佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

やれと言われればやりますよ

これは、先日の打ち合わせて、私が営業に言った言葉です。
現在、マネジメントしているプロジェクトは、前月も書いたとおり、非常に厳しい中をなんとか収めようと、必死でもがいている状態です。なんとか、マイルストーン(目標とした達成期日)は、なんとか守りながらも、いつ沈没するかも判らない、綱渡りの毎日です。
そんな中で、初期から唯一残っており、仕様を一番押さえているメンバを含む、協力会社の人達が、今月一杯でプロジェクトを去るという話が持ち上がりました。良く話を聞いてみると、前プロジェクトに端を発した会社間での揉め事が大きくなってしまい、政治的圧力により強制撤退するという事でした。
そこで、営業の方から、「佐倉くん、彼らの仕事を本当に引き継げるかい?」という問いに対して、私の回答が、表題のようなものでした。

私の仕事は、プロジェクトをまとめて、お客様が要望を叶えつつ、赤字を最小限に食い止めて、プロジェクトを終了させる事です。そういった中で起きた今回の政治的な変革、ここで頑張って引き止めたとしても、それにより赤字を増大させたり、納期遅れが発生するのが最大の悪です。無茶は承知の上でも、資料一式の引継ぎと、業務の引継ぎを行い、当てになるメンバを再投入して収めるほうが、得策だと考えた上でした。
もちろん、これによる作業量の増大は、私が家に帰ることを大幅に拒むかもしれません。
また、メンバの数が現実問題として足りなくなります。小さな会社なので、プロパとして使えるリソースは、かなり貧弱です。どうやってメンバを確保するかという問題が、目の前に突きつけられます。打開策としては、別の協力会社の発掘、営業サイドからの人材貸与、緊急求人(アルバイト含む)などが考えられますが、時間やスキルなどを考えると、現実的ではないのが実情です。

「やれと言われればやりますよ」という言葉の裏には、営業もこの実情を把握していますので、一緒に被ってもらいますよという、皮肉も込めた言葉です。もっと突っ込んで言えば、営業サイドでこの流れを止められなくて、こちらに負荷をかけるなら、その対価は頂きますよという、事も含んでいます。
営業の方も、即座にそれは感じ取ったようで、「まぁ、こっちでも頑張ってみるよ」と言って散会になりました。

来週からは別のプロジェクトも稼動を始めます。そして、来月からも別のプロジェクトが稼動する予定です。現在のプロジェクトを含め、一時的には三足の草鞋を履く事になりそうですが、これは自ら社長に直訴して行ったものですから、悔いはありません。
人無い、金無い、期間無いという三重苦のヘレンケラー状態ですが、なんとか出来ると信じて進まないと、くじけそうになってしまいます。若いうちの苦労は買ってでもしろと言いますから、
『成せばなる 成さねばならぬ 何事も』
という気持ちで、チャレンジして行こうと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-11-19 17:39 | ビジネス

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな