佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

前橋高崎の確執

前橋vs高崎!

群馬県は中心部に前橋市と高崎市という大きな市が2つある。正確には、渋川市や伊勢崎市も隣接しているが、やはり群馬の中心は、前橋と高崎である。
この2つの市は、それぞれに「県庁所在地の前橋」「交通の要所の高崎」という違った特色を持っており、その状態は以前の埼玉県の浦和市と大宮市の関係(どちらも、現在は合併しさいたま市となる)と、非常に良く似ている。
平成の大合併のさきがけとして、浦和市、大宮市、与野市が合併して「さいたま市」が誕生したが、どうやら、前橋市と高崎市は、合併する意向は全く無いようである。これは、前橋と高崎が全く異なる文化として発展してしまったためといえる。そう、今でこそ隣接していて交流の深い両市だが、その成り立ちは利根川という広大な川を挟み、全く別の地域だったのです。文化圏の違いは、方言にも現れており、高崎と前橋では方言が全く違います。
この辺は、各市の成り立ちが大きく違うからに他なりません。

前橋は、古くは厩橋と表され、古くは戦国時代に厩橋城として登場するように、北条氏、上杉氏、武田氏が覇権を賭けて争った地域でした。江戸時代以降は生糸産業を中心として発達し、前橋生糸と言えば、国内でも随一の品質を誇ると言われるほどでした。幕末以降は前橋生糸は輸出の花形となり、さらに発展を遂げました。群馬県の富岡市に最初の官営工場「富岡製糸」が出来たのも、この前橋生糸を製品にするためでした。また、現在の前橋工業高校は、この官営富岡製糸工場の技師官を養成する学校として誕生しており、前橋と生糸の繋がりの強さを表しています。生糸を中心として発達した前橋は、明治に入り廃藩置県によって県庁が置かれ、県庁所在地としての名誉を手にしましたが、これには大きな混乱がありました。内容は高崎の中で書きます。

一方、高崎は東に利根川、南に烏川、北に吾妻川という大河川がある上に、西には榛名山があり、天然の要塞として古くから戦略拠点として重要な場所とされてきました。徳川家康が上野に入った際に、まず高崎を直轄地としたのも、その為です。また、越後や信州から江戸へ向かう為には、必ず高崎を通る必要があり、そのために交通の要所として栄えた宿場町です。江戸時代に入ってからは、佐渡で採掘された金が柏崎の港から集められ、高崎藩の直轄である倉賀野から、江戸へ向けて船に載せました。当時の利根川で金を運べる商船が入ってこれる最終地点が倉賀野だったのです。幕末になると、新政府軍が高崎を押さえ、西郷隆盛が明治政府の陸軍を組織した時、その直轄地となったのです。現在も高崎市のすぐ北にある榛東村に陸上自衛隊の基地があるのは、その名残です。明治の廃藩置県では、県庁を置く有力候補地となりましたが、先の陸軍が高崎を直轄地としていたため、中央省庁の出先機関が軍を監視するのかというような、政治的論争に発展し、最終的には候補地として挙がっていたもう一方の幕府直轄地である前橋に、県庁を持っていかれてしまったという歴史があります。

このように、前橋と高崎では文化と歴史があまりにも違うにもかかわらず、隣接しているが為に常に比較の対象とされたことが、今日のような確執を生んでいます。とは言っても、確執を続けているのは、議員や市役所のお偉いさん方だけで、市民は文化や歴史が守られるなら、合併してもいいんじゃないの?ってのが大半です。戦後、利根川に数多くの橋が掛かるようになり、市民の交流が盛んになると、昔のように「前橋だから」とか「高崎だから」とか言う人は少なくなりました。

群馬は中心部に前橋、高崎、渋川、伊勢崎という市があります。これらが合併することは、さいたま市が成功しているように、大きなメリットがあるように思います。つまり、北関東の中核都市となれる土壌を持っています。過去の政治的駆け引きに奔走するのではなく、もっと建設的に未来を見つめた行政をやって欲しいなぁって思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-07-30 14:17 | 日常

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな