佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

お世話になった先生

自分がこれまでにお世話になった先生方を列挙して見たいと思います。ここに載せきれない人も沢山いるのですが、書き出してみると、本当にいろんな先生にお世話になってるなぁって思います。

担任の先生方

幼稚園:S條先生
とても綺麗な先生で、園児の面倒を優しく見てくれました。山口百恵に似た雰囲気を持ってる人で、ひそかに好きだった記憶があります。

小1:K暮先生
厳格なおじいちゃん先生でした。人を褒めるって事をしっかりやってくれる先生で、国語の暗記や、ハーモニカの演奏で、トップ5に入ると、必ず牛乳瓶の蓋で作った金メダルや、銀メダルをくれました。それが欲しくて頑張った記憶があります。でも、叱る時はしっかりと叱る先生で、理由も無く宿題を忘れたり、掃除をサボったりすると、かならずゲンコツが落ちました。涙が出るくらい痛いんだけど、自分が悪い事したってのが判ったし、逆に次は褒めてもらうぞってやる気に繋がっていたように思います。厳しいけど優しい先生。そんな感じでした。

小2:N井先生
若い女性の先生でしたが、すごく怖い先生でした。手にはいつも1メートル定規を持っており、クラスがうるさいと、教卓をバンバンってすごい音をさせて殴るので、めっちゃ怖かったです。しかし、問題を起した俺を家に送ってくれたりする、優しい面も持ってて、悪い印象はありませんでした。また、何より俺の書く字を見て、俺の乱視に気づいてくれた先生でもあり、すぐに大学の先生からの紹介状を出してくれて、乱視の早期治療を促してくれた先生でした。今ではすごく感謝しています。

小3:Y和先生
マイペースなおばあちゃん先生でした。これといって大きな思いではありませんが、クラスの暴れん坊が、キレて騒ぎまくってるのを、廊下の柱に縛り付けて、落ち着かせていたのが印象的でした。

小4:K泉先生
最悪のおばあちゃん先生でした。転校生だった俺を、1年間とことん苛めぬいた先生です。生活習慣の違いや、本好きで内向的って部分を、捉えて揚げ足を取るように苛めぬかれました。苛められた理由は今でもよく判りませんが、周りの話を総合すると、田舎に転校してきた俺は、周囲の子供と比べて垢抜けており、それが不良というように映ったようです。事実、「お前みたいな子を不良って言うんだ」とか「将来ロクな人間にならない」とか「馬鹿につける薬はない」って事を、年中言われてました。最低最悪の先生だったって言う記憶しかありません。

小5、6:N岸先生
活発なお姉さん先生でした。出っ歯な表情が印象的でしたが、基本的には自由放任主義で、児童のやりたいと言う事は、進んで体験させてくれました。理科の実験や野外学習にも積極的で、本当に飽きの来ない授業をしてくれました。放任主義ながら、締める所はキッチリ締めてくれるので、クラスのまとまりが、すごく良かったです。

中1:S田先生
長いものには巻かれろ、ことなかれ主義で臭い物には蓋をするおばあちゃん先生でした。田舎の小学校から転校してきただけに、思いっきり苛めの標的とされましたが、苛めの現場を見ても、すべてスルーして何も言わずに黙認する先生でした。科目は数学でしたが、生徒が判ったかどうかよりも、単元ノルマを優先させるので、判らない所がどんどん積み残しとなり、塾へ通ってない生徒と、通ってる生徒のレベル差を、みるみる開けてくれた先生でした。まぁ公立なのに県内No.1の進学率を誇る中学だけに、おちこぼれを切捨て秀才を育てる風習が、そうさせたのかもしれませんが…

中2、3:K野先生
ロングロングアゴな男性の先生でした。すごくひょろ長い先生で、身長が約2mあり、足の長さもハンパじゃないくらい長かったです。アゴも異常に長く、アントニオ猪木をひょろっとさせたような、アゴをしていました。クラスをまとめる力は、結構高いものがあり、クラス内のまとまりは全校一良かったです。進路指導で、俺に工業高校を勧め、今の基礎を作ってくれた先生でもあります。また受験テクニックも教えてくれた先生で、「苦手な英語と数学は捨てろ、それよりも得意な理科と社会は、満点取るつもりで行け」という指導をしてくれました。お陰で公立高校入試は、英語2点、数学20点という散々な成績に対して、理科97点、社会88点、国語75点という点数を取る事が出来、なんとか合格することが出来ました。ある意味、大学入試も同じような戦法で受かったので、受験の師と言えるかもしれません。

高校:N島先生
我が道を行くおじいちゃん先生でした。工業高校で共通科の数学を教えていた先生なので、基本的には閑職という事もあり、おっとりしていて腰の重い先生でした。しかし、生徒の行動はなんとか理解しようとしてくれて、他人に迷惑をかけたりしないかぎり、目をつぶってくれる寛大な所がありました。俺らが、教室で麻雀を打っていても、「麻雀は頭の回転を良くするからねぇ!」と言って注意するわけでもなく、普通に見逃してくれました。浪人中もたびたび訪問しては、内申書を書いてもらった恩師です。

大学・大学院:I川教授
ダイナミックで有言実行、優等生よりも一芸に秀でた人間をこよなく愛し、新技術やITに対して深い理解を示した教授でした。丸暗記する奴よりも、誰に聞けば判る、何を見れば判るって奴の方が、社会に出れば優秀なんだ!中卒が高卒に勝てない、高卒が大卒に勝てない、大卒が院卒に勝てないのは当たり前、持ってる人脈の広さが違うんだから!ってのが、教授の持論でした。俺は教授のこういった考えには、すごく共感をしました。確かにその通りだと思ったし、自分が肯定されてる感じがして嬉しかったのです。教授は、社会人としても成功してた人で、某大手電機メーカーの研究所所長を経て、大学教授となった人なので、社会の厳しさや社会で求められる人材に関しては、非常に細やかに判っていたように思います。丸暗記して80点しか取れない人間より、カンニングして100点取れる人間の方が偉いんだ!って平気で言うし、PCのバージョンアップってのはな、本体ごと買い換えなかったら、遅くて使い物にならないんだ!って言ってWin95全盛期にWin3.1&DOS6.2をバリバリ(今現在も)使ってる猛者でした。この教授に出会えた事は、以後の自分にとって、すごくプラスになったように思います。今月で退官予定だから、後で遊びに行ってこようかなぁ!
大学院:M坂教授
退官間近の、のほのんおじいちゃん教授でした。趣味は「茶道」というだけあって、学内に専用の茶室を持ち、お茶の腕前はなかなかでした。基本的にのほほん系なので、講義も楽しく和ませてくれました。俺に建築の基礎を教えてくれたのが、この教授ですが、研究の最後に褒められたのは、「豊富なサンプルから厳選した資料を使ったアンケートは、その量において一見の価値がある。」という事でした。アンケートは、過去の人脈をたどり、中・高・大の学生約3000人からアンケートを集めることに成功しました。集計は大変でしたが、それ以上の喜びを与えてくれました。本当に感謝してる先生です。


担任じゃないのにお世話になった先生方

幼稚園:S川さん
幼稚園の賄い婦さんでしたが、人見知りで困ってる俺を見つけては、優しく声を掛けてくれました。当時の俺にはとてもありがたい存在でした。

小4:校長先生
教室では苛めに合ってしまう為、いつも校庭の隅にある鳥小屋やウサギ小屋の前で、動物と遊んでいたのを、優しく見守ってくれて、時々声を掛けてくれた優しい先生でした。俺の文章力を認めてくれていた先生だったので、コンクール用の作品で学校代表として出す人を決める際、俺と同じクラスの優等生の女の子が争ったらしいのですが、校長先生が俺を推したのに対して、担任が「あの不良より、こっちの生徒の方が優秀だし字が綺麗だからコッチにしましょう」の一言で俺は落選したそうです。よほど悔しかったのか、その夜に俺の親に、電話でその話があったそうです。

中1:M沢先生
体育の先生でした。厳しい事で有名だったのですが、俺が真面目に部活動をしてることを目にかけてくれて、体育の時間はイマイチでも、部活動をしっかりしてれば評価してやるって、面と向って言ってくれた先生でした。とても熱い先生で、鉄拳制裁が日常茶飯事だったのですが、とても愛のある先生でした。一部PTAから暴力教師と言われてしまい、他の学校へ行ってしまったのは寂しい限りです。

中3:S藤先生
学年主任であり、良きアドバイザー的な人でした。担任の先生が結婚する際に、俺たちに何も知らせてなかった所を、情報を漏らしてくれて、結婚式への押しかけが成功したのも、この先生の力が強かったです。美術の先生で、重色の効果については権威だっていう話ですが、書く絵が全て牛の尻なので、みんな陰で「牛の尻」と愛称で呼んでました。

高2:K沢先生
超童顔で、生徒になめられまくって、授業拒否になってしまった先生です。話してみても初々しくて、年上と話してる感じを受けない、弟的な先生でした。科務室では、個人的にポケットコンピュータでのプログラミングを、色々教えてもらいました。今の職業に付いた、基礎はこの先生だったのかもしれないです。

高3:M宮先生
大学受験の恩師です。工業高校で遊びほうけていた人間が、四年制大学へ進学しようなどという無謀な願いを、現実の物になるかもしれないって言う夢を見させてくれた先生です。高3の9月まで、二次方程式は解けない、一次関数も解けない、微分積分ってなんですか?虚数って何よ?ってアホ生徒だった俺。数学の学力レベルなんて、中学1年くらいで止まってますので、さっぱり判らなかったんです。学校のテストならカンニングで済みますが、入試はそういう訳に行きません。俺の学力レベルを見て唖然とした先生は、毎日放課後猛特訓を課しました。基礎の基礎から初める事2ヶ月、なんとか三次方程式と、二次関数まで理解できました。やっと中学卒業~高校一年レベルです。で、始まってしまった推薦入試ですが、評定平均が工業高校で3.0の奴など、受かる訳も無いのですが、受けまくり落ちまくりました。自暴自棄になりながらも勉強を続けたことで、卒業までに高校数Ⅱレベルなら、時間は掛かるけどわかるってレベルまで来ました。そうになるまで、毎日16:00~21:00まで付き合ってくれた先生には、本当に感謝しています。予備校が終わり、大学へ行ってからは数学が得意と言える様になったのは、先生のお陰です。

高3:H井先生
苦手な英語なのに、受験を見据えて評価を上げてくれた恩師です。1年生の時は、やはりというか当然と言うか、赤点を取り捲り、単位を落としました。そんな俺に課題を与えてくれて、単位をくれたとき、俺に「将来どうしたい?」って聞いて来たので、「進学してプログラムを勉強したい」って言ったら、「よし判った。これからは赤点だけは取るなよ」って言ってくれました。その後は、何とか速聴による暗記術を独自で身に付け、赤点だけは取らないようにしたら、2年の時は3の評価、そして3年では4の評価をくれました。先生に「どうして4なんですか?」って聞いたら「頑張ったからだよ」と一言だけ言ってくれました。本当に嬉しかったです。今でも英語は苦手ですが、あの奇跡の評価には感謝しています。

大学:T内教授
俺を学年一買ってくれていた教授でした。工業地理という学会でもニッチな分野の第一人者なのですが、1年の夏に課されたレポートの提出を、誰より早く一番に出した俺のことをすごく買ってくれて、事あるごとに目に掛けてくれました。大学院への進学を進言してくれたのも、この教授のプッシュが大きかったです。なにしろ、うちの親を直接口説き落としてましたから…。大学院まで出てよかったって思えるのは、この教授が大きかったです。

大学、大学院:F橋教授
俺のことを天才と呼んで、可愛がってくれた教授です。工業高校から学校推薦で進学してくる学生が多い中、浪人して受験テクニックを身に付けて入ってきた俺は、大学で行われる数学の授業では、答えの導き出しの速さと、正確さで群を抜いてました。友達のコツコツと問題を解いていく奴を秀才と呼び、俺のことを天才と呼んだ教授は、卒業して大学院進学後もずっと面倒を見てくれました。その時に教わった数学的考え方は、今の業界で非常に役立っています。

大学、大学院:K藤先生
学内のCAD室を管理していた、技術協助員の先生です。俺らCAD室を使って研究していた学生の兄貴分って感じの人で、結構いろんなわがままを聞いてもらいました。一番思い出に残ってるのは、CAD室の設備を使ったAV上映会です。研究室の飲み会が終わり、深夜のCAD室へ行き、先生に120インチプロジェクタを動かしてもらい、その大画面でAV上映をしました。各マシンのサブモニタにも、同様の画面が移る様は、壮観というか圧巻でした。研究室の男どもが一堂に会して行われたAV上映会は、異様な雰囲気と爆笑で終わりました。そんなアホな事を許してくれた先生には、本当に感謝です。

大学院:Mダール先生
俺が始めた建築CADという新分野をサポートするためにやってきた、技術協助員の先生です。ネパール人の人なのですが、先駆者である俺とは、非常に仲良くしてもらいました。自宅にも招いてもらい、非常に色々教えてもらいました。建築関係で判らないことを、バイブルとして教えてくれたことには本当に感謝しています。
[PR]
by naka50ne | 2005-03-16 20:40 | 日常

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな