佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

信じる?信じない?

私が、日ごろから後輩を注意したり指導したりする際に、気をつけていることとして、『人は信じろ、仕事は信じるな』というのがあります。
これは、どんな事を指すのか?
まず、最初の「人は信じろ」の部分ですが、普通に生活している中で、よほどの悪人や、相手を貶めようとしたりしない限りで無い限り、やってはいけないと言われている事や、仕事をするという中での決まりは守ろうとすると思います。
仕事上での失敗は誰にでもありますが、本人に確認すると「ちゃんとチェックしたはず」、「仕様書の通りには作ったはず」という事が必ず聞かれます。ここで重要なのは、本人は本気でそのように思い込んでいることです。実際は出来ていなくても、本人の認識としては『出来た』なのですから、これは誰も咎め様がありません。
よく、失敗をするとそれを「お前が悪いんだ!」とか「もっとしっかりしろ!」などと、言う人がいますが、これでは、注意された側は何が悪いのか、どうして駄目なのかが判らず、人によっては二度三度と同じ過ちをしてしまい、周囲からは「駄目社員」の烙印を押されてしまいます。
ここで重要なのは、失敗するに至ったプロセスを、失敗した人間と共に見つける事なのです。
どこが悪かったのか、どんな考え違いをしたのか、なにをもって出来たと判断するに至ったのか、などをヒヤリングしていく事で、失敗をした人間自身がその間違えのプロセスに気づきます。もちろん、間違えのプロセスは1つではない事が多いですから、その辺はヒヤリングにあたる人が、根本原因に突き当たるまで「なぜ」を繰り返す必要はあります。
このように、失敗に至るプロセスを理解した人は、同じ過ちは起こしづらくなります。これを積み上げる事で、部下のレベルの底上げになります。

次に、「仕事は信じるな」ですが、人は絶対に過ちを犯します。どんなに信用できる人間であっても、社長であっても会長であっても、総理大臣だって間違える事なんかいくらでもあります。だからこそ、結果として出てきたアウトプットは、まず疑って掛かる事が重要になります。
「どこか間違っているはずだ」、「どこかに抜けがあるはずだ」そういった気持ちで見る事で、意外な落とし穴が見つかるものです。原理としては、相手が嫌いな相手だと、その相手の悪い部分が目立って感じると言うのと同じです。駄目だと思って見るからこそ、間違えも見えるようになります。

『人は信じろ、仕事は信じるな』ってのは、人間関係を円滑にさせて、かつ、きっちりとした仕事が出来るものです。「あの人のやったものだから大丈夫」とか「あいつがやった物だから駄目」とかそんな事は有り得ないのです。しっかりとしたプロセスを経たモノは品質が良く、プロセスをないがしろにしたものは品質が悪い。
良いものを作るのは。全てプロセスを如何に管理していくかです。
教育においても、そのプロセスという概念を植えつけるのが、一番重要だと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-11-24 21:29 | ビジネス

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな