佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

チョット変だよ

この所忙しくてブログの更新もままなっていませんが、先日プロジェクトの本体がある都内某所へ行ってきました。初めて上の方々と顔合わせをした形だったのですが、そこで感じたものは、企画・設計サイドと実際の作成サイドで、技術力に対する認識にあまりに大きな差があるという事を感じました。

企画サイドとしては、あくまで顧客をベースに考え、必要な機能と実現したいデザインの大枠を決めるのは判ります。それが設計サイドに落ちてくる場合、設計サイドは企画サイドが実現しようとしている機能に対して、その実現性や、設計/作成工数が予算に見合うかという検討を行う必要があります。これを行う為には、設計サイドには高度な技術力が必要になります。しかし、設計のみしか行ってない人は、総じて技術力が高くありません。その際に必要になるのが、実際の作成サイドとの密な連絡と、技術力ベースでの問い合わせであってしかるべきなのですが、どうもココって上手く機能してないんです。どうも、担当者の中では『企画 ⇒ 設計 ⇒ 作成』という上下関係があると認識してる人が多く、上の人間が下の人間にお伺いを立てるってのは、抵抗があるようなのです。確かに金額ベースで行けば『企画 > 設計 > 作成』という事になるので、上位工程へ行けば行くほど、旨みは大きくなるのですが、それが上下関係に結びつくものではありません。
同じ物を作っていて、予算内でなるべく良いものを作ろうという意識があれば、本来は『企画 ⇔ 設計 ⇔ 作成』となってないとなりません。工程間での連絡を密にして、起こっている問題に対して、全体としてどうに動くかという意思決定が必要なのです。各工程の得意とする部分はもちろんあります。それを上手く有機的に結合させて、個々がしっかりと動けるようになれば、その効果は絶大でしょう。

今のプロジェクトでは、企画と設計はある程度しっかりと連絡が取り合えているようなのですが、作成サイドの意見はほとんど無視、というか連絡は決定事項の連絡だけで、作成サイドから挙がって来る問題点は、優先度がかなり低く設定されているようです。実際に設計サイドから出てきた方式は、作成サイドから見ると、その方式では絶対に実現不可であり、後に行って重大な問題を引き起こす事が、実例として上がってます。しかし、機能として考えた場合、同等でかつ安全な対策は存在し、その方式まで提示しても、設計サイトは頑として方式を改めるつもりは無いようなのです。
その上で、安全でかつハイパフォーマンスな製造を求められても、作成サイドとしてはモチベーションが維持できません。なぜなら設計サイドの言いなりで作ったのでは、作り直しや方式変更による巨大な仕様変更が待っており、作成サイドで徹夜続きのデスマーチを引き起こす事は、誰の目から見ても明らかな為です。

そもそも、この原因を作り出しているのは、どんな所なのか分析した所、面白い事がわかりました。それは、プロジェクトマネージャーの不在という事でした。名前として上がっているプロジェクトマネージャーは、某大手ITメーカーの方なんですが、現場には一切ノータッチで、承認印を押すためだけに存在してるようです。その下に連なるプロジェクトリーダーも、年中入れ替わっているらしく、プロジェクトとしての一貫した方式やリーダーシップは皆無で、担当が自分の思うままに動いているようでした。これでは、上手く行かなくて当然です。

先日はリーダーと話す機会があったので、上記の作成サイドと設計サイドの問題について、作成サイドの意見としてぶつけてみましたが、詳しくはメールでお問い合わせくださいという事で、何も解決しませんでした。自分の力不足も痛感しましたが、全体が見えて来たので、どうに動けば良いのかは何となく判ったような気がします。GW明けからは、いよいよ本格的に動き出すので、自分の信じる所に従い、精一杯頑張ってみようと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-04-30 19:53 | ビジネス

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな