佐倉爆心追う、の気ままな気持ち

就職すると就社するのは違う

学生から社会人になる時、どうしても付きまとう不安。それは「就職して一人前にやっていけるのか?」「上下関係で神経が磨り減るって大丈夫なのか?」「この会社で本当に良かったのか?」など、様々ではないでしょうか?中には、一度就職に失敗して、「二度と同じ失敗をしたくないが大丈夫か?」「また変な上司がいたらどうしよう?」なんて考えてる人もいるかも知れません。

そもそも、人は何で働くのか?昔からの諺で「働かざるもの食うべからず」というのがあります。つまり、生活のためには、どんな仕事であれ働かなくては、生きていけないのです。
そのために、みんな就職をする。しかし、ここ最近は、就職ではなく就社すると考えてる人が、多いような気がします。
就職と就社ってなにが違うのでしょうか?就職とは文字通り「職に就く」事を言いますが、就社とは「会社に就く」ということになります。どっちも会社へ入社するという意味では同じですが、入社後の意識の持ち方が全然違います。就職した人は、その職にたいして忠実となりますので、会社の変な人間関係に左右されること無く、自分の目指した職を極めていこうと、自分を切磋琢磨します。逆に就社した人は、会社あってこその自分ですので、どんな仕事であろうと、会社の命令には忠実だけど、自分でこれって目標が無い、あっても会社ベースだったりで動機付けが不足するため、コトナカレ主義になるか、会社の人間関係で追い込まれてしまう。
ここはひとつ、就職したんだという自覚を持つ事をお勧めします。

そんな簡単に言うけどって思うかもしれませんが、簡単な事から始めればいいと思います。
まずは、給料についての考え方を改めます。会社員の場合だと、会社は社員に対して給料を払う義務があると思っていませんか?これは違います。社会はギブ&テイクで成り立っていますので、あなたが会社に対して行った仕事に対して、その対価として会社は給料を払います。つまり、自分が、これだけの仕事をやったのだから、給料をよこせと、会社に対して対等な立場で言って良いはずなのです。
これが就社だと、会社は自分に給料をくれる上の存在だから、言いたいことが言えずに、腐るだけになってしまう。これではモチベーションが上がりませんよね?

ぜひ会社へ入る際は、就職して自分の職に誇りを持って欲しいと思います。そして、会社と対等な立場で話が出来るようになれば、最初に心配していた就職に関する不安は、杞憂であったと思えるでしょう!

給料は、拘束されてる時間に対する対価ではない!
給料は、自身が会社へ施した仕事の対価として得るものである!
[PR]
by naka50ne | 2004-12-19 17:15 | ビジネス

自分で思った事を、自分の言葉で綴っていきたいと思います
by naka50ne
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

群馬温泉@旅の楽しみ方
from 群馬温泉@旅の楽しみ方
温泉旅行 草津温泉
from 温泉旅行に行きたい
なめ猫 免許証
from なつかしの・・・
今だからこそ
from 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和..
朝礼での新入社員へのメッ..
from ドラゴン桜に学べ!役立つ知識
「オペラ座の怪人 THE..
from AMOR ETERNO
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
出会い系サイトのサクラ回..
from 出会い系サイトのサクラ回避方
なめ猫
from レトロな時間
二度目の「河井継之助」。
from <徳島早苗の間>

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな