佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

校長先生の話

小学校~中学校~高校と、全校集会や運動会など、全校生徒の集まる時には、決まって校長先生の話があったと思います。みなさんは、校長先生の話って何か覚えていますか?まぁ普通、校長先生の話といえば、長くてつまらなくって、貧血で倒れる女の子が出るってのが、定番ですが、中には面白い話や、短くて判りやすく話す先生もいたんではないでしょうか?

私が覚えている校長先生の話は、小学校1~3年の時の校長先生が、入学式のお祝いとして話した話です。残念ながら校長先生の名前は忘れてしまいましたが、内容は「親」についてでした。

「みなさん、これから学校でお勉強するようになると、お父さんやお母さんは、そばにいないけど大丈夫かな?やっぱりイヤかぁ。でもね、みんなのお父さんやお母さんは、いつでもみんなの事を見てるんですよ。ちゃんとお利口さんにしてるかな?ちゃんとお勉強してるかな?先生の言うことを聞いてるかな?っていつも見てるんですよ。それも、家の中では見えないから、近くの木に登ってその上に立って、みんなを見てるんです。まだみんなが、2年生にならないと教わらない字なんだけど、「親」っていうのがあるんだよ。そう、親とは、みんなのお父さんやお母さんのことなんだ。ここの字はね、みんなあこれから習う、「木」と「立」と「見」っていう字で出来ているんだ。「木」はみんなの知ってる、お庭や山に生えている木の事だよ。「立」はみんなが立ち上がるのと同じで、立っているって事なんだ。で、こっちの大きな「見」は、見てるよって事なんだよ。親というのは、木の上に立って、みんなをいつまでも見てるんですよ。いつも、お父さんやお母さんが見てますから、みんなも頑張って勉強しましょう。」

という、話でした。私は集団生活に入ったのが、公立の幼稚園(1年のみ)だったので、幼稚園では「いじめっ子」にいじめられる事が多く、子供ながらに小学校生活は不安で一杯でした。そこで話されたこの話は、私自身を勇気付けてくれました。家に帰って、「お母さんって、どの木に登って見てるの?」って質問して、母親が「裏の杉の木の上で見てるんだよ!」って話してたのを、今でも覚えています。また、学校での漢字テストは、大の苦手でしたが、なぜかこの「親」だけは書けました。自分を勇気付けてくれた言葉を、子供ながらにず~っと反芻して覚えていたためです。

「校長先生の話」というマニュアル本も、あるみたいですが、たとえそこに載っていた話だったとしても、深く感銘を受ける子供が、少なからずいると思います。先日の金八先生の話じゃないですが、先生の言葉って言うのは、発展途上の子供には深く深層心理として根づくと思います。教育力不足や指導力不足の先生がはびこっていますが、今一度、先生には自己啓発をして欲しいと思います。拝金主義のサラリーマン教師でなく、本当に人から好かれ、愛される先生が必要だと思います。
[PR]
by naka50ne | 2005-01-28 18:12 | 趣味

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな