佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

介護保険制度の改悪

どうやら、今年の4月から介護保険の適用判定について、大幅に変るようです。
これは先日、自宅に来ているケアマネージャの方から聞いて初めて知りました。

その内容の骨格としては、「介護認定の方式を認知症(つまり痴呆)に限り等級を重くし、どんなに四肢が不自由で寝たきりでも認知症の状態が見られない限り、等級を低く設定する。」というものです。現在、設けられている等級は要支援、要介護1~要介護5の6段階ですが、これに要支援2という等級が加わり、従来の要介護1~要介護3の人は、ほとんどの場合要支援2となり、介護給付が半減~2/3減となり、自宅療養は事実上不可能となります。

私の家に来るケアマネージャさんの担当で、完全寝たきりで下の世話もしてもらわないと自分では何も出来ないおばあさんがいるそうなのですが、その方は従来は要介護5という最高レベルの保護を受けており、その恩恵で通院したり、通所による入浴をしたり、ヘルパーによる介護を受けていたそうです。しかし、そのおばあさんは、寝たきりとはいえ意識はしっかりしており、年相応の衰えはあるものの、認知症と言うほどのレベルではなかったようなのです。そのため、毎年ある更新の時も四肢は動かずとも、受け答えはしっかりと自分で行ったそうです。その結果、認知症の症状が認められないという理由により、要介護1の認定になってしまいました。等級が低くなると、受けられるサービス料が減る事となり、高い費用の掛かる通院(寝たきりの場合、介護タクシーなどが必要な為、1回の通院で万単位のお金が掛かる)や下の世話があるヘルパー(ヘルパーもランクがあり、下の世話などは最高ランクの費用がかかる)は受けられなくなりました。4月からどうやって生活しようか途方に暮れているそうです。

障害者の自立支援法といい、今回の介護保険の改悪といい、国の方針は『身体に障害を負った人間は早く死ね』ってことなんですかねぇ?バブル崩壊以降の平成不況により、介護する側も経済的ゆとりのある人は少ないのが現状です。孤立無援となった弱者は、自分ではどうにもならない状況の中で、国の圧力で殺されます。なんて酷い国なんでしょうね・・・

ウチの両親も先は長くないようです。
[PR]
by naka50ne | 2006-03-30 10:09 | 日常

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな