佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

深刻な環境汚染

今日は、群馬の山奥にある親戚の家に、米の買出しに行ってきました。雪深い山奥なので、俺の車でどこまで行けるか心配してましたが、今朝からの晴天&気温上昇により道の雪は、ほとんど解けており、難なく行けました。

そこで、親戚の伯父さんと話をしていたのですが、今の環境汚染の酷さを物語る話を聞きました。
伯父さんは、神主をしている傍ら、地元猟友会に所属するハンターでもあるのですが、昨今は冬の山へ行くのに欠かせないのが水だという事です。俺は「なんで水がいるんですか?雪とか食えるじゃないですか?」って聞いたところ、「昔は雪が食えたんさ!お前が子供の頃までは、狩りへ行って喉が渇けば雪を舐めれば済んだんさ。でも今はダメだ、うわっかわ(上側)をどかしても、中の雪を見ると黒い異物が入ってるんさ。今はいろんな物を燃やすから空気が汚れててな、雪もツララも汚くて食えたもんじゃないよ。この辺でこれだから、街の方はもっと酷いだんべ。」って答えが返ってきました。

俺は20年くらい前に、田舎暮らしをしてた時期がありますが、その頃の子供は、雪遊びをしながら、喉が渇くとその辺の雪を上側の部分だけはらい、食べるってのが結構普通だったんです。雪って基本的には氷ですから、よほど汚れてない限り大丈夫だったんですね!また、農家の小屋の前に出来るツララも、上と下を割ると食べられました。水は純水の部分から先に凍るので、ツララって意外と綺麗なんです。学校へ行きながら途中でツララを折って食べながら行くってのは、毎日の日課だった程です。

あれから20年、環境は大きく変わったようです。ダイオキシン問題や大気汚染の問題は、都市部だけの問題ではなく、群馬の山奥でも感じられるほど深刻になっているようです。工場や車から出される排ガスや、ゴミ処理施設や家庭のごみ焼却などで出される煙、世界各地で起こる紛争により巻き上げられる爆破のダスト、その他もろもろの人工的に舞い上げられてしまったダストは、地球上のありとあらゆる所に被害が出ているように思います。
昨今問題になっている、ユキヒラダケなど山菜を食べた事による中毒症状も、このような環境汚染によって汚れてしまった土壌で育った為に、元来あるはずのない毒素を含んでしまったのではないでしょうか?
映画『風の谷のナウシカ』ではないですが、山菜を含む森の植物は、人間が汚してしまった土壌を浄化する為に、自らが毒となっているのかもしれません。

今まで、他人事だと思っていた環境破壊ですが、もう身近な問題なんだなって改めて感じました。今の自分に何が出来るのか、それをもう一度考えたいと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-02-20 23:10 | 日常

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな