佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

カテゴリ:出会い( 21 )

自分の周りには沢山の人がいる
周りの人の周りにも沢山の人がいる
人の周りには沢山の人がいる

人の力は小さい
人の力は大きい
人の群れには力がある

人は人である為に、群れる
人は人である事を確認する為に、会話する
人は人である為に、喧嘩する

人は沢山の欲を持つ
人の欲に限界は無い
人は欲を制御する事で人になる

自分の周りには沢山の人がいる
周りの人の周りにも沢山の人がいる
人の周りには沢山の人がいる

人は一人では生きられない
[PR]
by naka50ne | 2006-07-24 17:07 | 出会い

メールの功罪

メールは便利だ。遠く離れた人と時間を気にせずコミュニケーション取れる。また、顔も知らない人とだって話をすることが出来る。そこから始まる友情もあれば、時には愛情に変化する事だってある。また、仕事をする上では顧客とのコミュニケーション結果を示すツールになったり、部下や上司への報告/連絡/相談を容易にしてくれるツールになる。現代社会の個人主義社会を体言化したようなコミュニケーションツールであるメール。とても便利なこのツールが、私は好きだ。これまでも公私共にかなり多用しているし、今後も多用しつづけるであろう。

しかし、便利な反面で様々な問題を含んでいるのも確かだ。文字でのコミュニケーションは、言語の表現能力により大きく意味が変わってしまう。対面コミュニケーションと比べると、視線や態度、声のトーンなどが見えないため、どんな状況で書いているのか、どんな気持ちで書いているのかは、その文面からしか読み取れない。これは、画一の方向から事象を見ているのと同じで、非常に危険な意味を孕む。文字の表現力だけでなく、その表現を感じ取る感受性も重要になるため、双方の意識が合っていない状態では、お互いの疑心暗鬼を膨らませてしまう事にもあるのが事実だ。
相手が現在、どんな気持ちでその文字を綴っているのか、何を伝えたいと思っているのか、見えない行間に潜む言葉を想像していかなければならない。その為、元々コミュニケーション能力の低い人は、やはりこの部分が見えておらず数々のトラブルを抱えてしまうことになる。
騙す方も騙される方も、コミュニケーション能力が欠如していることが多く、普通に考えれば変なことも、メールというツールを介した途端に、なぜか考えずに受け入れてしまう事が多いのは、メールだからという括りで、メールを特別視しているからに他なりません。
中には、対面で話す事や電話で話す事は苦手だけど、メールでならば素の自分を出して上手くコミュニケーションを取れるという人がいる。こういった人は、単に話すことに対して慣れていないだけで、実際はコミュニケーションの上手く取れる人なんだと思う。話すことに慣れたとたんに、良く喋るようになったって話も良く聞く。

メールと聞くと、昨今の出会い系問題と絡めて毛嫌いする人がいるが、これは間違っていると思う。文字によるコミュニケーション文化は、本来のコミュニケーション力が大きなキーワードとなる事に主眼をおき、メールだからという括りを作るのではなく、コミュニケーションとはという事を考えることで、より良いメールのコミュニケーションが取れるのかなと思う。
[PR]
by naka50ne | 2006-02-25 11:50 | 出会い

大切な友達

先週は一休みになるかと思いきや、火曜日に出社後すぐに「プロジェクト本体の方が、納期に間に合わず四苦八苦してるので、助けてやって欲しい」という依頼を受け、急遽プロジェクト本体へ送り込まれました。
現地に着いて見てみると、先々週のミッションで、私がダメ出しして直してもらった部分が、実際にしっかり反映されていなく、その反映の仕方に戸惑っているという事で、今回だけは私の方で引き取って、実際の例として作りこむことにしました。既に出荷予定日を1日遅れており、リスケジュールしてもらっても、期限は金曜日までという事で、連日終電まで粘って作りこみました。そんな中、私達の作業場所が本社から元受会社の方へ移動となり、水曜日からは元受会社での作業となりました。

こんなトコが、先週の私だったのですが、実は先週もう一つ面白い事がありました。
それは、古い友人から相次いで連絡があった事です。一人は学生時代に一緒につるんでいた友人で、都内で働いている事を告げると、落ち着いたら一緒に飲もうぜ!って話になりました。もう一人は、古いメル友で5年くらい前に一度会ったきり、メールも年に数回しかしないという、疎遠ながらも細く長く続いている関係だったのですが、アドレス変更の通知が着た事で、近況を交換したら、今は携帯の販売をしているという事でした。俺の携帯は購入から既に2年を過ぎ、充電が1日もたなくてそろそろ新機種への交換を考えていた所でした。お友達価格でかなり割安にしてくれるという事で、速攻でお願いしちゃいました!

そして、昨日はその友達の勤めている所まで、携帯を買いに行って来ました!今までは、auのA5303Hを使ってたのですが、これを思い切ってauのPENCKにしました。メタルのボディは形状が楽しく、大き目のボタンは操作性が非常に良くて、大満足でした。
5年振りに会った友達は、すっかり大人になりイイ女になっていました。まぁ前に会ったのが、高校生の時だから変わって当然といえば当然なんですがw
友達は勤務中なので、あまり長くは話せなかったけど、久々に会えてとても良かったなぁって思ったのと、偶然とはいえ、タイミングよく機種変更の話が進み、念願の新機種が手に入った事は、本当に嬉しかったです。

社会人をやってると、毎日連絡をとったりってのは、確かに難しいけど、たま~に来るメールから、新しい発見や可能性が広がるってのは、すごく大切なんだろうなぁって思います。学生時代の友達とも、一緒に飲めるようになるのが、とても楽しみです。

ここで知り合った人達とも、いずれはみんなで会って食事でも出来たらなぁなんて思います。その時は、単なる友達でも、3年後、5年後、10年後には、かけがえのない友達にならないとも限りません。袖振れ合うも他生の縁と言いますが、一つ一つの出会いを大切にしたいなぁと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-05-22 21:40 | 出会い

仲良しグループ

ストイックに自分を追い込んだり、ナンパに幅広く手を出したり、緩急の差が激しい俺ですが、最終的にはいつもの仲間がいる所が安心する。みんな微妙なバランスの上で成り立ってる仲良しグループだけど、それなりにみんな大人なので、分別があるし居心地が良い。ここが俺の安らぎの場所なんだって思える。
仕事でも家庭でも、義務でがんじがらめになってしまう世界。その義務を果たしつつ、自己啓発も行うのは正直な話けっこうキツイ。でも、息抜きのできる場所を持つと、そういった厳しい現実とも前向きに対応できるなって思います。

まぁ、これはあくまで俺がって話なので、全ての人に適用できるとは思いません。安心したり安らぎを感じる所って、人によって違うし、それは否定しません。俺の周りにいる人も、全てがそうだとは思わない。中には俺と付き合うことは、単なる義務とか、何となくであって理由は無いなんて人は沢山いるはず。それでも、俺はいいんじゃないかって思います。完全に同じ人ってのはいないんだから、人の思いってのはどこかで一方通行になってしまう事がある。人と人が完全に判りあうのは無理だと思う。それが人間らしさだって思うから。

若い頃は、この一方通行な思いや、他人と違う部分や分かり合えない部分を気にして、随分悩みました。どうしたら判ってもらえるか、どうしたら伝わるかも考えました。それが、自身を成長させる糧になった事は否定しません。自分の子供な部分を克服するにつれ、自分が変ることで解決できる問題と、どんなに努力しても解決できない問題があることに気づきました。要は人と人の壁を認識し、それでも手を取り合えるようになって初めて、人とのコミュニケーションが取れるんじゃないかと思う。

心理学で言う『ヤマアラシのジレンマ』は、人が成長する過程で誰もが経験するものです。人との適正な距離がわからない。でもそこから逃げていたら、ずっとコミュニケーションは出来ない。最初は懐へ飛び込むのが痛いと思う。でも痛くていいのです。少しずつ向きを変え、距離を変え、タイミングを変えることで、痛くない適正な距離がつかめるようになるから。人の懐へ飛び込む勇気、これを持つと早くに適正な距離を掴めるようになる。コミュニケーションの上手い人って、この辺が長けていると思います。

仲良しグループが居心地がいいのは、お互いの距離感をしっかり認識してるからに他ならず、そこで得たものをもっと周りまで拡大させられれば、痛くないコミュニティが広がるのかなって思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-22 21:04 | 出会い

ある社長の思い出

今日、親父と話をしていて、ふとある社長の事を思い出した。
その社長は、父の知り合いで俺が学生の時に知り合いました。事業としては、フリーの自動車修理業を営んでおり、その傍らで、レッカーサービスも請け負うなど、事業規模は小さいながらも、いろいろな事をやっており、それぞれに優秀なスタッフを揃えていました。社長の人柄は、とても気さくで面白く、事務所には笑いが耐えませんでした。
そんな社長が一点悩んでいたのが、経理関係の仕事が出来る人がいないという事でした。そこは、社長をはじめ全てが技術スタッフで、技術には長けてるけど、金勘定はチョット出来ないって人ばかりでした。それでも、利益の出ていた頃は、放漫経営で普通に回っていましたが、バブルがはじけ、民間車検がOKになってからは、収入が激減し、今までのような放漫経営では、立ち行かなくなるという経営者としての危機感がありました。
そこで社長が考えたのは、車検や修理などの作業伝票の一切を、電算化することで、ひと月の売上や作業量を出し、会社としてどれだけ利益が出ているのかを調べる事でした。加えて、当時やっと流行になりつつあったインターネットで、ホームページを掲載し、オンラインでの客の取り込みや、広告を作って宣伝するなど、今では一般的であっても、当時としては画期的なアイデアを持っていました。

大学4年の夏、車の修理の事で、たまたまその工場へ親父と訪れた俺は、社長と運命的な出会いをします。親父に紹介されて挨拶を済ませると、早速というような感じで「息子さんはパソコンは出来るのかい?」と、切り出してきた。当時、やっとパソコンを買ってもらい、自分で動かし始めて半年くらいの時だった。「一通りの基本操作くらいなら出来ますよ。一応研究でも使ってるので、文書作成とCGデザインなら得意な方です。」と答えると、それを教えて欲しいと頼まれました。大学があるので、土日の夜だけで時給1000円&食事付きという条件でした。当時の俺は、大学1年から続けていたバイト先で、副店長をしていましたが、そちらは土日の昼間だったので、バッティングもしないだろうという事で、OKを出しました。
OKを出した後の社長の喜び様は、すごかったです。「ウチにも、大学院を出るようなセンセイが来てくれる」これが社長の口癖でした。俺は最初から就職ではなく、進学を目指していた為、夏ごろまでには学内選抜が終り、大学院進学が決まっていたのです。その後も、社長は俺のことと「センセイ」と呼び、事あるごとに良くしてもらいました。

最初の半年は、パソコンに慣れることから始めました。マウスの基本動作からキーボードの基本動作、ローマ字日本語入力と変換方法、こんな簡単な事なのですが、既に50歳を超えている社長には大変な事でした。でも執念が違いました。俺の出す課題を、毎日少しずつこなし、毎週毎週上達していくのが分かりました。その間にも、導入した自動車整備用のソフトウエアを使って、入力作業も行いました。その半年間で全顧客データを入力し終わったのは、ある意味奇跡です。その後の半年間は、導入したソフトウエアの使い方指導でした。俺自身も使ったことがないので、顧客データの入力をしている間、自宅のパソコンにインストールして、基本操作に関してはマスターするようにしてました。その頃から、若い作業員も今後は必要になるからという理由で、社長に強制参加させられるようになり、俺は社長と若い作業員の2人に教えるようになりました。進み具合は、やはり若い方が飲み込みが早いので、すぐに差が出ます。でも、必死に喰らいついてきて、せめて基本操作だけでも出来るようになりたいという執念が、社長からは感じられました。

1年が過ぎると、大体の使い方はマスターしてきたので、今度は広告を作ったりする方法を教えて欲しいという事になりました。グラフィックを扱うのは俺の専門分野だったので、それは喜んで引き受けました。どんな広告にしたいのか、カラーの場合と白黒の場合はどうするのか、そんな事をヒヤリングした後、俺のほうで叩き台を作り、それに色々と要望を載せて完成させました。社長は出来上がった広告を見て、「なんか恥ずかしいなぁ!でもこれから○○自動車は、コレで売っていくから!」と、喜んでいました。
グラフィック関連に着手した事により、マシン環境の老朽化が目立つようになりました。そこで、俺が今後のインフラ整備も念頭において、マシン環境の構築を行いました。ゆくゆくは事務所とパソコン室と社長の寝室をLANで結び、インターネットの導入も視野に入れていました。

2年が過ぎようとして、いよいよ俺の修了が迫った頃、社長がついに経理関係の部分も、教えて欲しいよいう話をしてきました。ただ、俺はパソコンには詳しくても、経理には弱いのです。でも、出来るところまでという事で、Excel(表計算)の使い方や、基本的な売掛について説明したんですが、やはり社長も弱い部分なので、二人してチンプンカンプン。なので、事務員を雇って、その人に教えてやってもらおうという事になり、事務員に対してのパソコン教育も始まりました。俺が社会人になってからも、時間を作っては行っていたのですが、ある日急に訃報が飛び込んできました。なんと社長が死んだという事でした。

取るものとりあえず、社長の家に行ったのですが、すでに忌中の札が貼られ、お通夜の準備が進められていました。死因は、首吊りによる自殺でした。奥さんに話を聞いたところ、数日前に税務署の抜き打ち調査があり、放漫経営で抜けていた税金の支払いについて、厳しく追及されたそうです。社長の人柄から、脱税を目論んでやったわけではなく、帳簿管理や台帳管理がしっかりしていなかった為に、抜け落ちてしまった単なるミスでした。それを脱税という一言で片付けられ、家宅捜査を受けた社長は、家庭内の色々な問題と絡み合い思い悩んだ末に、自ら命を絶ってしまいました。

社長の死は、俺の背中に大きくのしかかってきました。俺がもっと早くに帳簿管理の電算化を進められたら、もっと経理の知識があったなら、今でもその事は悔やまれてなりません。税務署の職員を、酷いと思った事もありましたが、彼らもそれが仕事なら仕方の無い事。こちらにできる事は沢山あった。それらをやるべき立場にいたのは他ならぬ俺。俺の力不足が招いた事だと、すごく自身を責めました。今思い出しても、辛い出来事です。

社長は俺に対して、有形無形の多くのものを与えてくれました。経営者として社会を見る眼や、組織を纏め上げる上での決断の重要性、人を惹き付ける魅力、決めた事に対する行動力、これらは毎週通う仕事の中で、俺に見せてくれました。そして、死を持って生きる事の重要性と、生きる意味について教えてくれました。
中途半端ではダメ。常に一生懸命に、自分に正直に生きて、最後に後悔しないように生きなくてはならない。その為に、常に自分を磨く事、常に相手の立場で考える事、常に全体を見て本質を見極める事、これが重要なんだと思います。

最後ではありますが、俺を一人前の人として扱ってくれて、早くから俺を鍛えてくれた社長に、本当に感謝しています。あのバイトで得た知識や教訓は、俺の仕事の中で確実に生きています。社長を超える大きな人間になれるように頑張りたい。そんなふうに思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-21 22:49 | 出会い

別れた後の気持ち

冷たいのね・・・

失恋をした時、または恋人と別れた時に、その相手に対して思う感情やその後の付き合い方について、男女差はあるのだろうか?

俺の場合は、たとえ別れた相手であれ、一度は自分で好きになった女性であれば、完全に関係を断ち切るという事はしない。もっとも、相手が断ち切る事を望むなら、断ち切りますが、自発的に断ち切るって事は殆どありません。逆に、別れた後も友達としてお付き合いしてる人は、結構います。そうなった人に対しては、不思議なくらい恋愛感情は持たないし、別の彼氏の相談にのってたりするから、自分でも驚く事がある。
でも、こういった行動を取る男って、俺だけじゃないんだなってmy-beeさんのブログを読んで思いました。それと同時に、女性って別れると、一切の関係を断ち切りたいって思うんだなぁってのが、意外と新鮮に感じました。逆にいうと、俺の行動は付き合ってた女性を苦しめてしまう事に繋がってたのかと、反省しました。

皆さんは恋人と別れた後って、どうしてますか?

1. 全てを水に流し、忘れる
2. 恋人ではなくなるけど、友達として付き合う
3. 相手の嫌な所を列挙して、嫌いになる
4. 別れなんてムリと、いつまでも引きずる
5. 相手をストーキングする
6. 相手が立ち上がれないくらい痛めつける
7. その他

男女関係ってやっぱり難しいです。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-19 22:16 | 出会い

敵はいない

ここ最近、「勝ち組/負け組」「敵か/味方か」「正義/悪者」といった二極化された価値観が世の中にはびこっています。このような考えだと、普通に考えれば、勝ち組になりたいし、正義でいたいし、味方を増やしたいって考えますよね!でも、この価値観って、ちょっと偏った価値観だし、負け組になった人や、敵になっちゃった人は、悲観するしか出来なくなっちゃいますよね。
でも、こんな経験ってありませんか?
学生時代、散々ガミガミと怒られて、この先生ウザイなぁって思ってたのが、社会に出てそれを忘れかけた時、急にその先生が言ってた事が役に立っちゃって、「あぁ、あの時はこの事を言ってたんだなぁ!先生に感謝しなきゃ!」なんて気持ちになった事!先生でなくても、親であったり、会社の上司であったり、祖父/祖母であったりと、形態は様々でしょうが、少なからずあるんじゃないですか?
その時は、敵であり疎ましくて厄介な相手も、ある時を境に味方に見えたりするって現象です。

今のあなたの周りには、どんな人がいますか?そしてその人との関係を、どのように捉えていますか?
この、関係として真っ先に思いつくのが「敵か/味方か」って分ける方法です。この方法で分けると、どうでしょうか?あなたの周りの人がほぼ二分されますよね!そして、味方と思う人にはやさしく出来ても、敵と思う人にまでやさしく出来ますか?よっぽど人が出来てない限り、無理ですよね!
では、「袖触れ合うも他生の縁」と言うとおり、縁だと思ったらどうでしょう?そこにいるだけで、何かの縁だろうって思えば、多少イヤな人でも、敵対する人でも、縁であれば優しくなれるんじゃないですか?
「他生の縁」とは、輪廻転生の考えで言う前世からの縁という事だから、そこにいる事が、偶然ではなく必然としてそこに居るとしたら、その人はあなたの「協力者」なのではないでしょうか?
ここまでくると、相手との関係を何かで分けるのではなく、全て協力者なんだって思いませんか?
つまり、あなたに叱咤し、嫌な思いをさせているあの人は、あなたを成長させようとしている人。あなたを落ち込ませるあの人は、あなたに新たな気づきを与えようとしてる人なのです。人は、仲良しグループにいたのでは成長しません。厳しい世界へ飛び出し、試練を乗り越えてこそ、成長があります。その試練を与えてくれる人は、「敵」ではなく「協力者」ですよね!本当に関係なければ、出会ったりしないしね!

あなたの周りには何人の協力者がいますか?もし、1000人いるとしたら、約50億人いると言われる地球上の1/50万が、あなたの協力者なのです。これって凄い事だと思いませんか?

人間関係を二つに分けて考えると、そこには争いが起こります。争いが始まると、人は引く事が出来ずにお互いの短所を攻撃し合い、お互いが傷つくでしょう。もう、分けるのを止めませんか?人間関係は縁で結ばれます。これに気づかないと縁はやってきません。「柳生家の家訓」にはこんなものがあるそうです。

  小才は、縁に出会って、縁に気づかす
  中才は、縁に気づいて、縁を生かさず
  大才は、袖すりあった縁をも生かす

縁に気づき、縁を生かせれば、人生はもっと豊かになると思います。
ココへ訪問してくれたあなたと私も、何かの縁で結ばれているのでしょう。全ての縁に感謝します。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-27 14:51 | 出会い

人を深く愛せない

これは、何年も前から自分が抱える問題です。いままでで一番深く愛したのは誰だったのだろうか…それを思い出そうとしても、なかなか出てきません。周りが見えないくらいに、真っ直ぐその人だけを愛した経験って、残念ながら無いのかもしれない。
元来浮気性だと言われるB型の水瓶座ですが、相手の全てを愛せるかといえば、答えは「愛せます」となります。しかし、他の女性を見ずにその相手だけを見れますか?となると、答えは「無理です」になります。
なんで、こうになってしまうのかを、自分なりに分析した事があります。それは、私自身が女性の良い所を、最初に目に付けてしまう事が原因のようです。どんなにモテナイとか、周りからブスとか言われていても、なぜかその女性の良い所が目に付きます。人それぞれ性格もうし、顔も違うし、体系も違いますが、人にはそれぞれ、その人にしかない良さというのが必ずあります。そこが、ほぼ直感的に判ってしまう為に、その女性を好きになることが出来てしまいます。そこで、相手もOKサインを出そうものなら、それは一気に愛へと突き進んでしまいます。でも、その女性を愛しているはずなのに、なぜか冷めた自分もそこにいるのです。
なので、私自身はムードに流される事がありません。逆に自分でムードを作って、女性を流す事は得意です。自分でも本当に嫌な性格だなって思うことがあります。ある意味それって、相手女性に対する裏切りや背徳と言われても、仕方の無いことだからです。

ある友人に言われました。私の話し方は、どこかに必ず口説き文句が入っていると・・・。自分ではそのつもりが無くても、女性が意識している長所をそれとなく褒めて、それをストレートに表現するために、口説かれているという感覚になるようです。これは、自分の長所であり短所だと認識しています。俺に振り回されてしまった女性には、本当に申し訳ないと思います。

自分を卑下するつもりは無いけど、俺は決してカッコ良くないし、デブでブサイクで汗かきっていう、モテナイ3要素をたっぷりと抱えた人間です。なのにNETの世界では、女性と普通に話せるし、普通に口説けます。実際に会って引かれた経験は、星の数ほどありますが、俺の話を嫌がる人は、そう多くは無かったと思います。

小学校、中学校は、男女が一緒の教室で勉強する環境にありましたが、その頃も他の奴は「○○ちゃんが好き」ってのがありましたが、私は「***なら○○ちゃんで、***なら□□ちゃんで、***なら△△ちゃん」みたいにして、少ない時で5~7人、多い時は10~15人(クラスのほとんど)が好きって言える様な馬鹿野郎でした。その性格、未だに変っていません。一人の人を深く愛したい。その思いはずっと持っていますが、未だに出来ていません。不特定多数を愛してしまうこの性格は、どうやったら直るのやら・・・まだ、恋愛に関して子供なのかなぁ・・・

まぁ俺がこれから大恋愛してもしょうがないんだろうけどね!一度くらいしたかったなぁって思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-13 15:00 | 出会い

人の繋がりは無限

先日、お友達のブログで、ひょんな事から新しいお友達が出来ました。同じような意見をもっているということで、記事同士をトラックバックで結ぶようになりましたが、そのトラックバックを辿って、訪問者が激増するという面白い現象が見られました。トラックバックってすごいんだなぁって思う反面、影響度の大きさを痛感しました。

私のブログは、元々自分が日ごろから思っている事の、鬱憤を晴らすような感じで書き始めたのが最初です。出会いやビジネスの話題には、賛同してくれる人が結構いますが、これを実践すると、少なからず抵抗があります。というのも、私の書いてる内容は、あくまで私の主観に基づいて書かれています。1つの記事を読んでも、人によって捕らえ方が違うように、私も沢山の本やメルマガを通じて得た情報を、自分なりの解釈で理解し、それをブログという形で還元しています。そのため、根本が間違っていた場合は、あらぬ方向に話が展開してしまい、全然間違った解釈をしているなんて事もあると思います。
まだ、ブログを書き出して2ヶ月くらいですので、明確に間違ってるなぁってのは、まだ自分では発見していませんが、「ここって違うんじゃない?」って思うところがありましたら、バシバシ突っ込んでください。私自身もう一度調べ直し、真実を見つけて成長したいと思います。
私のように、物事を断定的に言い切ってしまう性格の人は、ともすると周りをイエスマンで固め、お神輿にのった裸の王様になりがちです。これまでの自分は、それで失敗をしてきました。全ては自分が正しいと思い込み、反対意見に耳を貸さず、下手すると反対意見の突き崩しや論破のみに偏り、本当の真実に目をつぶっていた様な気がします。
そういった行動を改めるには、こういった公の場で、損得抜きで交流できる場を持つ事が、一番の早道かなぁって思いました。私は、反対意見を恐れません。反対する人にはそれなりの考えがあるはずだし、反対するだけの材料があるのだと思います。そういった真実の一面を多く知ることで、より真実に近づけるような気がします。

NETの世界では、人の繋がりは無限に近いといっても、過言ではないと思います。普通であれば会話すら交わせない人と、友達になれたり、貴重な体験が聞けたり、逆に自分が困ったときに相談に乗ってもらったりと、可能性は間違えなく無限です。そういった人々との交わりを大切にしていきたい。そんなふうに考えた一日でした。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-10 16:09 | 出会い

女性にモテるコツ

女性にモテたい。これは、全ての男性が思う事であり、永遠の課題だと思います。
しかし、世の中を見渡すと「なんでこの人が?」って目を疑いたくなるような人が、女性にモテたりしています。また、GoogleなどでWebを検索すると、女性の攻略法や、出会い系サイト攻略法なんてのが、沢山みつかります。私も何回か、そういった内容の事を書いていますが、内容ってみんな似たり寄ったりなんです。
って事は、みんな同じ方法で女性をGetしてるんだから、Getする方程式があるんじゃないか?Getするまでの最短距離ってなに?って求めたくなりますが、これが大きな間違えなんですね。
どこの攻略法でも書いてあるのですが、最終的には女性が100人いれば100通りのアプローチがあるし、そこを使い分けられるのは、どれだけ女性の立場で考えられるか、どれだけ女性の話が聞けるか、どれだけ女性の考えが読めるか、って部分が大事なんですね。これは、地道な努力無しでは絶対無理な事です。

もし、このブログを読んでる人で、どうしても女性のGetが難しい、いろいろ情報は読んでいるのに、失敗してしまうって人がいたら、自分の行動をもう一度見つめ直してください。この自分を見つめ直す作業が、しっかり出来ない人は、たぶん何をやってもダメなんじゃないでしょうか?つまり、自分勝手が払拭できない間は、女性の事なんか、真剣に考えられるはず無いんじゃないかと思います。
実際に私はそうでした。昔の私は、女性を待つことしかしてませんでした。きっとイイ人が寄ってくれると思い込んでいたので、女性の気持ちを考えるなんてこれっぽっちもなかったです。そのため、女性に対して随分酷い事も言いましたし、それで浮いてしまい、女性から村八分状態に嫌われた事もあります。当時の私は、完全なヘタレ状態でした。最悪な男だったと思います。
ここからの立ち直りについては、以前書いてるので、割愛しますが、どん底にいた私が這い上がるには、お金も時間もかかりました。そして今言えることは、女性をGet出来るようになるのに、近道はないって事です。地道に女性をリサーチして、趣向や傾向を掴み、言葉巧みに誘うってのは、言葉で書くと簡単そうですが、気持ちが入るまでは、非常に難しい事です。

そのため、男には2通りのタイプがいます。一人の女性しか愛せない人と、複数の女性を同じような愛で愛せる人です。一般的には前者が普通で、後者は浮気者と言われます。私を分類するとしたら、確実に後者に入ると思いますが、本能の赴くままに動いたのでは、単なる猿ですから、理性で自分を抑えます。
でも、これは完全に私の主観ですが、何人の女性を愛せるかってのは、その人の器量の大きさではないかと思います。本当に一人の人にしか愛せない人って、そこまでの器量しかないんじゃないかと思うんです。複数の女性を愛するっていうのは、非常に力が要ります。そこを甘く見ると、浮気が発覚したり、するんじゃないかと思います。それを、こなせるだけの器量がある人は、自分の分を超えない範囲で付き合ってる分には、問題なんじゃないかと思います。(ただし、不倫を擁護したり、推奨してるわけじゃありません。)

女性にモテる最大のコツは、自分勝手の打破だとおもいます。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-08 17:09 | 出会い

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな