佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

幸運は待っても来ない

運の良い奴というのが存在する。何をやってもそれなりに成功するし、何故そこで援助が出るのか、何故にそこで情報が取得できるのか、運が良いとしか言いようの無いという人を見て、自分はなんて運に恵まれないのだろうか・・・と、思った事が誰でも一度や二度あるのではないだろうか?

そもそも幸運とは、どんな状況を指すのだろうか?
例えば、
仕事で行き詰っている時に、解決の糸口を教えてくれる本に出会う。
恋人と不仲になって別れる寸前の時に、もう一度やりなおすチャンスが訪れる。
銀行から融資を断られて、途方に暮れた時に出資希望者が目の前に現れる。
自分には高嶺の花とあきらめていた人に、急に愛を告白される。
モノが売れずに経営不振となっていたが、過去の商品があるニュースをきっかけに大ヒットし、経営を立て直せた。
などなど、これらはとても幸運な事である。つまり幸運とは、厳しい状況を一気に打破してくれるような力が、偶発的に外部から巻き起こり、それを享受出来る状態を指す。

でもこの幸運は、本当に偶発的に起こったのだろうか?
それは違う。幸運は決して偶発的に起きるものではなく、必然として起きている。普段から本を読む習慣の無い人は、本に出会うことはないし、恋人を良く観察できていない人に再チャンスはないし、出会った人々に優しくして来なかった人を助ける人もいないし、良い製品を作ってない企業は評価されることも無い。
いわゆる、今をどのように生きたか、どのように行動したかで、次に訪れる幸運を、掴めるか否かが決まってくるのである。
「何もしていないのに○○出来た」という体験談がよく紹介されているが、これは意識レベルの違いであり必ずその幸運に繋がる何かをしているはずである。つまり、意識して何かをしているうちは幸運にめぐり合う事は無いが、その行動が習慣となり無意識で動くようになって初めて幸運にめぐり合うという事である。
逆に、本屋にも行かず遊び呆けて、他人を大切にせず、ごまかしばかりの粗悪品を作っている人には、どんなに望んでも幸運にめぐり合えない。めぐり合うのは借金苦であったり、奈落の底に落とされるような不幸ばかりである。

幸運にめぐり合うのは、良い習慣をどれだけ多く身につけているかという事であり、その良い習慣を身につけるのは他ならぬ自分の意思である。幸運を掴みたければ、自ら率先して自分改革を行い、良い習慣を身につけることが、最短ルートである。
[PR]
by naka50ne | 2006-09-15 12:04 | ビジネス

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな