佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

カテゴリ:未分類( 20 )

あっぱれさんま大先生といえば記念樹

Excite エキサイト : 「あっぱれ」さんまシリーズ 21年の歴史に幕

もう21年も経っているんですね!
第一期の頃は、本当に良く見てたなぁ・・・

あっぱれさんま大先生と言えば、やっぱり思い出されるのが、『記念樹』事件ではないでしょうか?
服部克久の作曲したこの曲が、小林亜星の作曲した『どこまでも行こう』に似ており、著作権を侵害されたとして、訴えた事件です。
Wikipedia : 記念樹事件

この判決以降、『記念樹』は公の場所で歌う事が禁止されてしまいました。
これは、小林亜星が小学校など、この歌が使用される可能性のある関係各所に、不使用の通達を出した為です。
これは、非常に残念な事としか言えません。

元々、記念樹はあっぱれさんま大先生で、子供たちが挙げたフレーズを、天野滋が纏め上げたものに、服部克久が作曲した曲を付けたものでした。いわば、子供達の目線で作られた歌詞となっており、TVの中だけでなく、広く親しまれていました。

著作権云々の話は、いわば大人達の都合であり、この歌を愛する子供達には、なんら問題はなかったはずです。それを、使用禁止にする動きと言うのは、正直なところ子供の心を踏みにじった行為としか言えないと思います。
せめて、著作権料の支払い等の措置により、この歌が復活してくれる事を祈っておりましたが、番組終了と言う事で、その実現はなくなってしまいました。

今、世間ではガンダム30周年記念に伴い、全国の個人有志が作成した、ガンダム像が有名になったりしています。その殆どは、金銭的な授受があるわけ出ではありません。中には、近所の子供達のためにとして、作成されたものもあります。
こういった、子供たちに夢を与えるものに対して、大人の都合による法規的措置や撤去など、子供の夢を壊す事は、止めて欲しいと思います。
もちろん悪質なものに対しては、法規的措置による著作権料の徴収は必要だと思いますが、矯正撤去など子供達の夢を壊さないようにして欲しいものです。

More
[PR]
by naka50ne | 2009-07-27 11:58

酔えぬ酒

酔えぬ酒

自棄になって呑む酒は
何故かいつも酔わしてくれない
楽しく呑んでいるときは
すぐに酔ってしまうくせに
 
酔いたくて呑む酒は
いつも悲しい味がする
悲しい味のお酒では
どんなに呑んでも酔えない俺
 
酔ってグダを巻けたなら
どれだけ楽になるのだろう
酔って何も考えず
静かに眠れる夜が欲しい



闇夜

闇夜に輝く無数の星屑は
幾千光年の彼方から届く輝き
星屑の放つ優しい灯りは
俺の疲れた心を癒やしてくれる
 
明るく照らす満月は
激しく熱い太陽のかけら
優しく包むその温もりは
時の流れを忘れさせてくれる
 
都会で見上げる夜空には
眩しいネオンが反射してる
汚れた空気に澱んだ空は
いったい何を語るのか
 
田舎へ帰ろう
澄んだ空気の中で星達と語ろう
そして美しい月を感じよう
自分が自分であるために
[PR]
by naka50ne | 2009-07-08 22:51

本当の恋の物語

インド人女性、恋人の死体と結婚 | Excite エキサイト

不倫だ浮気だ援助交際だと、男女の関係が乱れまくっている現代において、少しホッとさせるニュースです。

彼女の彼に対する深い愛情と、それにかける彼女の強い意志が伝わってきます。

地元警察官は、「花嫁衣装を着て数分後、彼女は未亡人となってしまいました」とコメントしたというが、彼女は息をして話しかけてくれて抱きしめてくれる彼を失ってしまったが、いつまでも思い出の中で彼女を愛してくれる彼を手に入れることが出来、現実の一人身を考えた時に本当の愛本当の美しさを手に入れたのだと思います。

捕らえ方は、人それぞれだと思いますが、久々に心が温かくなりました。
彼の冥福と、彼女の幸せを願います。
[PR]
by naka50ne | 2007-03-14 12:58

忘れない想い

夜空に輝く星のように

無数の出会いがあり別れがある

雨に濡れた深夜の0時

突然消えた君の面影

今でもはっきり覚えてる

どれだけ月日が経とうとも

忘れる事は無いだろう

いつまでも待っていると決めた夜

鳴らない携帯見つめ

今日も夜が更けていく


この世に生きるとは

出会いと別れの繰り返し

偶然出会った相手でも

心に残ることがある

偶然と必然は裏表

どれだけ月日が経とうとも

忘れる事は無いだろう

いつまでも待っていると決めた夜

鳴らない携帯見つめ

今日も夜が更けていく
[PR]
by naka50ne | 2006-03-18 17:24

心のトゲ

人が人としてこの世に生まれた瞬間は無垢で純真だ。

しかし、一度産み出されたこの世の中は、
決して順風満帆とはいかない。

我慢することを教え込まれ
競争することを強要され
過度な期待や、無責任な放任主義に悩み

いつしか人は、忍耐というプロテクターを身にまとう。

人を愛するようになると、
出会いに喜び、
別れに涙を流し、
裏切りに絶望する。

そして、人は心に疑いというトゲを持つ。

大人になった時、心に纏ったプロテクターとトゲは、
相手を傷つける武器になっていることに気づく。

自分が一番したくなかったはずなのに、
自分が一番傷ついていたはずなのに、
その自分が相手を傷つけている。

耐えられない心の痛み。
それは傷つけてしまった相手の痛み。

激しく落ち込む自己嫌悪の日々。

もう、誰とも関わりたくない。
一人でいれば、誰も傷つけない。
自分が我慢すれば済むこと。

でもさ、それは違うよ。
心のトゲは、悪意を持たない限り凶器にはならない。
傷つけてしまったと思っているのは、自分だけだよ。
誰も傷ついてなんかいないんだよ。
みんな心にはプロテクターを持っている。

もう、悩む必要は無いよ。
自分を責める必要は無いよ。
君は誰も傷つけていない。

君の個性を大切にして欲しい。
この世に二人といない大切な君だから。
[PR]
by naka50ne | 2006-02-26 13:54

君へ

自分で望まないことを我慢するのは、とても辛い。
他人の気持ちを考え、自分の気持ちを殺すことも辛い。

我慢には、必ずついて回る辛さ。

でもね、我慢するだけが人間じゃないよ。
自分を認めてもらう事も、時には大事だよ。

理不尽な我慢は、心を歪め、
度を越えた我慢は、精神を崩壊させる。

耐えたから偉いんじゃない、
耐えることで、何を得たのか?
耐えることで、何が得られるのか?
これが重要だ。

自分を虐めないで欲しい。
自分を責めないで欲しい。
自分にしか出来ない、自分の良さを発見して欲しい。

自分が自分であるために・・・
ファイト♪
[PR]
by naka50ne | 2006-02-25 13:16

放置プレイ

気が付いたら、一ヶ月も放置プレイしてました・・・
朝も昼も、平日も休日も無いような感じでして・・・
もう少ししたら更新しますので、それまでお待ちくださいm(_ _)m
[PR]
by naka50ne | 2005-10-20 14:34

童謡『さっちゃん』

絵版w

stmyuちゃんの所で、気になった記事があったので、少し調べてみました。

これは、チェーンメールか何かで出回ったようなのですが、皆さんの良く知っている童謡の『さっちゃん』ですが、どうやら10番まであるそうです。

ここから先に歌詞を載せますが、怖いのが嫌な人は見ないで下さい。

準備はOK?
[PR]
by naka50ne | 2005-09-18 00:21

真に申し訳ない

ネットワークに接続できない状態が、しばらく続く形になりました。
そのため、更新が滞ります。
レスについては、ネットワークが回復次第、したいと思いますが、現時点で最短でも9/6以降となります。巡回してくださっている方には真に申し訳ありませんが、ご容赦願います。
[PR]
by naka50ne | 2005-08-26 18:31

中国の古典「呻吟語」

先日読んだ本で、中国の古典『呻吟語』の中にある文章が紹介されており、非常に心打たれました。


貧しきは羞ずるに足らず。羞ずべきはこれ貧しくて志なきなり。
賤しきは悪むに足らず。悪むべきはこれ賤しくして能なきなり。
老ゆるは嘆くに足らず。嘆くべきはこれ老いて虚しく生きるなり。
死するは悲しむに足らず。悲しむべきはこれ死して聞こゆるなきなり。


これを、口語訳すると、「貧しくても恥じるものではない。本当に恥ずべきは、貧しい事を理由に志を無くす事である。地位が低い事を卑下するものではない。本当に卑下するべきなのは、地位が低いのを理由に才能を磨かない事である。老いていく事を嘆く事は無い。本当に嘆くべきなのは、老いを理由に目的を無くすことである。死んでも悲しむ事は無い。本当に悲しいのは、死んでも誰も泣いてくれない事である。」という事である。

日々を振り返ったとき、「貧しきは羞ずるに足らず。羞ずべきはこれ貧しくて志なきなり。」という事は、本当に肝に銘じないと、ダメになると思いました。確かに、貧しくて生活するだけで手一杯になってくると、本来自分が持っていた、大きな目標というのが、ぼやけてしまい見えなくなってしまうように思います。どんなに、貧しくても志だけは忘れずに生きる事で、心だけは貧しくならずに生きられるのかなって思います。

「賤しきは悪むに足らず。悪むべきはこれ賤しくして能なきなり。」と言う言葉は、今の若い人に掛けてあげたい言葉です。最初から地位や名声を持っている人なんていません。二世社長なんかになっている人だって、それなりに自分を磨かなければ、会社はあっという間に潰れるか乗っ取られます。大事なのは、今の与えられた仕事ならココまでやれば良いというのではなく、もう一歩進んで高所大所からその仕事を見つめなおし、自分を磨く事をプラスアルファとして仕事をする事で、もっと高いステージへ進めるという事だと思います。

年老いてきた両親に、「老ゆるは嘆くに足らず。嘆くべきはこれ老いて虚しく生きるなり。」という言葉を教えてあげたいです。人生にメリハリを付けるには、やはり目的が必要だと思います。長期的なものではなくても、何をしたいという確たるものを持っていると持っていないでは、人生の重みが違います。そして、それは生きたいと思う気持ちに繋がると思います。

これは、自分に言い聞かせたい言葉です。「死するは悲しむに足らず。悲しむべきはこれ死して聞こゆるなきなり。」やはり、死ぬ事は天命であれば仕方ない事だと思いますが、生きた証として、人の記憶に何も残らないのは、悲しい事かなぁって思います。人の記憶の中で生き続けられるような人間になりたいなと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-08-14 10:06

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな