定しました。自社の上司より、現場作業の上司への報告を急いだのは、プロジェクト内での自分の立場を考え、お客様への迷惑を最小限にするためでした。しかし、実際にお客様へ話が行ったのは先週です。お客様社内の担当者に情報が届いたのは、先週末でした。驚いたのは、無理もありません。担当者間での契約に関する話は、余計な誤解や不信感を煽る為に、ご法度となっています。これは、12月に作業場所で直上の上司へ報告した再も、きつく念押しをされました。なのにです。

正確に言えば、直上の上司は動いてくれましたが、お客様へ情報を流す権限を持っていない為、支店責任者へ情報を流すまでしかフォローが出来なかったのです。もちろん、更に上の役員まで話が上がるのに、大して時間はかかりませんでしたので、社内での情報伝達は2月の時点で完了していました。
しかし、一向に話がお客様に上がらない。一般的に、良くない情報ほど早く報告しないと、更に困った状況に陥るというのは、普通です。私の方からも、「早く報告して欲しい」「早く後任を選出して欲しい」とずっと要求してたのですが、3月になっても、何も動いてくれません。仕方が無いので、自社へ行き私の後任を、自社から選出して欲しい旨を伝えると、自社の部長は直ぐに3人の名前を挙げてくれました。私はそれを作業場所へ持ち帰り、上司にその旨を伝えました。それは、直ぐに支店責任者まで行きましたが、それでも動いてくれません。痺れを切らして、先々週は、支店責任者に直接「早く報告して欲しい」「早く後任を選出して欲しい」という事を詰め寄りました。
そして、先週やっと動いたのですが、時既に遅しです。お客様はカンカンになって怒りました。無理もありません。これまでリーダーとして、全て任せていた人間が、急に辞めるというのです。それもあと一週間足らずで。次の担当者への引継ぎがどうなるのかは、もちろんお客様からすれば、最優先の話になります。それは、すぐに来週から始めるという事を言ったそうですが、それにしたって、お客様は確認できない為に、非常に不安になります。そこで、お客様から私宛に、到底あと3日では作れない量の、引継ぎ資料作成依頼が着ました。
実際の引継ぎは、管理部門に関しては、私が指名した人間に予め引き継ぎましたが、肝心の実務部分は、とりあえずという形で、一緒に作業をしている人へ、引き継いでいました。しかし、時期担当者への引継ぎも必須となったため、有給の消化予定をキャンセルし、日中の引継ぎ作業と、徹夜の資料作成を余儀なくされました。

立つ鳥跡を濁さずという言葉もある通り、辞める以上回りへの迷惑や影響を最小限にし、自分の出来る精一杯の努力で恩に報いるのが筋だと思っていましたし、それを実行したつもりでした。しかし、結果がコレです。
跡を濁さずどころではなく、ドロドロの泥沼にしてしまいました。非常に後味が悪く、悔しくて辛くて心残りが多く、最悪の最後だったように思います。今日、聞いた話では、昨日のお客と作業場所のトップが会談を持ち、やっと私の抜ける事が承認されたそうです。予想ですが、かなりのペナルティがあるのではないかと思います。これでは、残してきたメンバに迷惑が掛かってしまいます。

自分の力が及ばない所で、自分の意図した事とは全く逆に展開してしまった事に、すごく腹が立ちました。それと同時に、リスクマネジメントの難しさを実感した気がします。
今回自分が反省するべきは、辞める時期が悪かった事と、上が動くのを待ってしまった事に尽きると思います。私のこれまでの意識の中では、上司は動いてくれるものと、決め付けていたように思います。しかし、現実として動いてくれる人は、なかなかいないという事に気がつきました。今後は、必要なのに動かないなら、更にその上に働きかけて、動いて貰えるように、または、動かざるを得ないような状況を作り出す事が、必要だと思います。
この苦い経験を、次の仕事に生かせたらと思います。
なんか愚痴になってしまい、申し訳ありません。
明日から新しい会社で頑張ります。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-31 22:52 | ビジネス

更新止まってます

ここへ足を運んで頂き誠にありがとうございます。
この所忙しすぎて、ブログの更新が出来そうに無いです。
次回更新までしばらくお待ちください。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-25 23:28

学歴は必要か?

日本テレビ系で放映されている『ジェネジャン!!SP』で、学歴が必要かどうかという面白い論議がされていたので、自分なりの意見を書いてみたいと思います。

俺自身の答えは、学歴が必要かどうかと言えば、学歴は必要だと思います。
単純に学歴があるかないかで、大きく変わってくるのは、その持っている人脈の広さだと思います。例えば中学までしか出ていない人は、学生時代に出来る友達は、一般公立中学であれば、同一市内までが普通だと思います。それは、一芸に秀でて、全国大会に出れるような人は除きます。ほとんどの生徒は、市内までの人脈しか持ちません。これが、高校まで出た人であれば、県立高校であれば同一県内までは、友達としての人脈が広がります。これが大学まで行くと、友達という人脈の範囲は全国まで広がります。
また、この人脈はその数字で考えると良く判ると思います。
同一中学の卒業生が200人
同一高校の卒業生が500人
同一大学の卒業生が1000人
とした場合に、中卒では200人の人脈ですが、高卒だと200+500で700人の人脈、これが大卒だと、200+500+1000で1700人の人脈が生まれます。これは極論かもしれませんが、学歴が上がれば上がっただけ、人脈が多くなっていくのは判ると思います。
社会に出てから、力となるのは人脈です。同じ中学を出た、同じ高校を出た、同じ大学を出たという話題は、人脈を広げる時の、一つの足がかりになります。その足がかりに出来る物を多く持つ事は、非常に有利だと思います。学歴のレベルも、レベルが高ければ高いだけ、優秀な人に巡り会える可能性も高く、より高いレベルを得ようとするのは当然なのかもしれません。

もちろん、早くに社会に出たほうが上になることもあります。それは、社会人としてのスキルです。社会で必要させるスキルを身に付けるのは、絶対に実務を積む事が必要です。それには、早くから社会に出てる人の方が上だと思います。でも、社会構造的にそう言った人たちが、上に立つ事が出来ないのはなぜか?そこの壁が人脈なんだと思います。社会に出てからすぐに人脈の出来る人って、やはり一握りの人だと思います。そこで生きるのは、学生時代の人脈になるのかなって思います。

学歴が必要ないって人の言い分は、学歴の高い人ほど使えない、学歴を得る為に勉強しかしてないから常識が無い、学歴を鼻にかけてるだけで何も出来ない、って感じで学歴を生かせない、または学歴を正確に捉えられない人がいるから、それだったら必要ない。それよりも『夢」や『希望』を追って生きたほうが良いって事じゃないですかね。

これに関しては、そもそもの間違えが親の教育にあります。学歴を得ようとして親が詰め込むのが問題です。勉強を教えるのは学校の仕事であり、本人のやる気の問題です。親がするべきは、躾と勉強に対する動機付けです。これを履き違えなければ、学歴は必要なものだと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-23 23:25 | 日常

リスクタイプ診断

リスクに対する、面白い診断がありましたので、紹介します。
なんでも、自身のリスクに対する態度(リスク許容度)が判るそうなので、結構面白いです。
リスクタイプ診断

--------------------------------------
俺の診断結果

あなたは、リスクテイク度75% きりりタイプです。

【あなたはこんな人】
さらっとスマートな判断ができる「陰の実力派」。ここぞというときにはどんと構えてリスクに立ち向かう、いわゆるデキる人です。そんなあなたが本当の実力を発揮するのは、普通でない環境に置かれたとき。例えば、仕事ならフリーランスや海外に関係のある業界など、一般の人がちょっと躊躇するようなポジションにこそ、きっとあなたの生きる場所があります。ときどき精神的にもろくなるので、神経性の胃炎には要注意。陰になり日向になり暖かくサポートしてくれるパートナーを見つけることが、長期的な成功の鍵。このタイプの有名人は、ビートたけしさん、イチローさん、宇多田ヒカルさんなど。

【生活・仕事】
仕事よりも自分の自由な時間を充実させることを重視する、プライベート志向が高いタイプ。でもけっこう目立ちたがりだし、貧乏くさいのはキライ。社会的に成功してリッチな生活をしたいという野望を胸に秘めています。仕事とプライベートの両方を充実させようとはりきるあまり、知らないうちに疲れをためているかもしれません。友人も多く、あなたの周りはいつもにぎやか。お付き合いで食べ過ぎることが多いので、体重はこまめにチェックしておくのが吉。

【恋愛】
好きな人ができると、食事やデートに誘うなど積極的にアプローチ。「もっと相手を知りたい」「自分を知ってもらいたい」という気持ちを素直に態度に表せるあなたは、もともと興味の幅が広いため話題も豊富で、異性にもてるタイプ。周囲の人はそんなあなたをうらやましく思っていることでしょう。しかしパートナーの浮気には手厳しく、即座に別れを告げるという一面も。自分のプライドを傷つけられた、と思う気持ちが強いせいなのかもしれません。

【消費・資産】
いち早く流行を取り入れて注目を浴びることに喜びを感じるタイプ。友人の持ち物や街ゆく人の装いのチェックも欠かしません。周りから浮き過ぎることなく、ほどよく目立つのがあなたの持ち味です。クレジットカードやインターネットバンキングなど、便利なものはかしこく活用。投資にも関心が高く、株式などのリスク資産も組み入れながら上手に運用してゆける人です。うまく行かないときがあっても一発逆転などを狙わず、常にあなたらしく冷静な判断を心がけましょう。

--------------------------------------
「陰の実力派」は、俺の目指す形のひとつなので、当たってるかも。
プライベート重視は確かにそのとおり!体重チェック・・・しないとなぁ・・・
好きな人への積極アプローチは、そのまんま当たり。
流行には疎いけど、チェックはしてる。
う~ん・・・なんか全体的に当たってるような気がします。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-23 11:40 | 遊び

仲良しグループ

ストイックに自分を追い込んだり、ナンパに幅広く手を出したり、緩急の差が激しい俺ですが、最終的にはいつもの仲間がいる所が安心する。みんな微妙なバランスの上で成り立ってる仲良しグループだけど、それなりにみんな大人なので、分別があるし居心地が良い。ここが俺の安らぎの場所なんだって思える。
仕事でも家庭でも、義務でがんじがらめになってしまう世界。その義務を果たしつつ、自己啓発も行うのは正直な話けっこうキツイ。でも、息抜きのできる場所を持つと、そういった厳しい現実とも前向きに対応できるなって思います。

まぁ、これはあくまで俺がって話なので、全ての人に適用できるとは思いません。安心したり安らぎを感じる所って、人によって違うし、それは否定しません。俺の周りにいる人も、全てがそうだとは思わない。中には俺と付き合うことは、単なる義務とか、何となくであって理由は無いなんて人は沢山いるはず。それでも、俺はいいんじゃないかって思います。完全に同じ人ってのはいないんだから、人の思いってのはどこかで一方通行になってしまう事がある。人と人が完全に判りあうのは無理だと思う。それが人間らしさだって思うから。

若い頃は、この一方通行な思いや、他人と違う部分や分かり合えない部分を気にして、随分悩みました。どうしたら判ってもらえるか、どうしたら伝わるかも考えました。それが、自身を成長させる糧になった事は否定しません。自分の子供な部分を克服するにつれ、自分が変ることで解決できる問題と、どんなに努力しても解決できない問題があることに気づきました。要は人と人の壁を認識し、それでも手を取り合えるようになって初めて、人とのコミュニケーションが取れるんじゃないかと思う。

心理学で言う『ヤマアラシのジレンマ』は、人が成長する過程で誰もが経験するものです。人との適正な距離がわからない。でもそこから逃げていたら、ずっとコミュニケーションは出来ない。最初は懐へ飛び込むのが痛いと思う。でも痛くていいのです。少しずつ向きを変え、距離を変え、タイミングを変えることで、痛くない適正な距離がつかめるようになるから。人の懐へ飛び込む勇気、これを持つと早くに適正な距離を掴めるようになる。コミュニケーションの上手い人って、この辺が長けていると思います。

仲良しグループが居心地がいいのは、お互いの距離感をしっかり認識してるからに他ならず、そこで得たものをもっと周りまで拡大させられれば、痛くないコミュニティが広がるのかなって思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-22 21:04 | 出会い

ある社長の思い出

今日、親父と話をしていて、ふとある社長の事を思い出した。
その社長は、父の知り合いで俺が学生の時に知り合いました。事業としては、フリーの自動車修理業を営んでおり、その傍らで、レッカーサービスも請け負うなど、事業規模は小さいながらも、いろいろな事をやっており、それぞれに優秀なスタッフを揃えていました。社長の人柄は、とても気さくで面白く、事務所には笑いが耐えませんでした。
そんな社長が一点悩んでいたのが、経理関係の仕事が出来る人がいないという事でした。そこは、社長をはじめ全てが技術スタッフで、技術には長けてるけど、金勘定はチョット出来ないって人ばかりでした。それでも、利益の出ていた頃は、放漫経営で普通に回っていましたが、バブルがはじけ、民間車検がOKになってからは、収入が激減し、今までのような放漫経営では、立ち行かなくなるという経営者としての危機感がありました。
そこで社長が考えたのは、車検や修理などの作業伝票の一切を、電算化することで、ひと月の売上や作業量を出し、会社としてどれだけ利益が出ているのかを調べる事でした。加えて、当時やっと流行になりつつあったインターネットで、ホームページを掲載し、オンラインでの客の取り込みや、広告を作って宣伝するなど、今では一般的であっても、当時としては画期的なアイデアを持っていました。

大学4年の夏、車の修理の事で、たまたまその工場へ親父と訪れた俺は、社長と運命的な出会いをします。親父に紹介されて挨拶を済ませると、早速というような感じで「息子さんはパソコンは出来るのかい?」と、切り出してきた。当時、やっとパソコンを買ってもらい、自分で動かし始めて半年くらいの時だった。「一通りの基本操作くらいなら出来ますよ。一応研究でも使ってるので、文書作成とCGデザインなら得意な方です。」と答えると、それを教えて欲しいと頼まれました。大学があるので、土日の夜だけで時給1000円&食事付きという条件でした。当時の俺は、大学1年から続けていたバイト先で、副店長をしていましたが、そちらは土日の昼間だったので、バッティングもしないだろうという事で、OKを出しました。
OKを出した後の社長の喜び様は、すごかったです。「ウチにも、大学院を出るようなセンセイが来てくれる」これが社長の口癖でした。俺は最初から就職ではなく、進学を目指していた為、夏ごろまでには学内選抜が終り、大学院進学が決まっていたのです。その後も、社長は俺のことと「センセイ」と呼び、事あるごとに良くしてもらいました。

最初の半年は、パソコンに慣れることから始めました。マウスの基本動作からキーボードの基本動作、ローマ字日本語入力と変換方法、こんな簡単な事なのですが、既に50歳を超えている社長には大変な事でした。でも執念が違いました。俺の出す課題を、毎日少しずつこなし、毎週毎週上達していくのが分かりました。その間にも、導入した自動車整備用のソフトウエアを使って、入力作業も行いました。その半年間で全顧客データを入力し終わったのは、ある意味奇跡です。その後の半年間は、導入したソフトウエアの使い方指導でした。俺自身も使ったことがないので、顧客データの入力をしている間、自宅のパソコンにインストールして、基本操作に関してはマスターするようにしてました。その頃から、若い作業員も今後は必要になるからという理由で、社長に強制参加させられるようになり、俺は社長と若い作業員の2人に教えるようになりました。進み具合は、やはり若い方が飲み込みが早いので、すぐに差が出ます。でも、必死に喰らいついてきて、せめて基本操作だけでも出来るようになりたいという執念が、社長からは感じられました。

1年が過ぎると、大体の使い方はマスターしてきたので、今度は広告を作ったりする方法を教えて欲しいという事になりました。グラフィックを扱うのは俺の専門分野だったので、それは喜んで引き受けました。どんな広告にしたいのか、カラーの場合と白黒の場合はどうするのか、そんな事をヒヤリングした後、俺のほうで叩き台を作り、それに色々と要望を載せて完成させました。社長は出来上がった広告を見て、「なんか恥ずかしいなぁ!でもこれから○○自動車は、コレで売っていくから!」と、喜んでいました。
グラフィック関連に着手した事により、マシン環境の老朽化が目立つようになりました。そこで、俺が今後のインフラ整備も念頭において、マシン環境の構築を行いました。ゆくゆくは事務所とパソコン室と社長の寝室をLANで結び、インターネットの導入も視野に入れていました。

2年が過ぎようとして、いよいよ俺の修了が迫った頃、社長がついに経理関係の部分も、教えて欲しいよいう話をしてきました。ただ、俺はパソコンには詳しくても、経理には弱いのです。でも、出来るところまでという事で、Excel(表計算)の使い方や、基本的な売掛について説明したんですが、やはり社長も弱い部分なので、二人してチンプンカンプン。なので、事務員を雇って、その人に教えてやってもらおうという事になり、事務員に対してのパソコン教育も始まりました。俺が社会人になってからも、時間を作っては行っていたのですが、ある日急に訃報が飛び込んできました。なんと社長が死んだという事でした。

取るものとりあえず、社長の家に行ったのですが、すでに忌中の札が貼られ、お通夜の準備が進められていました。死因は、首吊りによる自殺でした。奥さんに話を聞いたところ、数日前に税務署の抜き打ち調査があり、放漫経営で抜けていた税金の支払いについて、厳しく追及されたそうです。社長の人柄から、脱税を目論んでやったわけではなく、帳簿管理や台帳管理がしっかりしていなかった為に、抜け落ちてしまった単なるミスでした。それを脱税という一言で片付けられ、家宅捜査を受けた社長は、家庭内の色々な問題と絡み合い思い悩んだ末に、自ら命を絶ってしまいました。

社長の死は、俺の背中に大きくのしかかってきました。俺がもっと早くに帳簿管理の電算化を進められたら、もっと経理の知識があったなら、今でもその事は悔やまれてなりません。税務署の職員を、酷いと思った事もありましたが、彼らもそれが仕事なら仕方の無い事。こちらにできる事は沢山あった。それらをやるべき立場にいたのは他ならぬ俺。俺の力不足が招いた事だと、すごく自身を責めました。今思い出しても、辛い出来事です。

社長は俺に対して、有形無形の多くのものを与えてくれました。経営者として社会を見る眼や、組織を纏め上げる上での決断の重要性、人を惹き付ける魅力、決めた事に対する行動力、これらは毎週通う仕事の中で、俺に見せてくれました。そして、死を持って生きる事の重要性と、生きる意味について教えてくれました。
中途半端ではダメ。常に一生懸命に、自分に正直に生きて、最後に後悔しないように生きなくてはならない。その為に、常に自分を磨く事、常に相手の立場で考える事、常に全体を見て本質を見極める事、これが重要なんだと思います。

最後ではありますが、俺を一人前の人として扱ってくれて、早くから俺を鍛えてくれた社長に、本当に感謝しています。あのバイトで得た知識や教訓は、俺の仕事の中で確実に生きています。社長を超える大きな人間になれるように頑張りたい。そんなふうに思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-21 22:49 | 出会い

地下鉄サリン事件から10年

<地下鉄サリン事件>東京メトロ6駅で追悼行事 : 社会ニュース

いまなお後遺症で苦しむ人や、トラウマから解放されない人など、人々の心に深い爪あとを残したあの忌まわしい事件から、今日でちょうど10年を迎えた。
当時、カルト教団として様々な疑惑を持たれていたオウム真理教(現アレフ)が、警察の強制捜査を逃れる為に、起こした集団テロ。この集団テロは、世界中に急速に広まっていた地下鉄網に、戦慄の衝撃を与えた。アメリカ、ロシア、イギリス、フランスなどは、相次いで『化学兵器による地下鉄内襲撃に対する対策』を発表したが、あまりに遅すぎる対応となってしまった。国内でも、不信物を安易に置かせない措置として、ゴミ箱が一斉撤去され、警察や警備員、鉄道職員などの見回りが強化されました。

また、このテロのもたらした恐ろしさには、サリンという非人道的で恐ろしい化学兵器でも、少しばかり化学をかじった事の有る人間を集めれば、低コストで秘密裏に作成可能である事を、世界中に知らしめた事であった。これは、世界中に広がるテロ集団に対して、化学兵器による武装が、どれだけ有効かと言う手本となってしまった。確かに一般の化学書を開けば、サリンの化学式はおろか、生成に必要な物質まで書かれている。直接サリン製造へ繋がる物質は、入手困難だとしても、その物質を作る物質が手には入れは同じ事である。オウム真理教も、そのような考えの元、サリンの前段階となる物質の生成を行い、それを使ってサリンを製造した。

被害の規模が余りにも多く、いまなお国による保証は行われていない。オウム心理教も事件後に破産宣告を受けているため、法律的には保証義務が無くなっている。残るは個人だが、組織の長としての麻原祥晃こと松本千寿男の裁判は、やっと東京地裁による1審が終ったばかり、今後、東京高裁、最高裁と審議が進むわけだが、最高裁判決まではまだ20年近くかかることが予想される。それを待っていたのでは、余りにも遅すぎると思うのは、私だけじゃないはずだ。これは、犯罪者に対する審議をするなと言ってるのではない。審議は必要だし、当然の権利だと思うけど、事の重大性や被害状況の大きさを鑑みて、ある程度の保証は国が肩代わりして行い、後に加害者側に請求をするというのが、筋じゃないかと思います。また、現在の破産法では、犯罪加害者になった場合の保証金支払い義務も、放棄するようになっているが、これはおかしいと思う。破産により全ての財を失った後でも、犯罪被害者に対する保証は継続するべきだと思う。最低限の国の保障する生活以上のお金は、全て救済に当てられるべきと考えます。

俺自身は、直接的に被害を受けたわけではないですが、あの長い日の記憶は、今でも鮮明に記憶にあります。第三者の俺がその程度なんだから、被害に合われた方や、被害を免れながらもトラウマを抱えた人にとっては、一生忘れる事の出来ない事件だと思います。
二度とこのような事件がおきて欲しくないし、起こして欲しくない。
亡くなられた12人のご冥福を祈るとともに、被害者および被害者家族の一日も早い回復をお祈りします。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-20 18:18 | 日常

別れた後の気持ち

冷たいのね・・・

失恋をした時、または恋人と別れた時に、その相手に対して思う感情やその後の付き合い方について、男女差はあるのだろうか?

俺の場合は、たとえ別れた相手であれ、一度は自分で好きになった女性であれば、完全に関係を断ち切るという事はしない。もっとも、相手が断ち切る事を望むなら、断ち切りますが、自発的に断ち切るって事は殆どありません。逆に、別れた後も友達としてお付き合いしてる人は、結構います。そうなった人に対しては、不思議なくらい恋愛感情は持たないし、別の彼氏の相談にのってたりするから、自分でも驚く事がある。
でも、こういった行動を取る男って、俺だけじゃないんだなってmy-beeさんのブログを読んで思いました。それと同時に、女性って別れると、一切の関係を断ち切りたいって思うんだなぁってのが、意外と新鮮に感じました。逆にいうと、俺の行動は付き合ってた女性を苦しめてしまう事に繋がってたのかと、反省しました。

皆さんは恋人と別れた後って、どうしてますか?

1. 全てを水に流し、忘れる
2. 恋人ではなくなるけど、友達として付き合う
3. 相手の嫌な所を列挙して、嫌いになる
4. 別れなんてムリと、いつまでも引きずる
5. 相手をストーキングする
6. 相手が立ち上がれないくらい痛めつける
7. その他

男女関係ってやっぱり難しいです。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-19 22:16 | 出会い

習慣は強い武器

良い習慣を持っていますか?
自分では努力してるつもりでなくても、結果として努力している。これが、習慣の正体です。最初は何をするにも苦痛が伴います。その苦痛に耐えて、努力を長期に渡って行っていると、やがて努力が苦にならなくなります。これこそが良い習慣です。この良い習慣が早くに身に付くと、結構として楽に自分の目標をクリアできるようになります。

自分の努力を、早くに習慣に昇華させるには、どのようにしたらイイのだろうか?
習慣が生まれる中で、環境による影響と言うのは、かなり大きいと思います。例えば、PCの苦手な人でも、詳しい人の中に入ったとしたら、自然とPCを覚えてしまいますよね!日本人は、郷に入り手は郷に従うと言うのが、一番楽であることを、本能的に知っています。だから、周りと同じようにしたいと思う。これを上手く利用すると良いのです。自分がこれからしたいと思う努力を、既に習慣としている人々に囲まれて生活をしたり、必然的にその努力をしないと、生きていけない様な状況に、自分を追い込んでみたりするのです。

生活習慣になってしまえば、努力を苦にする人は少ないと思います。事実私も、仕事の為に約2時間の通勤を続け、早起きと長時間通勤の習慣が身に付いたからこそ、都内への転職が可能になりました。これが、従来の通勤に15分なんて生活をしていたら、都内へ出ると言う発想すら思い浮かばなかったです。
一度習慣になってしまった事は、それを続けてる限り、苦ではありませんので、さらに負荷をかける事が出来ます。そうやって負荷を掛け続けられるって事は、自身が前進するのに大きな武器となります。例えるなら、普段から120kgの物を運んでる人と、30kgの物を運んでる人に、60kgの物を運んで欲しいと依頼した時、前者は普段の半分の労力で良いので、依頼者の思う半分の時間で終える事が出来るのに対し、後者は普段の倍ですから、依頼者の思う倍の時間が掛かってしまいます。無論、仕事が終わった後の依頼者の印象は、前者と後者で180°違うのは判ると思います。

昔から『若いうちの苦労は、買ってでもしろ』と言いますが、自身に掛けた負荷が大きければ大きいだけ、自身のキャパシティは大きくなります。だからと言って、本当に苦労と思ってやる努力ほど、辛いものはありません。努力を楽しむためには、その努力に合った環境に自分の身を置く事で、辛い事を辛いと感じずに、必然として習慣化できれば、最高じゃないですか?
[PR]
by naka50ne | 2005-03-18 17:02 | ビジネス

自信は努力で作るもの

先を考えて、良い事が想像できる人は少ない。普通は悪いこと、しかも最悪の事を考えてしまう。
なぜ悪い事を考えてしまうのか?
これまでの失敗経験や、嫌な思いがフラッシュバックして、また同じ目に合いたくないという、防御本能が働くから。
じゃあ、どうやったら、良い事が想像できる?
それは、自分に自信を持つこと。何か一つの目標を決め、それに一心不乱で打ち込み、これだけやったのだから、もう誰にも負けない、負けるはずが無いって思えるまで、とことん努力する。その努力は、絶対に自信に繋がる。
しかし、その自信を打ち砕く障害が出たらどうするの?
そう考えてるうちは、努力が足りないんです。自分で絶対にNo.1だって思い込めるまで、努力を続ける。
確かにそれは、単なる思い込みであって、実力じゃないかもしれない。人から見たら井の中の蛙かもしれない。でもそれでいいんです!自分の努力で自分がNo.1だって思えれば!
そうすれば、たとえそれを超える人が現れたって、「俺がNo.1なんだ、すぐに超えてやる」っていう、生きる原動力になります。

先を考えて、良い事を考えられる人は、よく言えばポジティブシンキングの出来る人ですが、悪く言えば自信過剰な人です。自分で何かを成し遂げたと言う事実(思い込み)が、与えてくれる自信。これを持てるようになると、前向きに生きることが出来ます。
何でも良いから、自分はこれに打ち込むってモノを決めて、一心不乱に打ち込み、他の誰も追従を許さないと思うほど努力が出来れば、絶対に自信になります。最初は井の中の蛙で結構。井の中で蛙になれなかったら、救い上げられて大海へ出ても、大海を知る事はありません。

自分を否定するのは簡単です。自分を責めるのも簡単です。自分の心を傷つけるのも簡単です。一番大変で、一番辛くて、一番苦しいのは、自分を褒める努力なんです。毎晩寝る前に、自分の胸に手を当てて、「今日は良く頑張ったね!明日も頑張ろう!」って言えますか?普通は言えないんです。何か目標を決めて努力してる人じゃないと、そんな事は言えないんです。だって、一日が充実してないから!寝る前になって「あれをすれば良かった」「こうにしておけば良かった」って自分を反省し、結論として「自分はダメだな」ってなってたら、熟睡できますか?悔しくて、自分が嫌で、寝れない事が多いですよね!

何でもいいんです。目標を決めて、一心不乱に努力してください。努力で一日が充実すれば、きっと寝る前に、自分の胸に手を当てて、「今日は良く頑張ったね!明日も頑張ろう!」って言えますよ。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-17 16:32 | ビジネス

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな