佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

カテゴリ:趣味( 39 )

校長先生の話

小学校~中学校~高校と、全校集会や運動会など、全校生徒の集まる時には、決まって校長先生の話があったと思います。みなさんは、校長先生の話って何か覚えていますか?まぁ普通、校長先生の話といえば、長くてつまらなくって、貧血で倒れる女の子が出るってのが、定番ですが、中には面白い話や、短くて判りやすく話す先生もいたんではないでしょうか?

私が覚えている校長先生の話は、小学校1~3年の時の校長先生が、入学式のお祝いとして話した話です。残念ながら校長先生の名前は忘れてしまいましたが、内容は「親」についてでした。

「みなさん、これから学校でお勉強するようになると、お父さんやお母さんは、そばにいないけど大丈夫かな?やっぱりイヤかぁ。でもね、みんなのお父さんやお母さんは、いつでもみんなの事を見てるんですよ。ちゃんとお利口さんにしてるかな?ちゃんとお勉強してるかな?先生の言うことを聞いてるかな?っていつも見てるんですよ。それも、家の中では見えないから、近くの木に登ってその上に立って、みんなを見てるんです。まだみんなが、2年生にならないと教わらない字なんだけど、「親」っていうのがあるんだよ。そう、親とは、みんなのお父さんやお母さんのことなんだ。ここの字はね、みんなあこれから習う、「木」と「立」と「見」っていう字で出来ているんだ。「木」はみんなの知ってる、お庭や山に生えている木の事だよ。「立」はみんなが立ち上がるのと同じで、立っているって事なんだ。で、こっちの大きな「見」は、見てるよって事なんだよ。親というのは、木の上に立って、みんなをいつまでも見てるんですよ。いつも、お父さんやお母さんが見てますから、みんなも頑張って勉強しましょう。」

という、話でした。私は集団生活に入ったのが、公立の幼稚園(1年のみ)だったので、幼稚園では「いじめっ子」にいじめられる事が多く、子供ながらに小学校生活は不安で一杯でした。そこで話されたこの話は、私自身を勇気付けてくれました。家に帰って、「お母さんって、どの木に登って見てるの?」って質問して、母親が「裏の杉の木の上で見てるんだよ!」って話してたのを、今でも覚えています。また、学校での漢字テストは、大の苦手でしたが、なぜかこの「親」だけは書けました。自分を勇気付けてくれた言葉を、子供ながらにず~っと反芻して覚えていたためです。

「校長先生の話」というマニュアル本も、あるみたいですが、たとえそこに載っていた話だったとしても、深く感銘を受ける子供が、少なからずいると思います。先日の金八先生の話じゃないですが、先生の言葉って言うのは、発展途上の子供には深く深層心理として根づくと思います。教育力不足や指導力不足の先生がはびこっていますが、今一度、先生には自己啓発をして欲しいと思います。拝金主義のサラリーマン教師でなく、本当に人から好かれ、愛される先生が必要だと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-28 18:12 | 趣味

結婚相性占い

結婚相性占い
hiromik-2002さんの所で紹介されていた占いの結果です。

↓が、俺の深層心理だそうですが・・・当たってますかねぇ?

命宮:文曲 本当の姿と深層心理
物書き・学問:宮廷の学問を司る星で、芸術的で優雅で上品にしたいという心情があります。歯切れが良い星。
○学問、芸術的センス。優雅で上品。 趣味が豊かで人に好かれます。
○しかし、表面だけを粉飾をしやすい。対面を重んずる面があります。

財帛宮:天梁星 本来のお金の稼ぎ方
周国の大将軍:天界の取締役を司る星で、人を統治するしリーダになるという心情があります。親分肌、姉御肌の星。
○自分のリーダーシップ・強さを生かす職業、強さを生かす職業が適性です。
○サラリーマンなら役員、経営者、自営業、人を使う職業が良いでしょう。
○どんな職業であっても、人の下で働くことを好みません。
○従って、実力もないのに独立をしたり、部下を欲しがる傾向があります。

夫妻宮:蛇羅 結婚運、配偶者運
傭兵:勇敢で決断力がありますが、強烈に荒々しく残忍にやりたいという星。
○配偶者が戦略的思考をする傾向があって、カラットしていて率直でハギレが良い。
○信頼関係がなく、虐待されたり、何事においてもケンカしたり、憎しみあったりすることが多い。

父母宮:破軍星 父母運
殷国の紂王:欲望のために我が身を破壊させやすい星で、投機したい心情があります。放浪星とも言われ革命家の星。
○父母や上司は個性的であり何事も他人を頼らずに、1人でやりぬきます。
○父母や上司は好き嫌いが激しく、協調性がなく、相談することを嫌います。
○従って、父母や上司と情緒的で暖かい人間関係を築くことはできません。

兄弟宮:廉貞星 兄弟運
殷国の妖臣:お金のためには何でもやる冷徹で邪悪と歪曲の心情があります。商売上手な星。
○兄弟や友人、同僚が冷静に物事を実務的に進める能力があります。
○従って、ビジネス的なつきあいや物質的援助はあります。
○兄弟や友人、同僚と少々冷たい関係で、自分から敵を作りやすい傾向です。

子女宮:七殺星 子女運
殷国の黄飛虎将軍:激しさを司る星で、権力志向という心情があります。独立心が旺盛で組織に拘束されることが嫌いな星。
○子供がに行動力があって、リーダーシップに恵まれています。
○そのため、地位・身分が親よりも偉くなります。
○または、子供から迷惑をかけられるか、子供に恵まれません。

遷移宮:天機星 行動運
周国の大軍師:天の摂理と善悪を知っている大軍師を司る星です。将来を見据えた行動。他人から理解されない星。
○善悪を悟る宗教心があって、学問的、理論的な考え、行動様式を行います。
○理論的である反面、情緒面では少し欠けるところもあるのが欠点になります。

官禄宮:太陽星 サラリーマン運
殷国の宰相:太陽の如く公明正大で不正を嫌う。行動が大らかで華やかで見栄も多少ある星。
○華やかで人から尊敬されるような職種が性格的には向いています。
○実力以上に、華やかで人から尊敬されるような職種に就きたがります。

福徳宮:天同星 趣味運
周国の文王:易の大家である文王の星で、慈愛、優しさ、温厚な星。平和主義で謙虚な星。
○人との交際が上手でレジャーや趣味、遊びなどに没頭しやすくそれで失敗しやすい。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-25 22:47 | 趣味

佐倉式欲求の6段階説

私の裏ページ

なにか問題を解決しようって考えるのは、日々のモチベーションを保つ上で、必要なことだと考えますが、白くまさんの仰るとおり、全人類的に見た場合には、解決できない問題はたくさんあります。ただ、この問題という部分は、その根本原因が我々人類のもつ、「欲」であることが、永遠に問題が無くならない原因だと思います。
「マズローの欲求5段階説」というのをご存知でしょうか?心理学者のA.H.マズローが1950年代に提唱したもので、欲求は低次元の欲求から高次元の欲求まで、5段階の階層をなしており、低次元の欲求が満たされると、次の欲求段階に進むといわれています。

 <欲求の5段階>
 1. 生理的欲求:動物的生存の保障に対する欲求
 2. 安全の欲求:危険や脅威から保護されたいとする欲求
 3. 社会的欲求:集団や家族への帰属を求める欲求
 4. 自我の欲求:他者から尊敬や賞賛をされたいとする欲求
 5. 自己実現の欲求:自己の潜在能力や創造性の発揮に対する欲求

この法則に従えば、5.の「自己実現の欲求」が満たされれば、それで終わりのように見えますが、そうではないと思いませんか?私かこれにもう一つ付け加えた、佐倉式欲求の6段階説を提唱したいですね!それが、

 6. 保身の欲求:現在を守りたいとする欲求

です。全てが満たされた人が、最後に陥る無限の欲求地獄が、これだと思います。つまり、この欲求こそが社会システムの破壊と、社会の問題の根源にあると思います。自分の現在おかれた状況を守るために、人は色々な策を講じます。この策は、本人にすれば欲求を満たすための努力ですが、他人から見るとエゴイズムにしか見えないんですね!
ただ、これらの欲求が全て順番どおりには、進まないと思います。例えば戦争取材を続けるジャーナリストは、2~3が抜けて4を求めています。1と5については、基本として誰しも持ち合わせているが、2~4は、その人の性格や環境に応じて、全てが満たされなくても満足すると考えます。モデルにすると下記のような感じです。

<佐倉式欲求の6段階モデル>
 ┌───────┐
 │ 保身の欲求 │
 └┬─┬─┬─┬┘
  │安│社│自│
  │全│会│我│
  │の│的│の│
  │欲│欲│欲│
  │求│求│求│
 ┌┴─┴─┴─┴┐
 │自己実現の欲求│
 ├───────┤
 │ 生理的欲求 │
 └───────┘

人には、この様に様々な欲があり、欲の為に生きていると言っても、過言ではないと思います。
問題の根本が欲にある以上、問題の解決は難しいと思います。しかし、人はそれを克服しようとすることで、成長することは確かです。
この先は宗教観が違うと、納得できないかもしれませんが、キリスト教的に言えば、アダムとエヴァの抱える「原罪」の考え方や、仏教で言う所の「前世/祖先の業」という考え方に近いもので、今現在の自分は努力して欲に囚われず、人の為に生きることが、生きることの使命であり贖罪であるとなり、問題を乗り越えようと努力することに、価値があるって思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-25 12:46 | 趣味

日本語と外国語

英語。。。

中学校(早い所では小学校?)から習い始める英語、この英語をはじめとする外国語が苦手だという人、結構多いいのではないでしょうか?
私自身、外国語は苦手です。中学の英語テストで、3点(100点満点で)を取ったことがあるくらい苦手です。大学の時に第二外国語としてドイツ語を履修しましたが、お世辞にもイイ点は取れて無かったです。社会に出て、業務上必要となる工業英語は、実務と共に覚えて、なんとか仕様書や説明書が読める程度にはなりましたが、苦手なのは変わりありません。PCに入れてある翻訳ソフトは、手放せません。

海外の大学生なら2~3ヶ国語話せるのは、当然なんですが、なぜ日本人は外国語を不得意とする人が多いのでしょうか?
これは、日本語そのものが、世界的に見て特異な言語体系であることが挙げられると思います。
日本の言語体系は、一言で言えば「目で見て会話する」という文化です。つまり、文字にはそれぞれ意味があり、その文字を発音することで成り立つといいものです。そのため日本語は50音を覚えれば、ひと通りの発音は出来るようになります。つまり「あ」と書いてあれば、これは「あ」としか読みません。その反面、「目で見て会話する」とは文字の文化であるため、文字の数が非常に多いのも特徴です。日本語を構成する文字は「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「数字/記号」があります。「ひらがな」と「カタカナ」は同じ数だけ存在し、更に漢字は常用漢字の第二水準レベルでも、相当数の漢字があります。外国の人からすると、日本語を覚える上での壁になるのが、この文字数の多さだそうです。そして、発音数が少なく文字が多いため、同音異義語が数多く存在します。有名なのは「橋」と「端」と「箸」であったり「雲」と「蜘蛛」であったりというやつです。この辺は漢字で書けば一目瞭然ですが、発音するとどれも判り辛くなります。
このように、日本語とは文字によって会話を行う言語体系なのです。

では、外国語はどうでしょうか?外国語の殆どが「耳で聞いて会話する」という特徴を持っています。文字は発音を表す記号でしかなく、文字に深い意味はありません。英語を例に取ると、アルファベット26文字を覚えても、喋ることはおろか、読むことすら出来ません。「o」という文字はonなら「オ」と読むが、oneとなれば「ワ」だし、otherなら「ア」です。この様に文字としてではなく、単語としての発音を覚えないと、喋ることも読むことも出来ません。しかし、文字を発音記号として捉えた場合、各国のアルファベットは、ほぼ1対1で対応するため、それだけ覚えれば意味は判らなくても、発音は出来るようになります(○○訛りというのはありますが)。その為に外国語に対する抵抗が少ないのです。
これは、日本と同じ漢字圏に属する中国や韓国も同様なのです。中国も漢字1字に対する意味は、もちろんありますが、同じ漢字でも組み合わせによって読み方が大きく変わります。それは日本の音読み訓読みの差以上に多く、感じの読み方を覚えるやり方では、中国語は覚えられません。これは、元の発音に対して漢字を充てるという方法で、言語文化が発達したためです。映画「敦煌」を見ると。言語の作り方が出ていますが、同じ発音でも当てる文字が違うために、違う言語となるように考えられています。
このように、海外の言語は発音を聞いて会話を行う言語体系なのです。

日本人は、耳で聞いて会話するという事に、幼少期から慣れていません。昔から学問の基礎は「読み、書き、そろばん」と言われるように、文字を読む、文字を書く事で覚えてきました。文字を聞くという文化はありません。それを外国語の文化では「聞く」事が非常に重要となるため、日本人には馴染みづらいのです。でも、国際化時代を迎えて、英語などの外国語は必須となっています。それを覚えるにはどうしたらいいのか?
英語をはじめとする外国語を覚えるなら、その言語が使われてる国で、1ヶ月くらい生活するのが一番近道です。たぶん、日本の机の上で3年学習するよりも、高い成果が得られます。私の経験ですが、旅行でイギリスへ行ったとき、到着直後の空港では、入国審査官の言っている言葉が良く聞き取れなく、かなりボディゼスチャーが必要だったのですが、2日3日と日がたつにつれ、現地のネイティブ英語が聞き取れるようになり、簡単な会話なら出来るようになります。3日目に行ったフリマで、店のおばちゃんと商品の値引き交渉して、言い負かせるほどに喋れたのには、驚きました。
日本の受験英語は、ハッキリ言って役に立ちません。それよりもネイティブの外国語を話す人と、より多くの会話をするのが、外国語上達の早道だと思います。日本語とは覚え方が違うことを念頭に置き、外国語を覚えるなら、ネイティブの人の覚え方に従うのが、一番だと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-24 11:55 | 趣味

自分の車は自分で守る

NETで見てたところ、こんな記事を見つけました「多発するベンツ盗の手口」自動車盗難は、本当に頭の痛い話である。私自身はまだ盗まれた経験は無いが、盗難届けを出しても見つかる事は稀で、ほとんどの場合は海外に向けて密輸出され、戻ってくる事は無い。また、海外で見つかってもその車両を再度持ち込むには、現在の所有者と交渉し、お金を払い、さらに自分で輸送費を払って持ってこなくてはならないらしい。また、海外に流出していなくても、見るも無残に改造されていたり、部品を持っていかれた残骸として見つかった場合も、その撤去費用は自腹になるといいます。

都内のように普段の生活が電車やバスなど、公共交通機関を使用できる環境に住んでる人であれば、自動車は直接生活に直結するものではないが、私の住んでる群馬県のように、公共交通機関が貧弱な地域では、生活上自動車は絶対に必要なものです。自動車盗難は生活の足を奪われるに等しく、被害に合うと非常に困ります。

マイカーを盗難から守る手段は色々ありますが、第一はキーを付けたまま、車から離れないという事だと思います。特に冬場の寒い時期や真夏の炎天下など、エアコンをつけたままチョットそこのコンビニへ、チョットGSのトイレへなど、付けっぱなしで外に出たい時ってありますが、それをグッと堪えて一旦エンジンを切り、カギを掛けて行く事をオススメします。
他には、イモビライザーの装着とか、つっかい棒をハンドルにつけるとかあります。車両のセキュリティ対策に関しては、「自動車セキュリティ最前線」に詳しく出ていますので、参考にするといいかもしれません。

今の高級車なら、ほとんどイモビライザーが装着されていますが、それだけで安心してはいけません。乗る人の防犯意識がないと盗難は防げません。

防犯は普段の心がけから始まると思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-22 19:18 | 趣味

好きな言葉

自分がこれまでに聞いた言葉で、深く感銘を受けた言葉や、共感した言葉を紹介したいと思います。有名な言葉も多いので、いろんな捉え方があると尾見ますが、私の捉え方で書いてみます。

『やってみせ 言って聞かせてさせてみて 誉めてやらねば 人は動かじ』
旧海軍元帥山本五十六の言葉です。人を動かす際に、絶対に必要となる基本です。
リーダーになると、自分の作業以外にも、部下の作業を面倒見る必要がありますが、部下の仕事って、はっきり言ってリーダー本人がやれば、さほど時間もかからず、スムーズに出来るものが多いんです。だからといって、リーダーは自分が本来やるべき、管理作業等を持っていますので、自分でやることは出来ない。そこのジレンマを解消するために、様々な管理手法が編み出されてますが、基本は全てこの言葉に集約されています。
まず、どんなふうに勧めるのが、一番効率的なのかを、しっかり部下に認識させる作業から開始しなくてはなりません。その為には、ほんの少しでも実務を見せる必要があります。見せた後でその理由を聞かせます。納得したところで、実際にやらせてみて、一定の成果に達したなら、誉めてやる必要があります。部下の立場になると、上司であるリーダーから誉められるというのは、とても嬉しいものであり、それ自体が次の仕事へのモチベーション維持に繋がります。
日本の管理職って、この誉めるってのが下手な人が多いように思います。やってくれた仕事に対して「ありがとう」という感謝の気持ちだけでなく「今回は○○の出来が一番良かったよ!この調子で次も頼むよ!」と、一言付け加えるだけで、その他大勢として埋もれてしまいがちな部下を、OnlyOneの存在として認めてあげる事になります。誉められて悪い気がする人はいませんから、次も誉められるように頑張ります。こうやって組織は動かすものだと思います。
こんな話をすると、それは理想論だって言う人がいますが、リーダーが理想論を、夢を語らなくてどうするのでしょうか?実務を行う部下は辛いのです。その辛さを乗り越えた先に、どんな未来があるのかという夢を、語れないで、人を動かす事は出来ないと思います。たとえ理想論だと言われても、それが正しい事であれば、かならず報われるはずです。

『敬天愛人』
幕末~明治維新で活躍した西郷隆盛が、座右の銘として、鹿児島に作った私学校の校訓にも謳った言葉です。天を敬い人を愛すると読み、「西郷南洲翁遺訓」のなかにある言葉で、「天は道理であり、道理を守ることが敬天である。また人は皆自分の同胞であり、仁の心をもって衆を愛することが愛人の意」と謳われています。
道理の通らない事を、いくら認めさせようとしても、それは無理と言うもの。ちゃんとした道理を踏まえて行かなければ、正しい事も正しくなくなります。会社員をした事がある人なら、経験があるかもしれませんが、急ぎの書類だからって言って、課長の決裁無しに、頭越えで部長に決裁を仰いだら、「ばか者!課長を通せ!」と怒られ、課長に持っていくと頭越えした事を恨まれ、普段ならすんなり通る書類がなかなか通らず、結果として決裁が遅れてしまうなんて事。これは、道理に反した作業をした本人が悪いんですよね!いくら急いでいても、守るべき道理を守らなければ、誰も相手にしてくれません。
西郷隆盛も「人は皆自分の同胞であり」と言っているように、愛人の示す事は「人類皆兄弟」人と人は愛し合う存在であり、そこにあるのは、仁の心であると言うことです。相手は憎むために存在するのではなく、愛するために存在するのだって思えば、醜い争いは起こらないのかなって思います。
天を敬い人を愛する。これを本当に実践できれば、自分を愛し、人を愛し、仲間を愛し、組織を愛し、地域を愛し、国を愛し、地球を愛する事が出来るんじゃないかって思います。

『最も美しい化粧品は情熱だ。しかし化粧品のほうが簡単に手に入る』
化粧品で有名なイヴ・サン・ローランの言葉です。女性の化粧に対して、私は否定的な人です。女性は心が綺麗で、情熱を持って生きていれば、自然に美しく見えると思います。化粧は誤魔化しているだけで、本当の解決をしてないんじゃないかと思います。そりゃ年齢と共にくる肌荒れを補正する、基礎化粧品まで否定はしませんが、美しくあるならまず心からって思います。
どんなに着飾っても、どんなに綺麗にメイクしても、男女が一つになる時は、全て無くなってしまいます。本当に好きな相手には、着飾ってメイクでばっちり決めた姿より、飾らずにすっぴんで接するのが一番じゃないかと思います。化粧に頼らないすっぴんの女性が、私の好みです。

『なくしたものを勘定するな。残っている機能を120%活性化すれば、活きていける』
ハンディネットワークインターナショナルの社長をしている春山満さんの言葉です。本来の意味は、事故などで体が不自由になった人でも、それがあったらと考えるのではなく、まだ動いてる他の機能で頑張ろうよ!って事なのですが、一般に置き換えても、後悔先に立たずという言葉もあるとおり、過ぎた事を「あれが成功してれば○○だったのに」みたいに言っても、空しくなるだけなんですよね。それよりも、今あるものが何か?それをどうやって活用するかってのを考えないと、ダメだと思います。
マイナスのスパイラルに囚われてる人には、是非聞いて欲しい言葉ですね!
[PR]
by naka50ne | 2005-01-11 19:02 | 趣味

好きな馬ベスト10

年代的にはかなり偏っていますが、私が好きな馬ベスト10を書いてみたいと思います。

10位:ホクトベガ
異国ドバイで散った砂の女王です。主な勝鞍は、ベガはベガでもホクトベガで有名なエリザベス女王杯、大爆笑の馬なり18馬身差を付けた川崎エンプレス杯などですが、私がこの馬を好きになったのは、まだダートに転向する前に走ったAJC杯です。この日はたまたま競馬場で見ていたのですが、パドックでよく見えたのは。そして、その時にGⅠ馬でありながら、まったくの人気薄(確か10番人気くらい)になっていたホクトベガ。メッチャ綺麗でした!落ち着いていて、なおかつ内から出る強さは凄かったです。サクラチトセオーは、別格の強さを感じましたが、パドック中で2番目に凄かったのは間違えなくホクトベガでした。結果としてはパドックで見えたとおりでしたが、その時から好きになりました。その後はダートに転向して、連戦連勝の快進撃。でも、ドバイは…彼女にゴールは遠かった…

9位:メジロブライト
メジロライアン産駒の第一期生として登場したスターホースです。その力は3歳(現在の2歳)時のラジオ短波杯3歳Sで開花、クラシック最有力候補として名を連ねました。しかし、クラシック戦線では人気になれど栄光には届かず、イマイチ君になってしまいましたが、ステーヤーズSにて、長距離路線の能力が開花。その後は連勝し、天皇賞を勝ちました。しかし、長距離馬特有のズブさと、運の悪さが重なり、なかなか勝てませんでしたが、親父同様にいつも人気がありました。クラシック不振の責任を取らされて、騎手が松永幹夫から河内洋に代わったことがありましたが、私は今でも、ブライトの主戦騎手は松永幹夫だと思っています。彼にはすごく合ってた馬のような気がします。

8位:キョウエイマーチ
メジロドーベルのライバルであり、タイキシャトルの最初の恋人。彼女が一番光っていたのは、4歳(現在の3歳)でした。松永幹夫の恋人として寒梅賞から4連勝で桜花賞を制し、ドーベルにクラシックで唯一の土をつけました。オークスは距離が合わずに惨敗しますが、秋にはキッチリ建て直し、秋華賞ではドーベルの2着に食い込んでいました。短距離に適正のあった彼女は、その後マイルチャンピオンシップに挑戦し、最後は後の海外GⅠ馬タイキシャトルに抜かれるも、2着を死守し、4歳馬ワンツーフィニィッシュを成し遂げました。ダイタクヘリオス&ダイイチルビー、サクラバクシンオー&ノースフライトに続くカップル誕生か!って思いましたが、輝きはここまででした。その後もGⅡやGⅢは時々勝ったり上位に来ましたが、GⅠでは厚い壁に当たっていました。でも、けなげに逃げる彼女には、なぜか惹かれましたね!

7位:メジロドーベル
GⅠを4勝したメジロライアンの代表産駒です。実はこの馬、牝馬なんですが、名前だけではどう見ても牝馬に見えない馬でした。この馬に注目したのは2走目の新潟3歳S(現在の2歳)でした。マル父でライアンの仔が勝ったらしいぜ!って噂で見た名前がドーベル…そういえば、北野のばあちゃんが、今年は犬シリーズとか言ってたなぁってのを思い出してPOG名簿を見直したってのが最初です。その後はオークスで初GⅠ制覇をすると、陣営は秋戦線を睨んで、オールカマーに出走。この時は目を疑いました!人間で考えれば成人男子の国際陸上予選に女子高生が挑むみたいな感じですよ!はっきり言って無茶だと思いましたが、結果は1馬身以上引き離し圧勝…この馬の底力を感じました。でも、彼女の正体は女番長でした!その後に勝ったGⅠは、秋華賞、エリザベス女王杯×2回です。つまり、対牝馬では無類の強さだったのです。エリ女を勝って引退ってなった時は、GⅠ4勝だし、ナリブー以来の殿堂入りするかなぁって思ったのですが…却下されてました_| ̄|○...残念!

6位:ナイスネイチャ
言わずと知れたブロンズコレクターです。その真骨頂は、有馬記念3年連続3着という偉業だと思います。クラシックの年である91年から、有馬記念に出走してるくらいなので、決して弱い馬じゃ無いんですが、93年までず~っと3着を繰り返し、体力的にも限界に見えた94年の有馬記念、単勝人気は11番人気と低迷してますが、複勝人気が5番人気くらいで、相変わらずの人気者振りを見せていたのは、笑いました。もちろん私も複勝勝ってましたよ(笑)結果は5着でしたが、それまで6着7着8着と、掲示板にすら乗ってなかったのに、掲示板に乗ってくる底力には、感動というより爆笑でした。96年の引退の年は、有馬記念出走を目指してアルゼンチン共和国杯に出走するも15着。往年の力は無くなっていましたが、ファンはなんとか有馬だけは出て欲しいと願い、ファン投票で異例の3位まで押し上げるも、結局出走辞退。直前で脚部不安が出たためでした。イマイチ君の代名詞的存在だった彼は、忘れたくても忘れられない1頭です。

5位:シンザン
競馬の神様です。シンザンの前にシンザン無し、シンザンの後にシンザン無しと言われた名馬です。現役時代はビデオや本でしか知りませんが、その驚異的ともいえる強さと、ゴール盤を知っていたと言われる頭の良さは、もはや伝説です。武田師がナタの切れ味と呼んだその末足は、ゴール前ではキッチリ差しきるが、ぶっちぎって勝つことはしないというものでした。引退レースとなった有馬記念は、「シンザンが消えた」というフレーズで有名ですが、ミハルカスによって外に振られたシンザンは、観客の目の前を通って、差しきり見事5冠を達成しましたが、あれが本当の強さなんだと思います。どんな不利でも、絶対に負けないと言う強さは、特筆だと思います。子供にはミホシンザンがおり、その仔からはマイシンザンが出ています。細々とでも絶えて欲しくない血統だと思います。

4位:マチカネタンホイザ
彼はチョット変わった芸風を持った馬でした。イマイチ君なのですが、真面目なお笑い系なんですね!父ノーザンテーストで母父アローエクスプレスという良血のお坊ちゃま。でも、細川氏に買われた為に、お笑い系に行く事を宿命付けられた彼、レースでは必ず掲示板はGetする几帳面さを見せる者の、GⅠでは連にも絡まないし勝ちもしない。そこへ来て最後の秋は笑わせてくれました。天皇賞の鼻出血回避から、始まってGⅠの度に熱発したりと、回避が続きました。復帰線のAJCCでは勝ってたので、出ていたらひょっとしたらと思いましたが、イマイチお笑い系としては、回避せざるを得なかったのかと、笑っていました。

3位:トウカイテイオー
いよいよベスト3です。皇帝の仔は帝王のフレーズで知られる馬です。父は皇帝と呼ばれた、天下無敵のスーパーホース、シンボリルドルフ。その第1世代としてデビューしました。クラシック初戦の皐月賞までは、裏街道を歩みながらも、そこまで4戦全勝。表舞台を全勝で駆け抜けた父と、常に比較されながらも1番人気で臨み、結果優勝。その後のダービーも勝ち、親子2代無敗のダービー馬誕生となりました。しかしその後、骨折が見つかり秋を断念。無敗の3冠馬誕生は無くなったが、無敗記録がどこまで続くのかが注目されました。復帰は翌年の大阪杯でしたが、ここを完勝、天皇賞に弾みをつけました。ここで待ち構えていたのが、ライバル、メジロマックイーンでした。彼の得意とする長距離の天皇賞で、距離の壁に泣き5着と大敗。しかし、直後に骨折判明。どうやらレース中に骨折したらしかった。しかし回復は早く、秋には復帰。天皇賞を叩いた後、国際GⅠとして認定されたジャパンカップで、海外の強豪を退けて優勝。親子しての勝利となった。続く有馬記念は、体調不良で惨敗。春に向けて調整されたが、ここで3度目の骨折。引退の噂もあったが、なんとか年末の有馬記念で復活。主戦だった岡部騎手には、クラシックの上がり馬ビワハヤヒデがすでにいた。そのため、前年と同じく田原騎手が手綱を取り出走。1年のブランクをものともせずに優勝!まさに奇跡の復活でした。勝利ジョッキーインタビューでは、田原騎手は男泣きで「本当に凄いのはテイオー自身です。テイオーを誉めてやってください」と語りました。後日談で、2着に敗れたビワハヤヒデの主戦の岡部騎手が「他の誰でもなくテイオーに負けたんならいいよ」と言ったそうです。本当にみんなから愛された馬なんだなぁって思います。陣営はもう1つGⅠを勝たせたいということで、その後の調整を進めましたが結局4度目の骨折が判明し、そのまま引退となりました。元々脚元の弱い馬だったので、これ以上走らせて重度の骨折をしなければいいがと、心配してましたが、無事種牡馬になれて良かったです。

2位:ウイニングチケット
残りは2頭!柴田政人にダービーを取らせるために登場した馬です。これまでも、柴田政人にダービーを取らせるだろうといわれた馬は沢山いました。でも、彼はなぜかダービーと縁が無かったのです。一説では、ダービーを回避したミホシンザンの呪いなって声もありましたが、やっとダービーを勝てたのが93年のウイニングチケットでした。レース前、「ダービージョッキーになれれば引退する」と言っていたと言いますが、実際は、「引退するくらいの気持ちで望む」という事だったそうです。ともあれ、この噂は一種異様な熱気を生んでいました。弥生賞を勝った後、今度こそという雰囲気が強かったのが思い出されます。皐月賞はちぐはぐなレース運びで、第3の男ナリタタイシンに足元をすくわれますが、迎えたダービーでは、予想通りの単勝一番人気!みんなウイニングチケットに期待してたんですよねぇ!この時、パドックに張られた横断幕は、「勝利への片道切符1枚下さい。ウイニングチケット」とてもカッコ良かったです。レースは、最後の直線を鬼のような形相で追い込んだ、柴田政人とウイニングチケットが、抜け出しビワハヤヒデとナリタタイシンの追撃を振り切り、優勝しました。今考えると、この世代は非常に強い世代でした。翌年、ナリタブライアンが三冠馬となり、世代間の強さが話題になりましたが、5歳時はビワハヤヒデとノースフライトが締め、6歳時はサクラチトセオーが締め、7歳になってもマイシンザンやエルウェーウインなどが、重賞路線で活躍するなど、世代の力は強かったと思います。柴田政人は、その後落馬事故により引退を余儀なくされましたが、それに歩調を合わせるようにウイニングチケットも輝くを失っていきました。記録だけ見ると、ウイニングチケットはダービーを勝っただけの、一発屋に見えますが、あの時の存在感は他に比類なき輝きを持っていました。

1位:サクラバクシンオー
私自身がHNとしても使ってる馬です。中山競馬場の芝1200mで走らせたら、世界一速い馬と言っても過言じゃないでしょう。しかし彼には弱点がありました。1400mまでならレコードを連発できるくらい強いのですが、1600m以上になるととたんに勝てなくなります。1400mまでの生涯成績が12戦11勝に対して、1600m以上は10戦0勝2着2回という散々な成績になります。彼に惹かれたのはその名前です。サクラ○○オーという馬は、昔からいろいろいますが、バクシンオーという聞くからに速そうな名前に惹かれました。彼は、4歳(現在の3歳)時は単なる逃げ馬だったのですが、古馬になってから抑えることを覚えて、強くなりました。彼のライバルは、1年下のノースフライト。1600mを得意とした馬でしたが、同じ短距離系ということで、何度も勝ち負けをしています。結果としては1400mまではバクシンオーの勝ちで、1600mではノースフライトの勝ちという、完全な住み分けをしていました。後日談で、ノースフライトを管理していた加藤敬二調教師と、サクラバクシンオーを管理していた境勝太郎調教師との間で、「2頭を種付けしたら面白いね!」なんていう、よしだみほ先生真っ青な会話がされていたそうです。彼について特筆するとしたら、忘れていけないのが、仔だしの良さですね!なんと言っても勝ち上がり率が抜群。父内国産の種牡馬の場合、勝ち上がりに苦労する馬が多いのですが、親父の軽快なスピードが良く遺伝するらしく、2歳での勝ち上がりが非常に良いのです。また、初年度産駒からは、ブランディスが昨年の中山大障害を勝ち、2年目からは、ショウナンカンプが高松宮記念を制するなど、既に2頭のGⅠ馬を出しています。今後の活躍にも大いに期待したいです。サクラバクシンオーの血統は、プリンスリーリフトの流れをくむテスコボーイ系に当たりますが、国内ではトウショウボーイとサクラユタカオーが2大勢力となっていますが、トウショウボーイはミスターシービーを初め、多くの重賞勝ち馬を残し、大成しましたが、後継のミスターシービーからは、未だ快音が聞かれず、これで終わりかと思いましたが、サクラユタカオーからも多くの重賞勝ち馬が生まれ、後継のサクラバクシンオーが、まだまだヒットを飛ばしそうな感じなので、とりあえす安泰と言えそうです。

かなり、長文になりましたが、これが私の好きなベスト10です。はまっていた時期が一時期に集中してるので、かなり偏っていますが、その辺はご容赦ください。今でも時々競馬は見ますが、当時のようなのめりこみ方が出来なくなってます。これは、ひとえに競馬場へ行きづらくなってしまったため、パドックが見れないことにあります。TVだと楽しさも半減なんですよね!やっぱり競馬は生で見るに限ります。競馬を単なるギャンブルだと思っている人は、ぜひ競馬場へ足を運び、パドックを見てください。調教師や厩務員が丹精こめて仕上げた、ピカピカの馬たちに出会えます。1頭1頭違う表情で歩いてる様は、1日見てても飽きませんよ!

最後に全てのランキングをまとめます。
1位:サクラバクシンオー
2位:ウイニングチケット
3位:トウカイテイオー
4位:マチカネタンホイザ
5位:シンザン
6位:ナイスネイチャ
7位:メジロドーベル
8位:キョウエイマーチ
9位:メジロブライト
10位:ホクトベガ
[PR]
by naka50ne | 2005-01-09 23:51 | 趣味

幕末の志士では誰が好き?

太平の徳川の世から、黒船ショックにより開国する幕末の様は、戦後の太平から、バブル崩壊にてデフレ経済に突入した現代に、非常に酷似しているように思います。
そんな中、みなさんの好きな幕末の志士は、誰でしょうか?
有名なところでは

倒幕方
・西郷隆盛
・桂小五郎(木戸孝允)
・大久保利通
・高杉晋作
・坂本竜馬
・岩倉具視
・吉田松陰

幕府側
・徳川慶喜
・松平容保
・近藤勇
・土方歳三
・沖田総司
・勝海舟
・榎本武明

って所でしょうか。他にも沢山の志士が活躍した幕末ですが、みんな共通した「日本をもっよ良い国にしたい」って意識の元に集まった人だと思います。アプローチの違いで敵対したけど、衝突することでより良い社会を生み出した功績は、どちらも変わらないと思います。
ただ、人気という面で見ると上位に来るのは

・西郷隆盛
・坂本竜馬
・高杉晋作
・近藤勇
・土方歳三
・沖田総司

この辺りでしょうか。逆にあまり人気にはなりそうに無いのは

・大久保利通
・岩倉具視
・徳川慶喜
・松平容保
・榎本武明

この辺かなぁって思います。
これらを分けてる物って何なのでしょうか?
大河ドラマでやったとか、そういう類ではなく、「不器用でも信念を貫いてるか?」って点なのかなって思います。人気が出そうな人に共通してるのは、幕末~明治維新という激動の中で、沢山の人に影響を与えながら、維新の矛盾を飲み込むように散っていった人たちじゃないかと思います。
逆にあまり人気にならなそう(失礼ですが)な人って、知略謀略に長けていて、最後まで生き延びた人たちであるように思います。いわば頭のイイ参謀タイプの人と言いますか、情に訴える部分が少ない人のように思います。

私が好きなのは、なんと言っても西郷隆盛です。ついて行きたくなる魅力を持つリーダー像として、尊敬している人の一人です。また、生涯の座右の銘とした「敬天愛人」の精神も、非常に共感できる部分です。
みなさんはどうですか?
[PR]
by naka50ne | 2005-01-05 16:58 | 趣味

涙は心の潤滑剤

人は辛い事が合った時や、嬉しい事が合った時など、泣きたい時っていうのがありますよね!みなさんはそんな時、どうしていますか?必死で涙を堪える人、人目をはばからず大泣きする人、人目を忍んで影で泣く人、その形態は様々だと思います。

でも、どうして泣きたくなるのかな?って考えた事がありますか?
自分が悲しい気分の時、最高に嬉しい時、惨めな自分が悔しい時、腹の底から怒る時、心から恐怖を感じた時、相手に同情した時など、いろんな場合に泣きたくなりますよね!あばれハッチャクでは「父ちゃん情けなくって涙出てくらい!」(←歳バレバレ)なんてのもあるくらい、人の感情と涙って深い関係があるような気がします。
また、この泣くって行為、思いっきり泣いた後って、なんかスッキリしませんか?いままで、どうでもイイ事で悩んでたような気持ちになって、急に吹っ切れると言うか、目の前が明るくなるような感じ!
これって、なんでも科学的に解明されているらしく、涙を流すと脳内に快楽物質が流れるようになるかららしいのです。また、永井俊哉氏のHPでは「人はなぜ泣くのか」として取り上げられているが、涙は元々目の中に入ったゴミを、洗い流す目的で出れ物だが、感情的な涙は物理的なゴミではなく、気持ちの上でのゴミを洗い流してくれる役割りがあると言っている。

私はこれを読んで、ものすごく共感しました。泣く事で、心の中にジリジリと溜まってしまったストレスを、解消できるなんて素晴らしい事だと思いました。昔は、男は泣くもんじゃない!なんて言われましたが、俺の考え方は少し違います。感情を表して泣ける人こそ、信じるに値する人なのかなって思います。涙を流さない人は、心の何処かで警戒してるような気がして、好きになれない。それよりも涙をいっぱい流して泣ける人の方が、すごく共感が持てるのだ。まぁ私自身が、喜怒哀楽で普通に涙を流す方なので、それを隠す人に警戒心を持っているだけかもしれないですがね。

涙は心の潤滑剤であるような気がします。いろいろな場面で泣きたくなった時、思いっきり泣いてみるのは、イイのかも知れないですよ!泣いて、泣いて、泣いて、泣き疲れて一眠りできれば、きっと新しい何かが見えるような気がします。
あなたは最近泣いていますか?
ストレスを溜めるくらいなら、おもいっきり泣いて発散した方がいいですよ!


<思いのままに>

受話器の向こうで
あなたは力なくつぶやく
全てが僕には叶わぬ夢と

いつでもまぶしく
思えた少年の輝き
見えない明日にあせてしまうの

ただ一度苦しみに負けただけで
星空の片隅でひざをかかえ

思いのままに生きよう
必ずそばに味方はいるから
流されないで生きよう
悲しみが降る日も

あなたの涙に
なりたい微笑みが生まれる
らせんを描いて夢をつかむの

せつなさをあと幾つ胸にすれば
僕たちは安らぎを知るのだろう

思いのままに生きよう
あなたのほかにあなたはいないの
答えなどない世界を
あきらめることなく

思いのままに生きよう
いつでもそばに私はいるから
流されないで生きよう
正直な心で

作詞:平出よしかつ
作曲:亀井登志夫
編曲:萩田光雄
唄:南野陽子
[PR]
by naka50ne | 2004-12-31 01:00 | 趣味

タイヤを買いました!

この時期だからスタッドレスタイヤを買ったの?って思うでしょうが、そんな事ありません。バリバリの夏タイヤです!冬場に山へ行く事はほとんど無いので、あまりスタッドレスタイヤの有用性を感じないのです。路面の凍結なんてのも、雪国のように全面が凍っているのならともかく、小さな水溜りが凍ったくらいなら、滑る事なんてまずありません。

なんでこの時期に替えたのかというと、今の車を買ったのが昨年の11月末ですので、丁度1年経ち、当時新品だったタイヤも約40000kmを走破し、既に横溝0mm、縦溝消えそうという、大変ヘヴィな状態だったので、交換しました。
交換したタイヤは、フランスのContinental系列が出している「BRAVURIS」にしました。決め手はなんと言っても安さです。私の買った205/65R15 94Hというサイズは、通常の国産メーカー製では、1本11500~17500円ってのが、普通なんですが、なんと破格の1本5200円でした!それでいて品質は特に悪くないっていうか、国産コンフォートタイヤと同等です。

もうこれは買うっきゃないって事で、先月予約して本日履き替えました。
乗った感想は、とても静かだなぁって事です。今まではYOKOHAMAのデシベルを履いていましたが、静寂性では時に見劣りするとは思いません。また、走破性もきついヘアピンを60kmほどで走って見ましたが、しっかり食いついています。また、150kmくらいまで出してみましたが、安定性もなかなかでした。費用対効果としては、かなりハイレベルにあると思われます。タイヤショップの人も「このタイヤはフランス製のため、国内での認知度はイマイチですが、性能的にはかなりオススメです。」との事でした。なんで安いのか聞いたところ、海外は国内に比べ平均安いのと、円高のおかげで、安い在庫が多いとの事でした。本当に掘り出し物を当てた感じです。

その後で、オイル交換もしました。いつもは鉱物オイルと添加剤のセットにするんですが、今日はボーナス後という事もあり、部分合成湯と添加剤のセットにしました。オイルを換えた感想は、すげぇ…こんなに変わるのか…って感じでした。初めて添加剤を入れてときもそうでしたが、乗ったときの加速感がおおきく違います。たぶんエンジンシリンダー内のピストン運動に、変な負荷がかからないからだと思いますが、たった1000円の違いで、これはすげぇだろって思いましたね!

車のケアって、しっかりやっておけば、車が長持ちします。私の車は、通勤でプライベートで、もの凄い走行距離を1年で走ります。なので、今後もしっかりとした車のケアをしたいと思います。
[PR]
by naka50ne | 2004-12-11 21:55 | 趣味

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな